2016年05月30日

5/30~6/3★今週のポイント

昨晩、刑事専門弁護士のドラマを見ていました。刑事弁護のドラマはお堅いものが多いイメージですが、この番組は主演がジャニーズ、さらにお笑いやプロレスなど様々な要素が組み合わさっていて、色んな人に受け入れられるだろうなぁと思いました。だけど、せっかく超難関の司法試験を通っても無給で厳しい研修を受け、そこでも淘汰され、やっと弁護士になっても職が見つからない人もいるんですよね、、。せっかくドラマを見て志す人が出てきてもこれでは残念ですね。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(5/23~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は東京市場午前、日経平均株価が300円超の下落や日本の貿易収支が3ヶ月連続で黒字となったことを受けて、一時109.6円台まで下落しました。午後には109.9円台まで値を戻しましたが、欧州市場に入ると、原油安などからドル売りとなり109.3円台まで下落しました。NY市場でも、ドル売りがさらに広がり109.1円台まで下落しました。米10年債利回りの下落も背景に上値は重く109.241円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、109.4円台まで買い戻されもみ合いとなりました。引けにかけて、スティーブンス豪中銀総裁がインフレ率について少し低すぎると発言したことを受けて、追加利下げが意識され豪ドルが売られました。これをきっかけにドル円も売りが強まり109.2円台まで下落しました。欧州市場では、欧州株の上昇に伴い109.7円台まで上昇しました。また、英金融政策委員の議会証言においてEU離脱をめぐるリスクが言及され、ポンドが買われました。NY市場では、原油価格が反発したことや新築住宅販売件数が好調な結果となったことでFRBの早期利上げ観測が強まり110.127円まで続伸しました。その後も高値圏でのもみ合いが続き、109.987円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場午前、前日の流れを受けて110.18円台まで上昇しましたが、午後に入り、衆院で答弁を行った黒田日銀総裁が、序盤の段階で追加緩和に言及をしなかったことから109.8円台まで下落しました。欧州市場では、原油相場や欧州株が好調であったことから110.2円台まで上昇しました。NY市場でもリスク選好の円売りが進行し110.448円まで上値を伸ばしました。その後は米10年債利回りの低下とともに上げ幅を縮め110.213円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価は続伸して寄り付き、一時200円超の上昇となったものの、109.4円台まで急落する動きとなりました。目立った売り材料がなく、投機筋の大口売りや、アルゴリズム取引に絡んだ円買いドル売りなど、いくつかの思惑が流れました。欧州市場では、好調な欧州株や原油相場を背景に巻き返しの動きとなり110円台を回復しました。NY市場では、序盤に米耐久財受注額や米新規失業保険申請件数が好結果となったことで110.18円台まで上昇しました。しかし原油が50ドル突破後に利益確定売りとなるとリスク回避の円買い戻しが進み、再び109.5円台まで値を下げました。その後も上値は重く109.750円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場午前、日経平均株価の上昇や仲値がらみのドル買いで一時109.9円まで上昇しました。午後に入り、伊勢志摩サミット後の記者会見で安倍首相が「商品価格は5割以上下落しリーマン以来の下げ幅」などと述べると調整の円買いが入り109.6円台まで下落しました。欧州市場では、イエレンFRB議長の講演を控え様子見ムードとなり109.5-8円間の動きとなりました。NY市場では、序盤に第1四半期GDPが弱い結果となり109.4円台まで下落しました。しかし、イエレンFRB議長が講演で「成長と雇用市場の改善が続けば今後数カ月に利上げすることが適切になる」と述べると110.444円まで急伸しました。引けにかけては5月20日高値の110.58円が意識され飲み悩み110.325円で取引を終了しました。ユーロドルは、3月16日以来の安値となる1.111ドル台まで下落となりました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
5/23
(月)
22:45 米)リッチモンド連銀製造業指数 50.5 51.0
5/24
(火)
18:00 独)ZEW景況感調査 +6.4 +12.0
欧)ZEW景況感調査 +16.8 -
23:00 米)新築住宅販売件数 61.9万件 52.0万件
23:30 米)リッチモンド連銀製造業指数 -1 +10
26:02 米)2年債入札 国債入札
5/25
(水)
17:00 独)IFO景況指数 107.7 106.8
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +2.3% -
22:00 米)住宅価格指数 +0.7% -
22:45 米)サービス業PMI【速報値】 51.2 53.2
23:00 加)BOC政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
23:30 米)週間原油在庫 -422.6万 -
24:35 米)2年物価連動債入札 国債入札
26:03 米)5年債入札
5/26
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 26.8万件 27.5万件
米)耐久財受注【除輸送用機器】 +3.4%/
+0.4%
+0.3%/
+0.2%
23:00 米) 中古住宅販売保留 +5.1%/
+2.9%
+0.4%/
+2.9%
24:00 米)カンザスシティ連銀製造業活動指数 -5 -4
26:02 米)7年債入札 国債入札
5/27
(金)
21:30 米)第1四半期GDP【改定値】/個人消費 +0.8%/
+1.9%
+0.8%/
+2.1%
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 94.7 95.8
26:15 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言

※5/23~5/27米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/110.444/109.106/110.325(高値と安値の値幅は1.338)
ユーロドル/1.12425/1.11108/1.11119(高値と安値の値幅は0.01317)

0523-0527ドル円チャート 0523-0527ユーロドルチャート

【チャート】YJFX![外貨ex](ローソク1時間足)
>>>YJFX![外貨ex]のスペックをCHECK!!
>>>YJFX![外貨ex]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
5/30
(月)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
5/31
(火)
18:00 欧)消費者物価指数【速報値】 -0.2% -0.1%
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.1%/
+0.8%/
+0.1%/
+1.6%
+0.4%/
+0.6%/
+1.1%/
+0.2%/
+1.6%
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.66%/
+5.38%
+0.70%/
+5.06%
米)ミルウォーキー購買部協会景気指数 +0.66%/
+5.38%
+0.70%/
+5.06%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 50.4 50.7
23:00 米)消費者信頼感指数 94.2 96.0
23:30 米)ダラス連銀製造業活動指数 -13.9% -8.0%
6/1
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +2.3% -
22:45 米)製造業PMI 50.5 50.5
23:00 米)ISM製造業景況指数 50.8 50.5
米)建設支出 +0.3% +0.5%
27:00 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
6/2
(木)
20:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 +5.8% -
20:45 欧)ECB政策金利声明発表 0.00%
据え置き
0.00%
据え置き
21:15 米)ADP全国雇用者数 +15.6万人 +17.8万人
21:30 欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
米)新規失業保険申請件数 26.8万件 -
23:30 米)週間原油在庫 -422.6万 -
6/3
(金)
21:30 米)雇用統計:非農業部門雇用者数/失業率/平均時給 +16.0万人/
+5.0%/
+0.3%/
+2.5%
+16.0万人/
+4.9%/
+0.2%/
+2.5%
米)貿易収支 -404億 -419億
22:45 米)サービス業PMI 51.2 51.4
23:00 米)ISM非製造業景況指数 55.7 55.3
米)製造業受注指数 +1.1%/
(+1.5%)
+0.8%

今週は、政策金利関連としてECB政策金利発表、また週末に雇用統計を迎える週となっています。消費税増税の再延期についても今後の動きに注意をしています。

posted by FX主婦 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック