2019年08月11日

8/12~8/18★今週のポイント

さて、今日も前週と今週の流れをサクッと見ていきましょう。

>>このブログのRankingは・・・?

先週(8/5~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
米株式市場でのダウ平均急落や、FRB追加利下げ期待が再び高まっている点からドル売りが強まり、105円台に下落する場面が何度もあった。
【火曜日】
東京時間早朝に米財務省が中国を為替操作国に認定したことを受けて、105.50円付近まで下落した。その後、中国人民銀行が人民元の基準レートを設定しなおしたことで懸念が後退し、NY市場は106円半ばでの推移となった。
【水曜日】
昨日に続き105.50円付近まで下落す場面もあったが、円高が一服し106円台を取り戻した。
【木曜日】
106円付近の上下動に終始した。
【金曜日】
105.50円をブレイクする場面もあったが、その後は水準を維持した。

日付 内容
8/5
(月)
米)サービス業PMI【確報値】
米)ISM非製造業景況指数
8/6
(火)
米)JOLT労働調査
米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
米)3年債入札
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/7
(水)
米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言
米)MBA住宅ローン申請指数
米)週間原油在庫
米)10年債入札
米)消費者信用残高
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/8
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)卸売在庫【確報値】
米)週間天然ガス貯蔵量
米)30年債入札
8/9
(金)
米)生産者物価指数【コア】

※8/5~8/9米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/107.089(8/6 13:00)/105.266(8/09 25:00)/105.673(高値と安値の値幅は1.823)
ユーロドル/1.12494(8/6 09:00)/1.11030(8/5 07:00)/1.11938(高値と安値の値幅は0.01464)

usdjpyeurusd0804-0809.jpg
>>>GMOクリック証券のスペックをCHECK!!
>>>GMOクリック証券のクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
経済指標&注目材料&イベント
8/12
(月)
米)財政収支
米)注目度の高い経済指標の発表はない
8/13
(火)
米)NFIB中小企業楽観指数
米)消費者物価指数【コア】
8/14
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)輸入物価指数
米)週間原油在庫
8/15
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)小売売上高【除自動車】
米)フィラデルフィア連銀景況指数
米)NY連銀製造業景気指数
米)第2四半期非農業部門労働生産性【速報値】/単位労働費用【速報値】
米)鉱工業生産/設備稼働率
米)NAHB住宅市場指数
米)企業在庫
米)週間天然ガス貯蔵量
米)対米証券投資【ネット長期フロー】&【ネットフロー合計】
8/16
(金)
米)住宅着工件数/建設許可件数
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
posted by FX主婦 at 12:49| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください