2017年08月14日

8/14~8/18★今週のポイント

お盆のUターンラッシュ、高速道路では早くも本日、新幹線などでは明日にピークとなっているようです。混雑がひどいと移動でどっと疲れが出てしまいますね。。皆さまが無事に帰路に着けますように。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(8/7~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は、110.721円で開始後、新規材料に欠けるなか東京市場から欧州市場にかけて110.6-8円間の推移が続きました。NY市場では、調整的な動きから一時110.918円まで上昇し110.739円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、序盤は110.7円台のもみ合いが続きましたが調整などから110.53円台まで下落しました。欧州市場では、材料に欠ける中110.28円台まで下落しました。NY市場では、JOLT労働調査が予想を上回り統計開始以降最高値となったことで110.82円台まで上昇しました。その後はトランプ大統領の北朝鮮に対する発言を受けてリスク回避の動きとなり110.350円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、北朝鮮がグアム攻撃を示唆したことを受け109.74円台まで下落しました。欧州市場では、株安の動きも背景に109.65円台まで下落しました。NY市場では、米労働生産性や単位労働コストが予想を上回ったことをきっかけに110.129円まで値を戻しました。引けにかけても底値は堅く110.055円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、109.9-110.1円間の推移が続きました。欧州市場では、地政学リスクが欧州株の重石となり109.7円台まで下落しました。NY市場では、米生産者物価が予想を下回ったことや米国・北朝鮮間の緊張が高まったことでリスク回避の円買いとなりました。8週間ぶりの安値となる109.15円台まで下落し109.211円で取引を終了しました。
【金曜日】
東京市場は山の日で休場となりましたが、リスク回避の円高が進行し108.90円まで下落しました。欧州市場では、序盤に買戻しが優勢となり109.27円まで上昇しましたがその後欧州株が下落すると108.9円台まで下落しました。NY市場では、朝方発表の米消費者物価が予想を下回ったことで米利上げ期待が後退し一時108.71円台まで急落しました。その後は109.4円付近まで反発するなど上下に激しい動きとなり109.148円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
8/7
(月)
23:00 米)労働市場情勢指数 - -
 - 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
04:00 米)消費者信用残高 +123.97億 +152.50億
8/8
(火)
19:00 米)NFIB中小企業楽観指数 105.2 103.5
23:00 米)JOLT労働調査 616.3万件 -
米)IBD/TIPP景気楽観指数 52.2 -
 - 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
02:02 米)3年債入札 国債入札
8/9
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +3.0% -
21:30 米)第2四半期非農業部門労働生産性【速報値】/単位労働費用【速報値】 +0.9%/
+0.6%
+0.7%/
+1.1%
23:00 米)卸売在庫【確報値】 +0.7% +0.6%
23:30 米)週間原油在庫 -645.1万 -
02:02 米)10年債入札 国債入札
8/10
(木)
06:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 1.75%
据え置き
1.75%
据え置き
21:30 米)新規失業保険申請件数 24.4万件 24.0万件
米)生産者物価指数【コア】 -0.1%/
+1.9%/
-0.1%/
+1.8%
+0.1%/
+2.2%/
+0.2%/
+2.1%
02:02 米)30年債入札 国債入札
03:00 米)財政収支 -429億 -555億
8/11
(金)
21:30 米)消費者物価指数【コア】 +0.1%/
+1.7%/
+0.1%/
+1.7%
+0.2%/
+1.8%/
+0.2%/
+1.7%

※8/7~8/11米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/110.918/108.711/109.148(高値と安値の値幅は1.201)
ユーロドル/1.18460/1.16890/1.18230(高値と安値の値幅は0.01866)

0807-0811ドル円チャート 0807-0811ユーロドルチャート

【チャート】YJFX![外貨ex](ローソク1時間足)
>>>YJFX![外貨ex]のスペックをCHECK!!
>>>YJFX![外貨ex]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
8/14
(月)
 - 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
8/15
(火)
21:30 米)小売売上高【除自動車】 -0.2%/
-0.2%
+0.4%/
+0.3%
米)NY連銀製造業景気指数 +9.8 +10.0
米)輸入物価指数 -0.2%/
+1.5%
+0.1%/
+1.3%
23:00 米)企業在庫 +0.3% +0.4%
米)NAHB住宅市場指数 64 64
05:00 米)対米証券投資【ネット長期フロー】&【ネットフロー合計】 +919億/
+573億
-
8/16
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +3.0% -
21:30 米)住宅着工件数/建設許可件数 121.5万件/
125.4万件
(127.5万件)
124.9万件
-
23:30 米)週間原油在庫 -645.1万 -
03:00 米)FOMC議事録公表(7月25日・26日開催分) - -
8/17
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 24.4万件 24.0万件
米)フィラデルフィア連銀景況指数 +19.5 +18.3
22:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 +0.4%/
76.6%
+0.3%/
76.7%
23:00 米)景気先行指数 +0.6% +0.3%
8/18
(金)
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 93.1 94.0

今週は、先週に引続き国内はお盆休暇、海外も夏季休暇を取得している投資家が多くなっています。引続き経済指標に加え、北朝鮮の情勢に注意したいと思います。

posted by FX主婦 at 10:40| Comment(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください