2018年05月09日

自己資本規制比率で比較第33弾

今回は、自己資本規制比率で比較第33弾です。
2016年11月のデータ以来、約1年半ぶりのランキング公開となります。

> 自己資本規制比率でFX比較第32弾以前の記事はこちら

>>このブログのRankingは・・・・??

前回(第32弾)の調査結果でランキングした10社の今回の自己資本規制比率の数値は以下の通りです。

業者名 前回調査
(2016年11月)
今回調査
(2018年5月)
YJFX! 1,259.1%
(2016/09/30)
1,435.4%()
(2018/03/31)
松井証券 1,162.2%
(2016/09/30)
871.4%(↓)
(2018/03/31)
インヴァスト証券 1,096.5%
(2016/09/30)
769.5%(↓)
(2018/03/31)
外為どっとコム 1,105.6%
(2016/09/30)
1,183.4%()
(2018/03/31)
上田ハーロー 969.2%
(2016/09/30)
1,142.1%()
(2018/03/31)
アイネット証券 1,024.5%
(2016/09/30)
516.6%(↓)
(2018/03/31)
立花証券 787.2%
(2016/09/30)
734.5%(↓)
(2018/03/31)
SBIFXトレード 828.3%
(2016/09/30)
1,231.2%()
(2018/03/31)
外為オンライン 661.4%
(2016/09/30)
488.2%(↓)
(2018/03/31)
KOYO証券 687.7%
(2016/09/30)
700.8%()
(2017/09/30)

以下の表は、今回の自己資本規制比率上位のランキングです。自己資本規制比率が750%以上の業者は前回からエキサイトワンOANDAJapanセントラル短資FXアヴァトレードジャパンひまわり証券が加わり、アイネット証券東岳証券立花証券KOYO証券外為オンラインが外れました。

業者名 今回調査
(2018年5月)
エキサイトワン 2,308.0%
(2018/03/31)
YJFX! 1,435.4%
(2018/03/31)
SBIFXトレード 1,231.2%
(2018/03/31)
外為どっとコム 1,183.4%
(2018/03/31)
OANDAJapan 1,154.5%
(2018/02/28)
上田ハーロー 1,142.1%
(2018/03/31)
セントラル短資FX 829.6%
(2017/12/31)
松井証券 871.4%
(2018/03/31)
インヴァスト証券 769.5%
(2018/03/31)
アヴァトレードジャパン 755.2%
(2018/03/31)
ひまわり証券 751.6%
(2018/03/31)

さて、FX比較ロボの調査はHPで公開されている最新の情報を対象としており、自己資本規制比率に関しては今後も3ヶ月に一度調査を行います。
中には非公開の業者もありますが、ほとんどの業者は公開しているので、気になっているFX業者、口座開設済みのFX業者の財務状況を確認してみてはいかがでしょうか!

posted by FX主婦 at 11:48| Comment(0) | FX独自調査・分析 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください