2016年05月02日

5/2~5/6★今週のポイント

ゴールデンウィーク真っ只中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
各地でイベントが開催され、テレビを見ているだけでもワクワクします。今年は10連休という方も多いかと思いますが、事故などにはくれぐれも気をつけて、安全で楽しいお休みをお過ごしください。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(4/25~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は東京市場午前、先週末の急激な円安からの利益確定売りが見られ、111.8円台から111.145円まで続落しました。午後からは売りが一巡し、111.0-3円間のもみ合いとなり、欧州市場でもこの流れが継続しました。NY市場では、新築住宅販売件数が弱い結果となったことで110.8円台まで下落しました。その後は再び111.0-3円間のもみ合いとなり111.192円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、前日からの利益確定売りの動きとFOMCを控えた調整から110.850円まで下落し、もみ合いとなりました。欧州市場では、110.671円まで下落した後、緩やかに上昇し終盤にかけて111円台を回復しました。NY市場では、朝方発表された米経済指標が弱い結果となり再び111円台を割り込んだものの、米10年債利回りや原油相場が上昇すると111.474円まで徐々に値を上げました。引けにかけてはやや値を戻し111.303円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が続落して始まったことなどから111.030円まで値を下げました。その後は欧州市場にかけてFOMCを控えた様子見ムードとなり111.0-3円間のもみ合いとなりました。NY市場では、注目されたFOMC声明は、予想通り金利の現状維持を発表し性急な引き締めには動かないことを示唆した内容となりました。6月利上げの可能性を残した内容であったことから発表後に一時111.738円まで上昇したものの、上昇は限定的なものとなりました。引けにかけては調整からやや値を戻し111.454円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場午前、5・10日の実需の動きや日銀金融政策決定会合を控え緩和期待による円売りが強まり111.884円まで上昇しました。しかし、午後に入り日銀が追加緩和を見送り現行の金融政策の維持を決定したと報じられると、日経平均株価は600円超下落し、108.715円まで下落しました。欧州市場でも、追加緩和の具体的な示唆が無かったことから107.918円まで下落しました。NY市場では、108.7円台まで持ち直す場面も見られましたが上値の重い展開が続き108.083円で取引を終了しました。
【金曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は前日の流れが継続し、107.066円まで下落後、午後からは107.2円を挟んだもみ合いが続きました。欧州市場では、欧州株が下落して始まったことで106.904円まで下落しました。NY市場では、米10年債利回りが上昇したことで107.4円台まで持ち直す場面も見られましたが米経済指標が低調であったころから引けにかけては一段と値を下げ、105.900円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
4/25
(月)
17:00 独)IFO景況指数 106.6 107.0
23:00 米)新築住宅販売件数 51.1万件 52.0万件
米)ダラス連銀製造業活動指数 -13.9 -10.0
26:02 米)2年債入札 国債入札
4/26
(火)
21:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 +0.8%/
-0.2%
+1.9%/
+0.5%
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.66%/
+5.38%
+0.75%/
+5.50%
22:45 米)サービス業PMI【速報値】 52.1 52.5
23:00 米)消費者信頼感指数 94.2 95.6
米)リッチモンド連銀製造業指数 +14 +12
26:02 米)5年債入札 国債入札
4/27
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -4.1% -
23:00 米)中古住宅販売件数 +1.4%/
+2.9%
+0.5%/
+1.2%
23:30 米)週間原油在庫 +199.9万 -
27:00 米)FOMC政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
4/28
(木)
06:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 2.25%
据え置き
2.25%
据え置き
12:01 日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.7万件 26.0万件
米)第1四半期GDP【速報値】/個人消費 +0.5%/
+1.9%
+0.7%/
+1.7%
24:00 米)カンザスシティ連銀製造業活動指数 -4 -
26:01 米)7年債入札 国債入札
4/29
(金)
18:00 欧)消費者物価指数【速報値】 -0.2% ±0.0%
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.1%/
+0.8%/
+0.1%/
+1.6%
+0.3%/
+0.2%/
+0.8%/
+0.1%/
+1.5%
米)第1四半期雇用コスト指数 +0.6% +0.6%
22:00 米)ミルウォーキー購買部協会景気指数 51.05 -
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 50.4 53.0
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 89.0 90.2

※4/25~4/29米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/111.884/105.842/105.900(高値と安値の値幅は6.042)
ユーロドル/1.14676/1.12130/1.14567(高値と安値の値幅は0.02546)

0425-0429ドル円チャート 0425-0429ユーロドルチャート

【チャート】ヒロセ通商[LIONFX](ローソク1時間足)
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のスペックをCHECK!!
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
5/2
(月)
22:45 米)製造業PMI 50.8 50.8
23:00 米)ISM製造業景況指数 51.8 51.4
米)建設支出 -0.5% +0.5%
5/3
(火)
13:30 豪)RBA政策金利声明発表 2.00%
据え置き
2.00%
据え置き
23:00 米)IBD/TIPP景気楽観指数 46.3 46.5
5/4
(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数 -4.1% -
21:15 米)ADP全国雇用者数 +20.0万人 +19.5万人
21:30 米)貿易収支 -471億 -411億
米)第1四半期非農業部門労働生産【速報値】/単位労働費用【速報値】 -2.2%/
+3.3%
-1.3%/
+3.0%
22:45 米)サービス業PMI【確報値】 52.1 52.1
23:00 米)ISM非製造業景況指数 54.5 54.7
米)製造業受注指数 -1.7% +0.6%
23:30 米)週間原油在庫 +199.9万 -
5/5
(木)
20:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 +31.7% -
21:30 米)新規失業保険申請件数 21.5万件 20.0万件
5/6
(金)
21:30 米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率/平均時給 +21.5万人/
5.0%/
+0.3%/
+2.3%
+21.5万人/
5.0%/
+0.3%/
+2.3%
28:00 米)消費者信用残高 +172.17億 +160.00億

今週は、日本ではゴールデンウィーク、また本日は東南アジア各国でメーデーの振替で祝日となっています。週末の米雇用統計での動きに注目しています。

posted by FX主婦 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック