2018年03月05日

3/5~3/9★今週のポイント

仮想通貨ビジネスの自主規制に向けて、金融庁登録16社が新団体の設立に合意をしたそうです。今後1ヶ月ほどかけて手続きを終え、数ヶ月以内に金融庁認定の自主規制団体となることを目指しているとのこと。ハッキング被害などのキュリティ対策やトラブル対応にも業界で力を合わせて乗り切っていけるようになればいいですね。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(2/26~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は107.169円で開始後、東京市場では黒田日銀総裁が国会答弁において緩和姿勢の維持を強調したものの失望感から106.43円台まで下落しました。欧州市場では、序盤に106.37円台まで下落しましたが好調な株式市場を背景に106.7円台まで値を戻しました。NY市場では、翌日のパウエルFRB議長就任後初となる議会証言を前に慎重な値動きとなりました。107.06円台まで上昇後もみ合いが続き106.956円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場から欧州市場にかけて様子見ムードが広がり106.7-107.1円間の推移が続きました。NY市場では、パウエルFRB議長の議会証言において、予想以上のタカ派的内容となったことで今後の利上げへの期待感が高まりました。米消費者信頼感指数なども好調な内容となったことで107.674円まで上昇し107.361円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日銀が国債買い入れオペを減額したことで107.05円台まで下落しました。欧州市場では、107.0-2円間の推移が続きました。NY市場では、原油在庫の積み増しを受けて原油先物が下落したことやNYダウが大幅安となったことなどから106.56円台まで値を下げました。その後はもみ合いが続き106.700円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価の大幅安に伴い一時引けにかけて一事106.54円台まで下落しましたがその後は買戻しの動きが優勢となり欧州市場にかけて106.9円付近まで上昇しました。NY市場では、米ISM製造業景況指数が好結果となり一時107.20円台まで上昇しました。しかしその後トランプ米大統領が「鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課する」と方針を表明すると貿易摩擦の懸念からドル売りとなりました。また、パウエルFRB議長の議会証言においては火曜日の下院での証言よりもハト派的な見解となったことでドルの重しとなりました。106.16円台まで下落し106.243円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が630円超下落したことで2月16日以来となる105.93円台まで下落しました。その後黒田日銀総裁が衆議院での所信聴取で、出口戦略について19年度頃検討していることに間違いないと発言し、欧州市場序盤に105.70円台まで下落しました。引けにかけても欧州株が軟調地合いとなったことで105.27円台まで下落しました。また、トランプ米大統領が「貿易戦争は良いことだ」などとツイッターで発言したことでNY市場には、2016年11月以来となる105.251円まで下落しました。その後はNYダウ平均が下げ幅を縮小したことでやや買戻され105.707円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
2/26
(月)
22:30 米)シカゴ連銀全米活動指数 +0.12 -
00:00 米)新築住宅販売件数 59.3万件 -
00:30 米)ダラス連銀製造業活動指数 +37.2 +0.25
2/27
(火)
22:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 -3.7%/
-0.3%
+2.5%/
+0.3%
米)卸売在庫【速報値】 +0.7% -
米)パウエルFRB議長の議会証言・原稿公開(実際の議会証言は24時) 要人発言
23:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.64%/
+6.30%
+0.60%/
+6.30%
米)住宅価格指数 +0.7% -
23:59 米)リッチモンド連銀製造業指数 +28 +15
00:00 米)消費者信頼感指数 130.8 126.0
米)パウエルFRB議長の議会証言(下院金融委員会) 要人発言
2/28
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +2.7% -
22:30 米)第4四半期GDP【改定値】/個人消費【改定値】 +2.5%/
+3.8%
+2.5%/
-
23:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 61.9 64.0
00:00 米)中古住宅販売件数 -4.7%/
-1.7%
+0.5%/
-
00:30 米)週間原油在庫 +301.9万 -
3/1
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 21.0万件 22.6万件
米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.2%/
+1.7%/
+0.3%/
+1.5%
+0.3%/
+0.2%/
+1.7%/
+0.3%/
+1.5%
23:45 米)製造業PMI【確報値】 55.3 55.8
00:00 米)ISM製造業景況指数 60.8 58.7
米)建設支出 ±0.0% +0.3%
米)パウエルFRB議長の議会証言(上院銀行委員会) 要人発言
3/2
(金)
00:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 99.7 98.5

※2/26~3/2米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/107.674/105.251/105.707(高値と安値の値幅は2.423)
ユーロドル/1.23545/1.21548/1.23275(高値と安値の値幅は0.01997)

0226-0302ドル円チャート 0226-0302ユーロドルチャート

【チャート】YJFX![外貨ex](ローソク1時間足)
>>>YJFX![外貨ex]のスペックをCHECK!!
>>>YJFX![外貨ex]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
3/5
(月)
23:45 米)サービス業PMI【確報値】 59.9 55.9
00:00 米)ISM非製造業景況指数 59.9 59.0
3/6
(火)
12:30 豪)RBA政策金利声明発表 1.50%
据え置き
1.50%
据え置き
00:00 米)製造業受注指数 +1.7% -1.3%
3/7
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +2.7% -
22:15 米)ADP全国雇用者数 +23.4万人 +20.0万人
22:30 米)貿易収支 -531億 -550億
米)第4四半期非農業部門労働生産性【確報値】/単位労働費用【確報値】 -0.1%/
+2.0%
-0.1%/
+2.1%
00:00 加)BOC政策金利声明発表 25bp
利上げ
1.25%
1.25%
据え置き
00:30 米)週間原油在庫 +301.9万 -
04:00 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
05:00 米)消費者信用残高 +184.47億 +184.00億
3/8
(木)
21:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 -2.8% -
21:45 欧)ECB政策金利声明発表 0.00%
据え置き
0.00%
据え置き
22:30 欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
米)新規失業保険申請件数 21.0万件 22.0万件
3/9
(金)
12:00 日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:30 日) 黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
22:30 米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率/平均時給 +20.0万人/
4.1%/
+0.3%/
+2.9%
+20.5万人/
4.0%/
+0.3%/
+2.9%
00:00 米)卸売在庫【確報値】 +0.7% +0.7%

今週は、週末に雇用統計が予定されています。トランプ米大統領が表明した関税に対する各国の動きにも注意したいと思います。

posted by FX主婦 at 10:08| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください