2019年08月26日

8/26~8/30★今週のポイント

さて、今日も前週と今週の流れをサクッと見ていきましょう。

>>このブログのRankingは・・・?

先週(8/19~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
底堅い動きとなり106.30-106.70円でのレンジ推移となった。
【火曜日】
重要指標もなく、前日同様、底堅い動きとなり106.20-106.60円でのレンジ推移となった。
【水曜日】
FOMC議事録が公表されたが、大きな動きには繋がらず、106円台半ばでの推移となった。
【木曜日】
翌日のパウエルFRB議長の講演待ちの雰囲気が強く、106円台半ばで重い展開が続いた。
【金曜日】
パウエルFRB議長の講演では、追加利下げを示唆した内容と捉えられ、105.30円台付近まで急降下した。

日付 内容
8/19
(月)
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/20
(火)
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/21
(水)
米)クオールズFRB副議長の発言
米)MBA住宅ローン申請指数
米)中古住宅販売件数
米)週間原油在庫
米)FOMC議事録公表(7月30日・31日開催分)
8/22
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)製造業PMI【速報値】
米)サービス業PMI【速報値】
米)景気先行指数
米)週間天然ガス貯蔵量
米)カンザスシティ連銀製造業活動指数
8/23
(金)
米)新築住宅販売件数
米)パウエルFRB議長の発言(ジャクソンホール会合にて)

※8/19~8/23米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/106.730(8/23 21:00)/105.254(8/24 08:00)/105.441(高値と安値の値幅は1.476)
ユーロドル/1.11534(8/24 27:00)/1.10513(8/23 24:00)/1.11372(高値と安値の値幅は0.01021)

0819-0823usdjpyeurusd.jpg
>>>セントラル短資のスペックをCHECK!!
>>>セントラル短資のクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
経済指標&注目材料&イベント
8/26
(月)
米)耐久財受注【除輸送用機器】
米)シカゴ連銀全米活動指数
米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
米)ダラス連銀製造業活動指数
8/27
(火)
米)住宅価格指数&第2四半期住宅価格指数
米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数
米)消費者信頼感指数
米)リッチモンド連銀製造業指数
米)2年債入札
8/28
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)週間原油在庫
米)バーキン:リッチモンド連銀総裁の発言
米)5年債入札
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/29
(木)
米)デイリー:サンフランシスコ連銀総裁の発言
米)新規失業保険申請件数
米)第2四半期GDP【改定値】/個人消費【改定値】
米)卸売在庫【速報値】
米)中古住宅販売保留
米)週間天然ガス貯蔵量
米)7年債入札
8/30
(金)
米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター
米)シカゴ購買部協会景気指数
米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】
posted by FX主婦 at 13:50| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください