2019年10月23日

FX取引会社・新サービスの紹介【2019年10月時点】

2019年も残すところ2ヶ月と少しになりました。
今回は2019年に入ってから、FX取引会社で新サービスを開始した会社を紹介します!

>>このブログのRankingは・・・?

◆エキサイトワン[macaso]

2018年6月に登録を開始したエキサイトワン[macaso]は、2019年3月にサービスを開始しました。
マカソムリエと呼ばれるポートフェリオをフォローするだけで簡単に自動売買によるFX取引が可能です。

エキサイトワン[macaso]
エキサイトワン[macaso]
>>>エキサイトワン[macaso]の口座開設はこちら
>>>エキサイトワン[macaso]のクチコミはこちら


◆ますも証券【くりっく365】

2019年5月13日(月)からますも証券【くりっく365】のサービスを開始しました。
くりっく365ラージの取り扱いもあります。

ますも証券【くりっく365】
ますも証券【くりっく365】
>>>ますも証券【くりっく365】の口座開設はこちら
>>>ますも証券【くりっく365】のクチコミはこちら


◆デューカスコピージャパン[MT4]


J-ForexでおなじみのデューカスコピージャパンでMT4でも取引ができるようになりました!
MT4を通して、デューカスコピーのSWFX(スイスFXマーケットプレイス)の強みである豊富な流動性を体験できます。

デューカスコピージャパン[MT4]
デューカスコピージャパン[MT4]
>>>デューカスコピージャパン[MT4]の口座開設はこちら
>>>デューカスコピージャパン[MT4]のクチコミはこちら


◆ロンナルフォレックス

AFTの媒介を終了し、2019年5月28日(火)からデューカスコピージャパンの媒介を開始!
・法人口座のみ新規申込が可能です。

ロンナルフォレックス
ロンナルフォレックス
>>>ロンナルフォレックスの口座開設はこちら
>>>ロンナルフォレックスのクチコミはこちら


◆あい証券

これまでは対面取引のみでしたが、インターネット取引にも対応しました。

あい証券
あい証券
>>>あい証券の口座開設はこちら
>>>あい証券のクチコミはこちら


◆アヴァトレードジャパン[MT5]

FXトレードにおいて世界標準ツールとなっているMT4の次世代バージョンのMT5。
・21種類の時間足を表示可能38のテクニカル指標を標準装備。
・使用可能な分析ツールも大幅に拡大
MT5を日本国内で使えるのは、アヴァトレードジャパンだけ!
しかも自動売買で低スプレッドを実現!

アヴァトレードジャパン[MT5]
アヴァトレードジャパン[MT5]
>>>アヴァトレードジャパン[MT5]の口座開設はこちら
>>>アヴァトレードジャパン[MT5]のクチコミはこちら


また、2019年は以下のFX取引会社のサービスが終了しました。

・YJFX![C-NEX]
・みずほ証券【くりっく365】
・東郷証券
・ますも証券[masumoFX]
・ゴールデンウェイジャパン[10000通貨コース/FXTFMT4]

近年では新規サービスは少ないものの、自動売買や取引システムがグレードアップしており、FXはまだまだ人気です。

新規サービスをぜひチェックしてみてください。
posted by FX主婦 at 12:44| Comment(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください