2017年06月23日

6/26~6/30★今週のポイント

内閣府の有識者研究会によると、2012年末から日本の経済は景気回復を始め現在「バブル景気を超えて戦後3番目の息の長い好景気になっている」とのことです。有効求人倍率がバブル期を超える水準まで改善し、企業の業績も好調とのことですが、実質賃金は減少しているそうです。庶民には賃金が上昇してこそ景気が良いと実感が湧きますが、経済界では違うですねぇ。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(6/19~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は110.810円で開始後、早朝に110.786円まで下落したものの、東京市場に入ると日経平均株価が2万円台を回復すると一時111.137円まで上昇しました。欧州市場では、材料不足の中一時111.21円付近まで上昇しましたがその後110.9円台まで値を戻しました。NY市場では、ダドリーNY連銀総裁が「労働市場の改善に伴い、賃金と共に国内のインフレ率が高まる」などと発言しドル買いが強まりました。111.598円台まで上昇し111.561円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は朝方、前日からのドル高円安の流れが継続し、東京市場の序盤にかけて111.77円台まで上昇しました。その後は利益確定売りなどから111.55円台まで下落しました。欧州市場では、序盤に111.788円まで上昇しましたがその後は再び111.5円台まで値を戻しました。また、カーニー英中銀総裁が、英国は利上げする時ではないと発言したことを受けて、ポンドが売られました。NY市場では、上値の重さが意識され原油安を背景に利益確定売りなどから一時111.3円台まで下落し、111.442円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、前日からのドル売りが継続し111.18円台まで下落し、欧州市場では111.06円台まで下落となりました。NY市場では、ホールデン英中銀理事が金融刺激策の一部解除を支持しポンド買いとなりました。ポンド円の上昇やNY原油在庫が減少したことでドル円も111.74円付近まで上昇しました。その後は原油価格が下落に転じたことや米債金利の低下などを受けて値を落とし111.357円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、前日からのドル売りの流れが継続し110.94円台まで下落しました。欧州市場では、米債金利が低下幅を縮めたことで111.37円台まで買戻しが進みました。NY市場では、前日に10ヶ月ぶりの安値を付けた原油価格が少し値を戻した安心感から111.44円台まで上昇しました。しかし、戻りが弱かったことで引けにかけてはやや値を戻し111.313円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は手掛かりが乏しく終始狭いレンジでのもみ合いとなり、東京市場では111.2-4円間の推移が続きました。欧州市場とNY市場では111.1-3円間の推移が続き、111.257円で取引を終了しました。ユーロドルが、独PMIと欧州PMIが良好な結果となったことから一時1.2ドル台まで上昇となりました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
6/19
(月)
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
6/20
(火)
21:30 米)第1四半期経常収支 -1168億 -1236億
6/21
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.6% -
23:00 米)中古住宅販売件数 562万件 555万件
23:30 米)週間原油在庫 -245.1万 -
6/22
(木)
06:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 1.75%
据え置き
1.75%
据え置き
21:30 米)新規失業保険申請件数 24.1万件 24.0万件
22:00 米)住宅価格指数 +0.7% +0.5%
23:00 米)景気先行指数 +0.3% +0.4%
00:00 米)カンザスシティ連銀製造業活動指数 +11 +10
02:02 米)30年物価連動債入札 国債入札
6/23
(金)
22:45 米)製造業PMI【確報値】 52.1 52.9
米)サービス業PMI【確報値】 53.0 53.5
23:00 米)新築住宅販売件数 61.0万件 59.1万件

※6/19~6/23米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/111.788/110.786/111.257(高値と安値の値幅は1.002)
ユーロドル/1.12126/1.11166/1.11970(高値と安値の値幅は0.0096)

0619-0623ドル円チャート 0619-0623ユーロドルチャート

【チャート】ヒロセ通商[LIONFX](ローソク1時間足)
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のスペックをCHECK!!
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
6/26
(月)
17:00 独)IFO景況指数 114.6 114.5
21:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 -0.7%/
-0.5%
-0.6%/
+0.4%
米)シカゴ連銀全米活動指数 +0.49 +0.20
23:30 米)ダラス連銀製造業活動指数 +17.2 +16.0
02:00 米)2年債入札 国債入札
6/27
(火)
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.87%/
+5.89%
+0.50%/
+5.90%
23:00 米)消費者信頼感指数 117.9 116.0
米)リッチモンド連銀製造業指数 +1 +7
02:00 米)5年債入札 国債入札
米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
6/28
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.6% -
21:30 米)卸売在庫 -0.5% +0.2%
23:00 米)中古住宅販売件数 -1.3%/
-5.4%
+0.8%/
-
23:30 米)週間原油在庫 -245.1万 -
02:00 米)7年債入札 国債入札
6/29
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 24.1万件 24.0万件
米)第1四半期GDP【確報値】/個人消費【確報値】 +1.2%/
+0.6%
+1.2%/
+0.6%
6/30
(金)
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.4%/
+1.7%/
+0.2%/
+1.5%
+0.3%/
+0.1%/
+1.5%/
+0.1%/
+1.4%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 59.4 58.0
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 94.5 94.5

今週は、経済指標の他、火曜深夜にイエレン議長の講演が予定されています。年内の追加利上げに関する内容が示唆されるのか、注目しています。原油価格の動向にも引続き注意をしたいと思います。

posted by FX主婦 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック