2017年11月22日

話題のスマートスピーカーでFX情報配信サービスが開始

今年注目の家電である「スマートスピーカー」に注目したFX業者が、FX情報配信サービスを開始するそうです。

>>このブログのRankingは・・・?

◆スマートスピーカーとは??

スマートスピーカーとは、インターネット接続機能と音声操作のアシスト機能を持ったスピーカーです。
スマートフォンやパソコンの周辺機器としてや、ユーザーの呼びかけに応答して情報を検索したり、連携する家電を操作することができる機能を持っています。

「スピーカーにiPhone搭載のSiriが搭載されたもの」と聞くと、イメージしやすいのではないでしょうか。

2014年11月に最初のスマートスピーカー「Amazon Echo」が発売されました。両手がふさがっている状態でも声で操作ができる利便性から人気がでてきて、その後続々と新しいスマートスピーカーが発売され始めました。

スマートスピーカーでできる主な機能は以下です。

スマートスピーカーでできる主な機能
・質問&回答
・音楽再生
・ニュースの読み上げ
・ラジオやPodCastの再生
・アラーム
・スケジュール管理

そのほかに、スマートスピーカーそれぞれで独自の機能を持ち合わせています。

◆スマートスピーカーの種類

【GoogleHome】
スマートスピーカーGoogleHome
Google製のスマートスピーカー。
・AndroidOSやChromeCastと連携
・Gmail、Googleカレンダー、PlayMusic、GooglePhotosなど、多数のWebサービスと連携。
・日本語音声認識能力が高い
・複数ユーザーを声で識別
・GoogleHomeMiniとGoogle Home Maxがある。
・au、Netflix、Spotify、ラジコ、ダイワハウスと提携
・Action提携先に食べログ、楽天レシピ、ホットペッパーなど。
【機能】
・利用者の好みに合わた選曲
・Youtubeなどの動画再生
・渋滞や天気などの先回り通知
・Action on Googleでの外部サービス
価格は15120円

【AmazonEcho】
スマートスピーカーAmazonEcho
・スマートスピーカーの先駆け的な存在。
・音声認識AIシステム「Alexa」を搭載
・Echo Dot、Echo、Echo Plusの3種類がある。
・Amazon Prime会員には割引サービスあり
・7つのマイクによる高品質な音声認識
・Amazonのサービスと連携
・NTTドコモ、NHK、JR、クックパッド、ヤフー等と連携
・Fire TV連動した動画の操作
・タクシーを呼んだり、英語学習といった多数のサードパーティサービスを利用
価格は11,980円

【LINE Clova】
スマートスピーカーLINEClova
・LINEから発売されたスマートスピーカー
・AI「Clova」を搭載。
・LINEと連携したメッセージの送受信
・赤外線で家電操作
価格は14,000円

これらの他に、日本では発売未定ですが、AppleのHomePodやMicrosoft Harman Kardon Invoke、パナソニックのSC-GA10などがあります。


◆スマートスピーカでの情報配信を開始するFX業者

外為どっとコム

外為どっとコム
2017年11月2日からGoogleHome対応のマーケット情報発信サービスを開始しました。
主な機能は、以下の2点です。
(1)為替レート応答
音声認識により、「米ドル/円」など外為どっとコムで取引可能な20通貨ペアの為替レートに対応。通貨ペア名を伝えることで、現在レート(Bid、Ask)、本日の高値安値を返答。例えば、「米ドル/円」であれば「どるえん」や「べいどるえん」など、各通貨ペアとも複数の呼び方に対応しています。
(2)重要経済指標の発表予定
為替相場への影響が大きい経済指標等へ対応。「指標発表」と伝えることで、本日(営業日ベース)に発表が予定されている重要指標の発表予定時刻を返答します。
今後、AIを用いた相場予想シグナル発信などの機能拡充を予定しています。
>>>外為どっとコムの詳細はこちら

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
2017年11月8日からAmazonAlexaに対応した為替レートお知らせサービスを開始しました。
主な機能は、音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「AmazonEcho」に「アレクサ、マネパレートを開いて!」「ドル円!」と話しかけるだけで、マネーパートナーズ提供の通貨ペアや業務提携先提供の仮想通貨ペアのレートをリアルタイムに確認することができます。
>>>マネーパートナーズの詳細はこちら

カブドットコム証券
カブドットコム証券
2017年11月8日からAmazonAlexaに対応した「カブコム for Alexa」の提供を開始しました。
主な機能は、音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」に「アレクサ、カブコムを開いて」と話しかけるだけで、最新ニュースや、その日盛り上がりそうな銘柄ランキングを音声で確認することができます。
>>>カブドットコム証券の詳細はこちら


スマートスピーカーの普及とともに、今後も上記以外のFX業者でも対応したサービスの提供が広がる可能性も考えられます。
近い将来、スマートスピーカーとFXの取引システムが連携し、音声でトレードができる日が来るかもしれませんね。


posted by FX主婦 at 14:17| Comment(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください