2016年12月12日

12/12~12/16★今週のポイント

今年の世相を表す漢字が「金」に決まったと発表がありました。あれ、いつだったかも同じ漢字だったなと調べてみると、2012年と2000年だったようです。オリンピックの年には「金」という字が候補に出やすいようですね。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(12/5~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は、113.2円台で取引開始後、イタリアの国民投票のリスク警戒感からユーロ売り円買いの動きが強まり、一時112.854円まで下落しました。ユーロドルは、1.066ドル台から1.050ドル台まで下落しました。東京市場午前では、113.85円台まで買い戻されましたが、午後に入ると113.3円台まで再び値を下げました。ユーロドルは、1.056ドル台まで値を戻しました。欧州市場では、ユーロの買戻しが継続し1.07ドル台まで上昇しました。ドル円も、114.4円台まで上昇しました。NY市場では、ISM非製造業景況指数が好結果となり一時114.770円まで上昇しました。その後は利益確定売りや米債利回りの低下を受けてドル売りとなり、一時113.1円台まで下落し113.824円で取引を終了しました。ユーロドルは、一時1.08ドル近くまで上昇となりました。
【火曜日】
ドル円は東京市場午前、調整などから113.49円台まで下落したものの、午後に入ると、買戻しが優勢となり113.8円台まで上昇しました。欧州市場では、日経平均先物の上昇などを支えに114.1円台まで上昇しました。NY市場では、NYダウ平均や米10年債利回りが方向感のない値動きとなり113.6-114.1円間のもみ合いとなりました。米経済指標への反応も限定的なものとなり113.976円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価の上昇を背景に114.3円付近まで値を上げました。欧州市場でも、ドル買いが先行し114.4円付近まで上昇しましたが、一巡後は113.8円台まで下落し、114円を挟んだもみ合いとなりました。NY市場では、米国債利回りの低下やECB理事会を前にポジション調整のユーロ買いが入ったことで113.4円台まで下落となりました。その後、NYダウ平均が280ドル超上昇し、史上最高値を更新したことで114円付近まで上昇したものの、引けにかけてはやや値を下げ113.739円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、ECB理事会を控えユーロ買いドル売りとなったことなどから113.1円台まで下落しました。その後、日経平均株価が260円超高となったことで113.6円台まで値を戻しました。欧州市場では、ECB理事会を前に113.2-7円間の推移が続きました。NY市場では、ECB理事会で資産買い入れプログラムの延長と資産購入の減額を決定しました。これを受けて理事会終了直後にユーロドルは一時1.08746ドルまで急伸しましたが、その後のドラギECB総裁の記者会見で「今回の減額は緩和縮小ではない、必要とあらばさらなる緩和拡大も実施する」などと伝わったことで一転してユーロ売りとなり1.059ドル台まで値を下げました。ドル円は、114.3円台まで値を上げ114.013円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、米債利回り上昇や日経平均株価が一時19000円台を回復したことなどを受けて114.5円台まで上昇し、高値圏でもみ合いとなりました。欧州市場では、114.2-6円間の推移が続きましたが、原油高や米債利回り上昇などを受けてNY市場序盤にかけて115.27円台まで上昇しました。その後も米株高を支えに2月9日以来の高値となる115.365円まで上昇しました。終盤にかけても高値間の推移が継続し115.321円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
12/5
(月)
23:45 米)サービス業PMI【確報値】 54.6 54.9
00:00 米)ISM非製造業景況指数 57.2 55.2
米)労働市場情勢指数 +1.5 -0.2
12/6
(火)
12:30 豪)RBA政策金利声明発表 1.50%
据え置き
1.50%
据え置き
22:30 米)貿易収支 -426億 -416億
米)第3四半期非農業部門労働生産性【確報値】/単位労働費用【確報値】 +3.1%/
+0.7%
+3.2%/
+0.3%
00:00 米)製造業受注指数 +2.7% +2.5%
米)IBD/TIPP景気楽観指数 54.8 -
12/7
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -0.7% -
00:00 加)BOC政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
米)JOLT労働調査 553.4万件 539.0万件
00:30 米)週間原油在庫 -238.9万 -
05:00 米)消費者信用残高 +160.18億 +175.00億
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
12/8
(木)
21:45 欧)ECB政策金利声明発表 0.00%
据え置き
0.00%
据え置き
22:30 欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
米)新規失業保険申請件数 25.8万件 25.5万件
12/9
(金)
00:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 98.0 94.5
米)卸売在庫【確報値】 -0.4% - 0.4%

※12/5~12/9米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/115.365/112.854/115.321(高値と安値の値幅は3.47)
ユーロドル/1.08746/1.05038/1.05616(高値と安値の値幅は0.0138)

1205-1209ドル円チャート 1205-1209ユーロドルチャート

【チャート】GMOクリック証券[FXネオ](ローソク1時間足)
>>>GMOクリック証券[FXネオ]のスペックをCHECK!!
>>>GMOクリック証券[FXネオ]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
12/12
(月)
01:30 米)3年債入札 国債入札
03:00 米)10年債入札 国債入札
04:00 米)財政収支 -442億 -995億
- 米)注目度の高い経済指標の発表はない - -
12/13
(火)
19:00 独)ZEW景況感調査 +13.8 +13.5
欧)ZEW景況感調査 +15.8 -
20:00 米)NFIB中小企業楽観指数 94.9 96.5
22:30 米)輸入物価指数 +0.5%/
-0.2%
-0.3%/
+0.1%
03:00 米)30年債入札 国債入札
12/14
(水)
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -0.7% -
22:30 米)小売売上高【除自動車】 +0.8%/
+0.8%
+0.3%/
+0.5%
米)生産者物価指数【コア】 ±0.0%/
+0.8%/
+0.2%/
+1.2%
+0.1%/
+0.9%/
+0.2%/
+1.3%
23:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 ±0.0%/
75.3%
-0.2%/
75.1%
00:00 米)企業在庫 +0.1% -0.1%
00:30 米)週間原油在庫 -238.9万 -
04:00 米)FOMC政策金利&声明発表 0.50%
据え置き
25bp
利上げ
0.75%
米)FRB経済・金利見通し発表 - -
04:30 米)イエレンFRB議長の記者会見 要人発言
12/15
(木)
17:30 ス)SNB政策金利声明発表 -0.75%
据え置き
-
21:00 英)BOE政策金利声明発表 0.25%
据え置き
0.25%
据え置き
英)BOE資産購入枠発表 4350億
据え置き
4350億
据え置き
22:30 米)新規失業保険申請件数 25.8万件 -
米)NY連銀製造業景気指数 +1.5 +2.6
米)フィラデルフィア連銀景況指数 +7.6 +9.0
米)消費者物価指数【コア】 +0.4%/
+1.6%/
+0.1%/
+2.1%
+0.2%/
+1.7%/
+0.2%/
+2.2%
米)第3四半期経常収支 -1199億 -1110億
23:45 米)製造業PMI【速報値】 54.1 -
00:00 米)NAHB住宅市場指数 63 63
12/16
(金)
06:00 米)対米証券投資【ネット長期フロー】&【ネットフロー合計】 -1529億/
-262億
-
22:30 米)住宅着工件数/建設許可件数 132.3万件/
122.9万件
(126.0万件)
123.0万件/
124.3万件

今週は、木曜日早朝にFOMCが開催されます。来年以降の利上げペースはどうなるのか、注目が集まります。

posted by FX主婦 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック