2018年06月18日

6/18~6/22★今週のポイント

今朝、近畿地方で震度6弱の地震が発生・・・通勤、通学時間帯の大都市での地震で、影響を受けている方々も多いと思います。
停電、ガス停止、水道破裂、建物崩壊、火災、移動困難、など様々な障害や被害において、少しでも早い復旧と二次被害が起こらない事を祈るばかりです。

>>このブログのRankingは・・・・??

先週(6/11~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
重要指標もない為、110円付近で終始しました。
【火曜日】
110円台前半での上下動が続きました。翌日のFOMCやFRB議長会見、翌々日のECB理事会を控え、上値が重い展開となりました。
【水曜日】
東京市場で110.69円と5月23日以来の高値を更新、さらにFOMC発表直後には110.85円付近まで上昇しましたが、その後は、FOMC発表前の水準より下に下落となりました。
【木曜日】
ECB理事会を受けてユーロは戻り売り、ドル買いが加速しました。
【金曜日】
ロンドン市場ではドル買いによる調整により110.9円まで上昇しましたが、その後は110円半ばで推移しました。

日付 内容
6/4
(月)
米)製造業受注指数
6/5
(火)
米)サービス業PMI【確報値】
米)ISM非製造業景況指数
米)JOLT労働調査
米)IBD/TIPP景気楽観指数
6/6
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)貿易収支
米)第1四半期非農業部門労働生産性【確報値】/単位労働費用【確報値】
米)週間原油在庫
6/7
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)消費者信用残高
6/8
(金)
米)卸売在庫【確報値】
米)注目度の高い経済指標の発表はない

※6/11~6/15米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/110.899(6/15 15:00)/109.316(6/11 07:00)/110.666(高値と安値の値幅は1.583)
ユーロドル/1.18500(6/14 20:00)/1.15434(6/15 16:00)/1.16067(高値と安値の値幅は0.03066)

usdjpyeurusd180611-0615.jpg

【チャート】楽天証券(ローソク1時間足)
>>>楽天証券のスペックをCHECK!!
>>>楽天証券のクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
経済指標&注目材料&イベント
6/18
(月)
米)ダドリー:前NY連銀総裁の発言
米)NAHB住宅市場指数
米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言
米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言
米)注目度の高い経済指標の発表はない
6/19
(火)
米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
米)住宅着工件数/建設許可件数
6/20
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)第1四半期経常収支
米)パウエルFRB議長の発言
米)中古住宅販売件数
米)週間原油在庫
6/21
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)フィラデルフィア連銀景況指数
米)住宅価格指数
米)景気先行指数
6/22
(金)
米)製造業PMI【速報値】
米)サービス業PMI【速報値】
米)注目度の高い経済指標の発表はない
posted by FX主婦 at 14:47| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください