2018年01月09日

1/8~1/12★今週のポイント

みなさま、少し遅くなりましたが明けましておめでとうございます。今年最初の月曜日ブログです。本年も皆様にとってより一層、飛躍の一年となりますことをお祈り申し上げます。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(1/1~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
元旦のため休場。
【火曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は112.604円で開始後、112.4-7円間の推移が続きました。欧州市場では、株式市場が続落となったことで112.1円台まで下落しました。NY市場では、序盤に112.056円まで下落しましたが、FOMCや雇用統計などを前に買戻しが入り112.269円で取引を終了しました。
【水曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は欧州市場にかけて112.1-3円間の推移が続きました。NY市場では、米ISM製造業景況指数が好結果となり112.5円付近まで上昇しました。その後のFOMC議事録公表においても金融状況がインフレを押し上げると言及されたことでドル買いとなりました。112.60円台まで上昇し112.499円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場午前、年明けの日経平均株価が700円超高となり112.78円付近まで上昇しました。午後からは上値での買いに慎重姿勢が見られ、112.6円付近のもみ合いとなりました。欧州市場では、やや値を戻し112.4-6円間の推移が続きました。NY市場では、米ADP全国雇用者数が好結果となり112.84円台まで上昇しました。その後はNY株式市場が大幅続伸で始まりダウ平均が2万5千ドル台に乗せたことなどから112.86円台まで上昇し112.740円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が220円超高となったことや前日の米ADP全国雇用者数が好結果となり米雇用統計への期待感から113.00円まで上昇しました。欧州市場でも、ドル高の動きが継続し113.28円台まで上昇しました。NY市場では、米雇用統計において非農業部門雇用者数が予想を下回ったことが伝わると一時113.01円台まで下落しました。ただ、平均時給前年比は予想通りとなったことなどから、FRBが3月に利上げを実施するとの観測は変わらず下値は限定的なものとなり113.054円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
12/25
(月)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
12/26
(火)
23:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.70%/
+6.38%
+0.80%/
+6.25%
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
00:00 米)リッチモンド連銀製造業指数 +20 +21
00:30 米) ダラス連銀製造業活動指数 +29.7 +20.0
03:02 米)2年債入札 国債入札
12/27
(水)
00:00 米)消費者信頼感指数 122.1 128.0
米)中古住宅販売保留 +0.2%/
+0.6%
-0.5%/
-
03:04 米)5年債入札 国債入札
12/28
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 24.5万件 24.0万件
米)卸売在庫【速報値】 +0.7% +0.3%
23:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 67.6 62.0
01:00 米)週間原油在庫 -460.9万 -
03:02 米)7年債入札 国債入札
12/29
(金)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
1/1
(月)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
1/2
(火)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
23:45 米)製造業PMI【確報値】 55.1 55.0
1/3
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.7% -
00:00 米)ISM製造業景況指数 59.7 58.2
米)建設支出 +0.8% +0.5%
04:00 米)FOMC議事録公表(12月12日・13日開催分) - -
1/4
(木)
21:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 -3.6% -
22:15 米)ADP全国雇用者数 +25.0万人 +19.0万人
22:30 米)新規失業保険申請件数 25.0万件 24.1万件
23:45 米)サービス業PMI【確報値】 53.7 52.5
01:00 米)週間原油在庫 -741.9万 -
1/5
(金)
22:30 米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率/平均時給 +14.8万人/
4.1%/
+0.3%/
+2.5%
+19.0万人/
4.1%/
+0.3%/
+2.5%
米)貿易収支 -505億 -499億
00:00 米)ISM非製造業景況指数 55.9 57.6
米)製造業受注指数 +1.3% +1.1%

※1/1~1/5米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/113.303/112.056/113.054(高値と安値の値幅は1.247)
ユーロドル/1.20887/1.2005/1.20290(高値と安値の値幅は0.00837)

0101-0105ドル円チャート 0101-0105ユーロドルチャート

【チャート】GMOクリック証券[FXネオ](ローソク1時間足)
>>>GMOクリック証券[FXネオ]のスペックをCHECK!!
>>>GMOクリック証券[FXネオ]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
1/8
(月)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
05:00 米)消費者信用残高 +205.19億
(+205.32億)
+180.00億
1/9
(火)
20:00 米)NFIB中小企業楽観指数 107.5 108.0
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
00:00 米)JOLT労働調査 599.6万件 602.5万件
03:00 米)3年債入札 国債入札
1/10
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.7% -
22:30 米)輸入物価指数 +0.7%/
+3.1%
+0.4%/
+3.1%
00:00 米)卸売在庫【確報値】 +0.7% +0.7%
00:30 米)週間原油在庫 -741.9万 -
03:00 米)10年債入札 国債入札
1/11
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 25.0万件 24.5万件
米)生産者物価指数【コア】 +0.4%/
+3.1%/
+0.3%/
+2.4%
+0.2%/
+3.0%/
+0.2%/
+2.5%
03:00 米)30年債入札 国債入札
04:00 米)財政収支 -1385億 -460億
1/12
(金)
22:30 米)小売売上高【除自動車】 +0.8%/
+1.0%
+0.5%/
+0.3%
米)消費者物価指数【コア】 +0.4%/
+2.2%/
+0.1%/
+1.7%
+0.1%/
+2.1%/
+0.2%/
+1.7%
00:00 米)企業在庫 -0.1% +0.4%

今週は、本格的な2018年相場の開始となります。週後半の米小売売上高や消費者物価指数などの経済指標のほか、上昇を続ける株価動向からも引続き目が離せません。

posted by FX主婦 at 12:00| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください