2017年06月21日

最近話題の仮想通貨ビットコイン

2017年5月からFX関連業者のビットコインに関するニュースがちらほら聞かれるようになりました。
今、投資の一つとして仮想通貨の売買が白熱しているようなので、調べてみました。

>>このブログのRankingは・・・・??

◆仮想通貨ビットコインとは?

「ビットコイン」とは仮想通貨とよばれる銘柄の一つでインターネットと上の仮想の通貨です。
例えば、スマホでゲームをしたときに課金するポイントと似ていて、ビットコインを持つことで、ビットコインが使えるところで欲しいものを買ったり、サービスを受けることができます。

楽天ポイントやTポイントは「電子マネー」に分類されます。ビットコインと似ていますがちょっと違います。
電子マネーは日本円をチャージして使用しますが、ビットコインはそのものが「通貨」。ただし、現実に「モノ」としては存在していないというイメージです。

そして、日本円やドルは中央銀行が発行していますが、ビットコインは発行元は存在しません。
さらにビットコインの価値はインターネットで管理し、価値を保証しあうことで決められています。


◆ビットコインの歴史

今、当たり前のように耳にする「ビットコイン」の始まりは、1つの論文からでした。
2008年に、ナカモトサトシ氏が暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストに「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文を投稿したことがきっかけです。
論文は、「従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保する」という内容で、この論文に多くの研究者やプログラマーが刺激を受け、有志によって2009年にビットコインが初めて発行されました。

当初は論文のビットコインが仮想通貨として機能するのかどうか、問題点はないのか検証するためゲーム感覚で始まったそうです。
数百人が参加した実験でビットコインの発掘や送金を行っていただけで、ビットコインそのものに価値はありませんでした。

ある日エンジニアの一人が「ビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と暗号通貨のメーリングリストに投稿し、面白いと思った別のプログラマーがピザ屋に注文して1万ビットコインと交換したことが、初の商取引となったそうです。
ジョークでスタートしたビットコインでの支払いで通貨として使えそうだという認識が広がり、価値を持つようになったそうです。

◆ビットコインの相場

ビットコインは最大発行数が2100万ビットコインで4年ごとに発掘できる量が半分になっていくそうです。結果、価値がどんどん上がり、今日に至ります。
最新のビットコインの相場を確認します。

ビットコイン円チャート

2014年~2017年6月のビットコイン/円の週足チャートです。
2017年5月に約2倍ほど急騰して、現在はビットコインが約280000円です。

FXや株と同じように長期・短期の投資ができる点もビットコインの魅力です。
そしビットコインの取引所も注目されています。

※日本国内でビットコインのトレードができる業者

会社名[商品名]  
bitFlyer 2014年1月に設立。ビットコインのトレード以外にもビットコイン・クラウドファンディングのfunfFlyer、ブロックエクスプローラーのchainFlyer、決済サービスのbitWiew等のビットコイン関連サービスを提供
bitbank 2014年5月に設立。クレジットカードでビットコインが購入できる。2015年7月に中国取引所OKCoinと提携。2017年3月にBTC/JPYの自社取引所を開設。ビットコインのニュースサイトBTCNの運営も行っている。
BTCBOX 2014年3月設立。国内取引所では高い出来高を安定して記録。.国際版btcbox.comではEthereum等アルトコインのトレードも可能
Coincheck 2014年8月にビットコイン事業に進出。クレジットカードでの購入も可能。ビットコイン以外にも多くの種類の仮想通貨の販売所サービスを提供
Zaif 2014年6月設立。2015年3月に取引所サー日開始。取引を行うとユーザーが手数料をもらえるマイナス手数料が特徴。ビットコインの他に、モナココイン、NEMなど多くの仮想通貨を取り扱っている。
Kraken 世界最大のユーロ-ビットコインの取引出来高を持つ取引所であり、2014年10月に日本に進出。2015年7月にはマネーパートナーズグループとの業務提携にも合意。海外取引所の中でもセキュリティ面に力を入れている取引所。ビットコイン以外にもイーサリアムなどの仮想通貨の取扱有り。
みんなのビットコイン 2016年12月にトレイダーズグループの子会社として設立。2017年3月から取引所サービスを開始。
Z.comコイン byGMO 2016年10月にGMOグループの子会社として設立。2017年5月から取引所サービスを開始。店頭方式で取引が可能




◆FX業者が仮想通貨トレードのサービスを開始

FXのように取引ができることから、FX業者もビットコイン事業を始める動きがあります。
既にサービスを開始しているのは、トレーディングホールディングスの「みんなのビットコイン」。
2017年5月31日からGMOインターネットグループのGMO-Z.comコイン株式会社が、仮想通貨FXと仮想通貨の売買ができるサービス「Z.comコイン byGMO」の提供を開始しました。
FXトレードフィナンシャルも仮想通貨交換業のビットレード株式会社を関連会社化したという発表もあり、仮想通貨トレードが過熱しているようです。
しかも、今後ビットレード社を通じた仮想通貨関連事業を推進するとのことで、今月開始したFXトレードフィナンシャルのキャンペーンではキャッシュバックが現金ではなく1000円分のビットコインに変更となりました。

このように、今後、FX業者では仮想通貨関連の「何か」が始まる予感がしています。


◆キャンペーンでビットコインがもらえるFX業者

FXトレードフィナンシャル[FXTFMT4]
ビットコインプレゼントキャンペーン
FXトレードフィナンシャル
期間 2017年6月1日(木)~6月30日(金)
内容  期間中、PCブラウザ版のFXTFMT4ウェブトレーダーで初めて30万通貨以上の新規取引で1000円相当のビットコインをプレゼント。
>>>FXトレードフィナンシャル[FXTFMT4]の口座開設はこちら


ビットコインの取引は今後ますます広がっていくことが予想されています。
投資方法の一つとして検討してみてはいかがでしょうか!?
posted by FX主婦 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック