2016年05月23日

5/23~5/27★今週のポイント

まもなく開催される伊勢志摩サミット、公共事業費関連の支出が約60億円にものぼると偶然テレビで目にしました。経済効果は1100億円以上との試算が出ていますが、開催後の5年累計で効果が保証されるわけではないそうです。膨大な関連支出が先にあっての開催、サミットも波及効果も良い結果が出ますように。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(5/16~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は東京市場、108.6円台で開始後、日経平均株価の上昇に伴い108.97円台まで値を上げましたが再び108.6円台まで値を戻しました。欧州市場でも、108.6-9円間の推移となりました。NY市場では、原油高やNYダウの上昇を受けて109.092円まで上昇しました。NAHB住宅市場指数は弱い結果となったものの影響は限定的なものとなり109.031円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、109円を挟んだもみ合いが続きましたが引けにかけて日経平均株価が190円近く上昇すると109.35円台まで上昇しました。欧州市場では、原油高や欧州株の上昇を受けて109.647円まで上昇しました。NY市場では、NYダウの下落などを受けて108.842円まで値を下げました。売り一巡後は109円台を回復し、109.115円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価の下落に伴い108.730円まで下落しましたが、その後140円高まで上昇すると、109.38円台まで上昇しました。欧州市場では、FOMC議事録発表を前にドル買いが入り、一時109.598円まで上昇しました。NY市場では、FOMC議事録において、複数の参加者から6月利上げの可能性が指摘され、急速に利上げ期待が拡大し、ドルが買われました。ドル円は、110.258円まで上昇し110.199円で取引を終了しました。ユーロドルは1.121ドル台まで下落となりました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、110円付近の推移が続きましたが、米10年債利回りの上昇を背景にドル買いとなり110.382円まで上昇しました。欧州市場では、欧州株が下落したことなどを背景に109.776円まで下落しました。NY市場では、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁が「米経済は6月か7月に利上げを正当化するほど十分に力強い可能性がある」などと述べたことでドル買いとなり110円台を回復しました。しかしながらラッカー米リッチモンド連銀総裁が「6月利上げの根拠は強い」と見解を示したことや、フィッシャーFRB副議長が行った講演で6月利上げに言及しなかったことから上昇は小幅に抑えられ、109.961円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、仙台でのG7を前に動きにくさもみられ110円を挟んだ推移が続きました。欧州市場では、FOMC議事要旨のタカ派的な内容を受けた米早期利上げ期待から110.443円まで徐々に上昇しました。NY市場でも、ドル買いの流れは継続し、4月28日以来の高値となる110.583円まで上昇しました。その後はNYダウが上げ幅を縮めたことや週末を前に調整が見られ110.129円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
5/16
(月)
21:30 米)NY連銀製造業景気指数 -9.02 +6.50
23:00 米)NAHB住宅市場指数 58 59
29:00 米)対米証券投資 +781億 -
5/17
(火)
21:30 米)消費者物価指数【コア】 +0.4%/
+1.1%/
+0.2%/
+2.1%
+0.3%/
+1.1%/
+0.2%/
+2.1%
米)住宅着工件数/建設許可件数 117.2万件
111.6万件
112.5万件
113.5万件
22:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 +0.7%
75.4%
+0.3%
75.0%
5/18
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -1.6% -
23:30 米)週間原油在庫 +131.0万 -
27:00 米)FOMC議事録公表(4月26日・27日開催分) - -
5/19
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 27.8万件 27.5万件
米)フィラデルフィア連銀景況指数 -1.8 +3.5
米)シカゴ連銀全米活動指数 +0.10 -0.20
22:22 南ア)SARB政策金利声明発表 7.00%
据え置き
7.00%
据え置き
23:00 米)景気先行指数 +0.6% +0.4%
26:02 米)10年物価連動債入札 国債入札
5/20
(金)
23:00 米)中古住宅販売件数 545万件 540万件

※5/16~5/20米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/110.583/108.453/110.129(高値と安値の値幅は2.13)
ユーロドル/1.13487/1.11798/1.12198(高値と安値の値幅は0.01689)

0516-0520ドル円チャート 0516-0520ユーロドルチャート

【チャート】セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](ローソク1時間足)
>>>セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]のスペックをCHECK!!
>>>セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
5/23
(月)
22:45 米)リッチモンド連銀製造業指数 50.8 51.0
5/24
(火)
18:00 独)ZEW景況感調査 +11.2 +12.0
欧)ZEW景況感調査 +21.5 -
23:00 米)新築住宅販売件数 51.1万件 52.0万件
23:30 米)リッチモンド連銀製造業指数 +14 +10
26:00 米)2年債入札 国債入札
5/25
(水)
17:00 独)IFO景況指数 106.6 106.8
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 +0.4% -
22:00 米)住宅価格指数 +0.4% -
22:45 米)サービス業PMI【速報値】 52.8 53.2
23:00 加)BOC政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
23:30 米)週間原油在庫 +131.0万 -
24:30 米)2年物価連動債入札 国債入札
26:00 米)5年債入札
5/26
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 27.8万件 27.5万件
米)耐久財受注【除輸送用機器】 +0.8%/
-0.2%
+0.3%/
+0.2%
23:00 米) 中古住宅販売保留 +1.4%/
+2.9%
+0.4%/
+2.9%
24:00 米)カンザスシティ連銀製造業活動指数 -4 -4
26:00 米)7年債入札 国債入札
5/27
(金)
21:30 米)第1四半期GDP【改定値】/個人消費 +0.5%/
+1.9%
+0.8%/
+2.1%
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 95.8 95.8
26:15 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言

今週は、政策金利関連として25日にBOC政策金利発表が予定されています。26-27日には伊勢志摩サミットが開催され、各国首脳の発言にも注目が集まります。

posted by FX主婦 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック