2017年11月27日

11/27~12/1★今週のポイント

デンマークでは現金の廃止が既に決まっている、と先日ある番組で目にしました。お金はもともと形の無いものなので、それが本来の姿かもしれないなぁと思いましたが、最近スマートスピーカーなど周辺にネットを経由する機器が増えてきてちょっと不安も感じたりします。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(11/20~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は112.104円で開始後、東京市場に入ると5・10日による実需買いなどから仲値公示付近にかけて、一時112.2円付近まで上昇し、その後は112円付近でもみ合いとなりました。ユーロが、ドイツの連立協議決裂の報道を受けて1.18ドル付近から1.172ドル台まで急落となりましたが、欧州市場では、独自由民主党の議会院内総務がメルケル政権を支えると発言した事が伝わり値を戻しました。ドル円は、欧米株価や米債利回りの上昇を受け、NY市場にかけて112.713円まで続伸し112.616円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が250円超の大幅反発となったものの北朝鮮リスクやロシアゲート疑惑の警戒感などから112.6円付近のもみ合いが続きました。欧州市場では、112.3-5円付近の推移が続きました。NY市場では、米債利回りの低下を受け一時112.17円台まで下落しましたが、その後は値を戻し112.439円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、翌日が日米共に祝日となることから取引が控えられ112.1円台まで下落、欧州市場では111.94円台まで下落しました。NY市場では、米耐久財受注が弱い結果となり111.56円台まで下落しました。その後発表のFOMC議事録では、12月の利上げに慎重な姿勢が記されていたことなどから米債利回りの低下幅が拡大しました。111.137円まで下落し111.216円で取引を終了しました。
【木曜日】
東京市場は勤労感謝の日で休場。上値の重い展開となり111.063円まで下落しました。欧州市場では、111.1-3円間の推移が続きました。NY市場も、感謝祭で祝日となり金融市場が休場であることから参加者が少なく引続き111.1-3円間の推移となり111.206円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、買戻しが優勢となり111.51円付近まで上昇しました。欧州市場では、111.3-5円間の推移が続きました。また、独IFO景況指数が強めの結果となったことや、第2党のドイツ社会民主党(SPD)が連立の参加に前向きな姿勢を示したことで、大連立への期待感からユーロ買いが強まりました。これを受けてNY市場では、ユーロドルが1.194ドル台まで上昇しました。ドル円は、クロス円の買いに支えられ111.61円台まで上昇し111.505円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
11/20
(月)
00:00 米)景気先行指数 +1.2% +0.7%
11/21
(火)
22:30 米)シカゴ連銀全米活動指数 +0.65 +0.20
00:00 米)中古住宅販売件数 548万件 540万件
11/22
(水)
08:00 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.1% -
22:30 米)新規失業保険申請件数 23.9万件 24.0万件
米)耐久財受注【除輸送用機器】 -1.2%/
+0.4%
+0.4%/
+0.5%
00:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 98.5 98.0
00:30 米)週間原油在庫 -185.5万 -
04:00 米)FOMC議事録公表(10月31日・11月1日開催分) - -
11/23
(木)
21:30 欧)ECB理事会議事要旨公表(10月26日開催分) - -
22:20 南ア)SARB政策金利声明発表 6.75%
据え置き
6.75%
据え置き
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - :-
11/24
(金)
18:00 独)IFO景況指数 117.5 116.5
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - :-
23:45 米)製造業PMI【速報値】 53.8 55.0
米)サービス業PMI【速報値】 54.7 55.3

※11/20~11/24米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/112.713/111.063/111.505(高値と安値の値幅は1.65)
ユーロドル/1.19435/1.17119/1.19279(高値と安値の値幅は0.02316)

1120-1124ドル円チャート 1120-1124ユーロドルチャート

【チャート】ひまわり証券(ローソク1時間足)
>>>ひまわり証券のスペックをCHECK!!
>>>ひまわり証券のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
11/27
(月)
00:00 米)新築住宅販売件数 66.7万件 62.5万件
米)ダラス連銀製造業活動指数 +27.6 +24.0
11/28
(火)
22:30 米)卸売在庫【確報値】 +0.3% +0.4%
23:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.45%/
+5.92%
+0.30%/
+6.00%
米)住宅価格指数 +0.7% +0.5%
00:00 米)消費者信頼感指数 125.9 123.8
米)リッチモンド連銀製造業指数 +12 +14
米)パウエル次期FRB議長の指名承認公聴会 要人発言
03:00 米)7年債入札 国債入札
11/29
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.1% -
22:30 米)第3四半期GDP【改定値】/個人消費【改定値】 +3.2%
(+3.0%)/
+2.8%
(+2.4%)
+3.2%/
+2.5%
00:00 米)中古住宅販売保留 ±0.0%/
-5.4%
+1.0%/
-
米)イエレンFRB議長の議会証言[上下両院合同経済委員会] 要人発言
00:30 米)週間原油在庫 -185.5万 -
04:00 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
11/30
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 23.9万件 24.0万件
米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+1.0%/
+1.6%/
+0.1%
+1.3%/
+0.3%/
+0.2%/
+1.6%/
+0.2%
+1.4%/
23:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 66.2 62.0
12/1
(金)
23:45 米)製造業PMI【確報値】 53.8 -
00:00 米)ISM製造業景況指数 58.7 58.3
米)建設支出 +0.3% +0.5%

今週は、感謝祭明けで米税制改革の審議が本格化すると見られています。パウエル次期FRB議長の指名承認公聴会やイエレンFRB議長の議会証言などの要人発言にも注目しています。

posted by FX主婦 at 11:17| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください