2019年04月15日

4/15~4/19★今週のポイント

さて、今日も前週と今週の流れをサクッと見ていきましょう。

>>このブログのRankingは・・・?

先週(4/8~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
111.30~111.50円付近でのレンジ幅での推移となった。
【火曜日】
米株式市場と米国債利回りの下落に伴い、ドル売り優勢の中、円高の動きも加わり、一時111円を割り込む場面もあった。
【水曜日】
FOMC議事録のイベントを前に再び111円を割り込んだが、無難な通過となり111円付近で取引を終えた。
【木曜日】
生産者物価指数や新規失業保険申請件数をきっかけにドルの買い戻し優勢となり、111円台半ばまで回復した。
【金曜日】
中国の輸出や与信の拡大の動きからリスク選考、ドル高円安の動きが広まり一時112円台を回復する場面があった。

※4/8~4/12米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/112.089(4/12 28:00)/110..841(4/10 26:00)/112.010(高値と安値の値幅は1.010)
ユーロドル/1.13234(4/12 22:00)/1.12147(4/8 08:00)/1.12974(高値と安値の値幅は0.0071)

eurusd190408-0412.jpg usdjpy190408-0412.jpg
>>>マネーパートナーズのスペックをCHECK!!
>>>マネーパートナーズのクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
日付 内容
4/15
(月)
米)NY連銀製造業景気指数
米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言
米)対米証券投資【ネット長期フロー】&【ネットフロー合計】
4/16
(火)
米)ローゼングレン:ボストン連銀総裁の発言
米)鉱工業生産/設備稼働率
米)NAHB住宅市場指数
米)カプラン:ダラス連銀総裁の発言
4/17
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)貿易収支
米)卸売在庫【確報値】
米)週間原油在庫
米)ハーカー:フィラデルフィア連銀総裁の発言
米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
米)地区連銀経済報告(ベージュブック)
4/18
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)小売売上高【除自動車】
米)フィラデルフィア連銀景況指数
米)製造業PMI【速報値】
米)サービス業PMI【速報値】
米)景気先行指数
米)企業在庫
米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言
4/19
(金)
米)住宅着工件数/建設許可件数
posted by FX主婦 at 15:04| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください