2019年05月08日

商号変更、システムリニューアル、新サービス開始の最新情報

本日は、2019年4月以降の商号変更、システムリニューアル、新サービス開始の情報についてまとめました。

>>このブログのRankingは・・・?

【商号変更】

◆4/1:株式会社FXトレード・フィナンシャル→ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
ゴールデンウェイ・ジャパン
2018年12月21日付で議決権の100%を保有する親会社FXTF HOLDINGS Pte. Ltd. の発行済株式の全てを香港の金融会社GOLDENWAY INVESTMENTS HOLDINGS LIMITEDに譲渡し、ゴールデンウェイ・グループの傘下で日本におけるFX事業強化に向けてグループ一体で経営統合する為。
※商品サービス名「FXTF」や取引要綱などは変更なし。
>>ゴールデンウェイ・ジャパンの詳細はこちら


◆4/1:東岳証券→スターリング証券株式会社
スターリング証券株式会社
2019年3月22日より、Oakキャピタル株式会社のグループ会社となったことを受け、4月1日より商号を「スターリング証券株式会社」に変更。
※サービス内容に変更はなし
>>スターリング証券の詳細はこちら


【システムリニューアル】

◆4/13松井証券が取引システムをリニューアル
松井証券
・取引チャンネルを刷新
パソコンおよびスマートフォンの取引チャネルを刷新。視認性・操作性を考慮したデザインに変更し、より直観的な操作を可能とする。 なお、スマートフォン利用者の拡大にともない、携帯端末向けサービスの会員専用ページ(NetFx)はサービスを終了。
・通貨ペアの拡充
EUR/USD、AUD/USD、GBP/USD、MXN/JPYを追加
・取引通貨単位を引き下げ
1000通貨取引が可能となる(ZAR/JPY、MXN/JPYの最低取引単位は10000通貨)
・低レバレッジコース/法人レバレッジコースの導入
>>松井証券の詳細はこちら


◆5/26:マネースクエア[M2JFX]がマネースクエアFXとしてフルリニューアル
マネースクエア
◆主な変更内容
・東京15時ロスカットが廃止され、自動ロスカット判定が80%→100%に変更
・口座状況において、各項目の名称変更を実施
・レートの変動に応じて、必要証拠金がリアルタイムで変化する
・インターネットブラウザ「InternetExpolrer」が動作環境の対象外
・スマートフォンアプリの動作環境変更、タブレットアプリが終了
・取引時間の変更を実施(火曜~金曜)
◆そのほかの変更点、新設/終了機能
・新通貨ペアにMXN/JPYを追加
・レート表示の小数点以下を2ケタ→3ケタに変更
・注文方法の成行→ストリーミングへ変更
・注文方法らくらくトラリピ→トラリピへ名称変更
・スワップは日々実現せず、決済するまでポジションごとにプール計算(振替は随時可能)
・クイック決済機能を追加
・トラリピにメモ機能を追加
・ログインIDとしてメールアドレスが利用可能
・発注後の注文金額(=注文量)の修正は不可
・注文種別にて、トラップトレード、トラップIFD、リピートIFDを休止、成行OCOは終了
・トラリピ管理表にてパフォーマンスのグラフ描画が終了
・チャート機能にて平均足を追加
・チャート機能にてポイント&フィギュアの提供が終了
>>マネースクエアの詳細はこちら


◆2019年夏以降:マネーパートナーズが基幹システムをリニューアル
マネーパートナーズ
・8/3:PC用取引ツールHyperSpeedのサービス提供終了
・2019年夏(日付未定):旧WEB取引画面のサービス提供終了
>>マネーパートナーズの詳細はこちら


【新サービス】

◆4/20からGMOクリック証券が株価指数バイナリーオプションの口座申込開始&4/22から取引開始
GMOクリック証券
株価指数バイナリーオプションは、取扱銘柄である日本225と米国30を対象に、特定の時間に株価指数CFDのレートが一定の価格以上となること、または一定の価格未満となることを予測する取引となる。
>>GMOクリック証券の詳細はこちら


posted by FX主婦 at 16:26| Comment(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください