2017年04月03日

4/3~4/7★今週のポイント

新年度が始まりました。各地で入社式などが行われている様子を目にすると新鮮な気持ちになります。今年度もがんばりましょう。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(3/27~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は110.991円で開始後、東京市場に入ると、先週末オバマケア代替法案が採決中止になったためトランプ政権の政策実行力への懸念が広がりドル売りとなった動きが継続し110.2円台まで下落しました。欧州市場では、米債利回りの下落を背景に昨年11月18日以来の水準となる一時110.12円台まで値を落としました。NY市場では、序盤にドル売りの流れが継続し110.112円まで下落、ユーロドルは昨年11月11日以来の水準となる1.09ドル台となりました。その後は、米債利回りの回復をきっかけに買戻しが優勢となりました。110.687円まで続伸し110.636円で取引を終了しました。南アランドが、訪英中のゴーダン南ア財務相が急遽呼び戻されたことを受けて一気にランド売りとなりました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、前日からのドル買戻しの流れが継続し110.829円まで上昇しました。その後は110.55円台まで値を戻し、もみ合いとなりました。欧州市場では、やや値を上げ110.7円付近のもみ合いが続きましたが、NYダウ先物や米債利回りの低下などを受けてNY市場序盤にかけて110.17円台まで続落となりました。その後は、フィッシャーFRB副議長が「年内あと2回の利上げはほぼ妥当」と発言したことや米消費者信頼感指数が約16年ぶりの高水準となったことで111.196円まで急伸しました。引けにかけても高値圏の推移が続き111.102円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、前日からのドル買戻しの流れが継続し111.316円まで上昇しました。欧州市場では、メイ英首相がEU離脱を通告しユーロ売りが強まりました。ユーロ円の売りを背景に110.715円まで下落しました。NY市場では、原油在庫が予想ほど増加しなかったことを交換しNY原油が急騰したことで111.15円台まで上昇しました。その後は111円を挟んだ推移が続き111.032円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、5・10日のため仲値に向けたドル買いが強まり111.425円まで上昇しました。その後、日経平均株価の下落や米債利回りの低下を背景に、欧州市場の序盤にかけて110.94円台まで下落となりました。NY市場では、朝方発表の四半期米GDP確報値が好調な結果となったことで111.38円台まで上昇しました。その後もNYダウ平均などの上昇を背景に111.839円まで音を上げ、111.808円で取引を終了しました。ユーロドルが、欧州の消費者物価が予想以上に急速に鈍化した結果となったことをきっかけに米国と欧州の景気格差が意識され1.068ドル台まで下落となりました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、年度末のため仲値に向けたドル買いが強まり112.193円まで上昇しました。その後は日経平均株価の下落などもあり、引けにかけて111.8円台まで押し戻されました。欧州市場では、買戻しの動きが見られ一時112.05円付近まで上昇しました。NY市場では、ダドリーNY連銀総裁が利上げは急がないとの発言したことなどを受け、一転してドル売りとなりました。111.24円台まで下落し111.382円で取引を終了しました。ユーロドルは1.0655ドルまで下落となりました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
3/27
(月)
17:00 独)IFO景況指数 112.3 111.0
23:30 米)ダラス連銀製造業活動指数 +16.9 +22.0
02:03 米)2年債入札 国債入札
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
3/28
(火)
21:30 米)卸売在庫【速報値】 +0.4% +0.2%
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.86%/
+5.73%
+0.70%/
+5.60%
23:00 米)消費者信頼感指数 125.6 114.0
米)リッチモンド連銀製造業指数 +22 +15
01:50 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
02:02 米)5年債入札 国債入札
3/29
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -0.8% -
23:00 米)中古住宅販売保留 +5.5%/
-2.4%
+2.1%/
-
23:30 米)週間原油在庫 +86.7万 -
02:02 米)7年債入札 国債入札
3/30
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.8万件 24.7万件
米)第4四半期GDP【確報値】/個人消費【確報値】 +2.1%/
+3.5%
+2.0%/
+3.0%
22:21 南ア)SARB政策金利声明発表 7.00%
据え置き
7.00%
据え置き
3/31
(金)
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.1%/
+2.1%/
+0.2%/
+1.8%
+0.4%/
+0.2%/
+2.1%/
+0.2%/
+1.7%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 57.7 56.9
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 96.9 97.6

※3/27~3/31米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/112.193/110.112/111.382(高値と安値の値幅は2.081)
ユーロドル/1.0905/1.0655/1.0658(高値と安値の値幅は0.025)

0327-0331ドル円チャート 0327-0331ユーロドルチャート

【チャート】SBI証券(ローソク1時間足)
>>>SBI証券のスペックをCHECK!!
>>>SBI証券のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
4/3
(月)
22:45 米)製造業PMI【確報値】 53.4 53.5
23:00 米)ISM製造業景況指数 57.7 57.0
米)建設支出 -1.0% +1.0%
4/4
(火)
13:30 豪)RBA政策金利声明発表 1.50%
据え置き
1.50%
据え置き
21:30 米)貿易収支 -485億 -465億
23:00 米)製造業受注指数 +1.2% +0.9%
4/5
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -0.8% -
21:15 米)ADP全国雇用者数 +29.8万人 +18.0万人
22:45 米)サービス業PMI【確報値】 52.9 -
23:00 米)ISM非製造業景況指数 57.6 57.0
23:30 米)週間原油在庫 +86.7万 -
03:00 米)FOMC議事録公表(3月14日・15日開催分) - -
4/6
(木)
20:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 -40.0% -
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.8万件 -
4/7
(金)
21:30 米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率/平均時給 +23.5万人/
4.7%/
+0.2%/
+2.8%
+17.4万人/
4.7%/
+0.3%/
+2.8%
23:00 米)卸売在庫【確報値】 +0.4% -
04:00 米)消費者信用残高 +87.94億 +110.00億

今週は、米雇用統計など多くのイベントが予定されている週となっています。米中首脳会談はどのような結果となるのか、注目しています。

posted by FX主婦 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック