2018年06月11日

6/11~6/15★今週のポイント

ついに梅雨入りした、という地域も多いのではないでしょうか。台風も活発になってくるので、いつも以上に天気チェックをしてしまいます。

>>このブログのRankingは・・・・??

先週(6/4~)のドル円NY時間を中心に為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
109円半ば~後半で揉みあいとなり、110円回復を試すような動きとなりました。
【火曜日】
ECBが14日の理事会で量的緩和(QE)終了について議論するという報道から、ユーロドルが上昇ドル売り優勢となり、一時109.5円を割り込みました。
【水曜日】
ロンドン時間から110円台前半へと上値を伸ばし、堅調な推移となりました。
【木曜日】
110円付近で推移していたドル円は、米国債利回りの急下に伴い一時109.5円を割り込み戻り売りに押される展開となりました。
【金曜日】
次週に控えるFOMCやECB理事会、米朝首脳会談などの重要イベントを控え、様子見モードが強まりました。

日付 内容
6/4
(月)
米)製造業受注指数
6/5
(火)
米)サービス業PMI【確報値】
米)ISM非製造業景況指数
米)JOLT労働調査
米)IBD/TIPP景気楽観指数
6/6
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)貿易収支
米)第1四半期非農業部門労働生産性【確報値】/単位労働費用【確報値】
米)週間原油在庫
6/7
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)消費者信用残高
6/8
(金)
米)卸売在庫【確報値】
米)注目度の高い経済指標の発表はない

※6/4~6/8米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/110.267(6/7 28:00)/109.197(6/8 20:00)/109.436(高値と安値の値幅は1.070)
ユーロドル/1.18399(6/7 21:00)/1.16772(6/5 24:00)/1.17701(高値と安値の値幅は0.01627)

usdjpyeurusd180604-0608.jpg

【チャート】セントラル短資(ローソク1時間足)
>>>セントラル短資のスペックをCHECK!!
>>>セントラル短資のクチコミを投稿!!


◆今週の重要指標発表予定◆
経済指標&注目材料&イベント
6/11
(月)
米)3年債入札
米)10年債入札
米)注目度の高い経済指標の発表はない
6/12
(火)
米)NFIB中小企業楽観指数
米)消費者物価指数【コア】
米)30年債入札
米)財政収支
6/13
(水)
米)MBA住宅ローン申請指数
米)生産者物価指数【コア】
米)週間原油在庫
米)FOMC政策金利声明発表
米)FRB経済・金利見通し発表
米)パウエルFRB議長の記者会見
6/14
(木)
米)新規失業保険申請件数
米)小売売上高【除自動車】
米)輸入物価指数
米)企業在庫
6/15
(金)
米)NY連銀製造業景気指数
米)鉱工業生産/設備稼働率
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
米)対米証券投資
posted by FX主婦 at 15:00| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください