2019年06月24日

6/24~6/28★今週のポイント

さて、今日も前週と今週の流れをサクッと見ていきましょう。

>>このブログのRankingは・・・?

先週(6/17~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
翌日にFOMCを控え、108円半ばで方向感のない展開が続いた。
【火曜日】
日本時間22時22分ごろに山形県沖を震源地とする最大震度6強の地震発生を受けて、円高の動きが加速し108.10円近辺まで下落した。その後は、G20での米中協議への期待が強まるトランプ大統領の発言を受けて買い戻しが強まった。
【水曜日】
FOMCの結果を受けてドル売り優勢となり、108円を割り込む場面があった。
【木曜日】
米早期利下げ期待とイラン情勢緊迫化の影響でドル売りが強まり107円台前半まで下落した。
【金曜日】
NY時間は107円付近で始まったが、トランプ大統領のイランに関する発言の影響で107.70円付近まで上昇した。

日付 内容
6/17
(月)
米)NY連銀製造業景気指数
米)NAHB住宅市場指数
米)対米証券投資【ネット長期フロー】&【ネットフロー合計】
6/18
(火)
米)住宅着工件数/建設許可件数
6/19
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)週間原油在庫
米)FOMC政策金利声明発表
米)FRB経済・金利見通し発表
米)パウエルFRB議長の記者会見
6/20
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)フィラデルフィア連銀景況指数
米)第1四半期経常収支
米)景気先行指数
米)週間天然ガス貯蔵量
6/21
(金)
米)製造業PMI【速報値】
米)サービス業PMI【速報値】
米)中古住宅販売件数
米)ブレイナードFRB理事の発言
米)デイリー:サンフランシスコ連銀総裁の発言

※6/17~6/21米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/108.721(6/17 20:00)/107.049(6/21 12:00)/107.332(高値と安値の値幅は1.672)
ユーロドル/1.13776(6/22 28:00)/1.11811(6/18 18:00)/1.13694(高値と安値の値幅は0.01966)

usdjpy190617-21.jpgeurusd190617-21.jpg
>>>トレイダーズ証券[みんなのFX]のスペックをCHECK!!
>>>トレイダーズ証券[みんなのFX]のクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
経済指標&注目材料&イベント
6/24
(月)
米)シカゴ連銀全米活動指数
米)ダラス連銀製造業活動指数
米)注目度の高い経済指標の発表はない
6/25
(火)
米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言
米)住宅価格指数
米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数
米)新築住宅販売件数
米)消費者信頼感指数
米)リッチモンド連銀製造業指数
米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言
米)2年債入札
米)パウエルFRB議長の発言
米)バーキン:リッチモンド連銀総裁の発言
6/26
(水)
米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
米)MBA住宅ローン申請指数
米)耐久財受注【除輸送用機器】
米)卸売在庫【速報値】
米)週間原油在庫
米)5年債入札
6/27
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)第1四半期GDP【確報値】/個人消費【確報値】
米)中古住宅販売保留
米)週間天然ガス貯蔵量
米)カンザスシティ連銀製造業活動指数
米)7年債入札
6/28
(金)
米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター
米)シカゴ購買部協会景気指数
米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】
posted by FX主婦 at 14:55| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください