2015年11月02日

11/2~11/6★今週のポイント

こんにちは。
週末のハロウィン、渋谷の様子をテレビで見ました。経済効果は昨年時点でバレンタインを抜いたそうです。皆のはっちゃけぶりに日本人はストレスを抱え過ぎなんじゃ、、と感じてしまいました。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(10/26~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は東京市場午前、日経平均株価が8月末以来の19000円台を回復したものの利益確定売りから120.06円台まで下落しました。午後からは一服し120.1円台付近の推移が続きました。欧州市場では、浜田宏一内閣官房参与の発言を受けて一時120.780円まで下落する場面も見られましたが、その後は米10年債利回りの上昇とともに121.15円台まで値を戻しました。NY市場では、米新築住宅販売件数が予想を大幅に下回ったことで一時120.6円台まで下落しました。その後は徐々に値を上げ121.090円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価や上海総合指数の下落を受けてリスク回避の流れとなり120.48円台まで円高が進みました。欧州市場では、対欧州通貨を中心に買いの動きが強まり120.33円台まで下落しました。NY市場では、米経済指標が低調な結果となり一時120.16円台まで下落しましたがFOMCを前にして積極的な売買は控えられ、120.453円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、FOMCを控え120.3-4円付近の推移が続きました。欧州市場では、やや値を下げたものの120.2-4円間の小動きが続きました。NY市場では、FOMC声明が実上のゼロ金利を予想通り据え置きを発表し一時120.03円台まで売り込まれましたが、次回12月会合での利上げを示唆する内容であったことからその後ドル買いとなりました。ドル円は120.0円台から121.258円まで大幅に上昇、ユーロドルは1.1ドル台から1.08ドル台まで下落となりました。引けにかけてはやや値を戻し121.092円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、鉱工業生産が好結果となったことで翌日の日銀金融政策決定会合での追加緩和期待が後退し120.58円台まで下落しました。欧州市場では、欧州の景況感が好調でユーロが買い戻され、クロス円に支えられて120.99円台まで上昇しました。NY市場では、GDP速報値が弱い結果となったものの、同時に発表された米新規失業保険申請件数が強い内容だったことで121円台を回復しました。121.18円台まで徐々に値を上げ121.077円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、日銀が予想通り据え置きを決定しましたが一部で緩和期待が見られたことから120.319円まで下落しました。その後は日経平均株価が260円超高となったことや、次回以降の会合での追加緩和期待から持ち直し、121.490円まで上昇しました。欧州市場では、黒田総裁が会見で具体的な追加緩和の提案は無かったなどと発言したことなどから120.280円まで下値を広げました。NY市場では、米経済指標がまちまちの結果となり120.3円台まで下落後120.7円台まで上昇しました。終盤では120.6円付近の推移が続き120.621円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
10/26
(月)
18:00 独)IFO景況指数 108.2 108.0
23:00 米)新築住宅販売件数 46.8万件 55.0万件
10/27
(火)
21:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 -1.2%
-0.4%
-1.3%/
±0.0%
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.11%/
+5.09%
+0.10%/
+5.10%
22:45 米)マークイットサービス業PMI【速報値】 54.4 55.1
23:00 米)消費者信頼感指数 97.6 102.5
米)リッチモンド連銀製造業指数 -1 -3
10/28
(水)
23:30 米)週間原油在庫 +337.6万 -
24:38 米)2年物価連動債入札 国債入札
26:02 米)5年債入札 国債入札
27:00 米)FOMC政策金利声明発表 0.25%
据え置き
0.25%
据え置き
29:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 2.75%
据え置き
2.75%
据え置き
10/29
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 26.0万件 26.3万件
米)第3四半期GDP【速報値】/個人消費 +1.5%/
+3.2%
+1.6%/
+3.3%
23:00 米)中古住宅販売保留 -2.3%/
+2.5%
+1.0%/
+7.9%
26:02 米)7年債入札 国債入札
10/30
(金)
12:22 日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
19:00 欧)消費者物価指数【速報値】 -0.1% +0.1%
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.1%/
+0.1%/
+0.2%/
+0.1%/
+1.3%
+0.2%/
+0.2%
+0.2%/
+0.2%/
+1.4%
米)第3四半期雇用コスト指数 +0.6% +0.6%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 56.2 49.5
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 90.0 92.5

※10/26~10/30米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/121.517/120.033/120.621(高値と安値の値幅は1.484)
ユーロドル/1.10959/1.08971/1.10069(高値と安値の値幅は0.01988)

1026-1030ドル円チャート 1026-1030ユーロドルチャート

【チャート】IG証券[標準取引](ローソク1時間足)
>>>IG証券[標準取引]のスペックをCHECK!!
>>>IG証券[標準取引]のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
11/2
(月)
23:45 米)マークイット製造業PMI【確報値】 54.0 54.0
24:00 米)ISM製造業景況指数 50.2 50.0
米)建設支出 +0.7% +0.5%
11/3
(火)
12:30 豪)RBA政策金利声明発表 2.00%
据え置き
2.00%
据え置き
24:00 米)製造業受注指数 -1.7% -0.9%
米)IBD/TIPP景気楽観指数 47.3 47.4
11/4
(水)
22:15 米)ADP全国雇用者数 +20.0万人 +18.0万人
22:30 米)貿易収支 -483.3億 -410.0億
23:45 米)マークイットサービス業PMI【確報値】 54.4 54.5
24:00 米)ISM非製造業景況指数 56.9 56.5
米)イエレンFRB議長の議会証言 要人発言
24:30 米)週間原油在庫 +337.6万 -
26:00 米)2年債入札 国債入札
11/5
(木)
21:00 英)BOE政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
英)BOE資産購入枠発表 3750億
据え置き
3750億
据え置き
21:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 +93.2% -
22:30 米)新規失業保険申請件数 26.0万件 26.0万件
米)第3四半期非農業部門労働生産性【速報値】/単位労働費用【速報値】 +3.3%/
-1.4%
-0.3%/
+2.3
11/6
(金)
22:30 米)雇用統計:非農業部門雇用者数/失業率 +14.2万人/
5.1%
+18.0万人/
5.1%
29:00 米)消費者信用残高 +160.18億 +177.50億

今週は、雇用統計が控えています。米国はサマータイムが終了し、指標発表時間が1時間遅くなるので注意しましょう。

posted by FX主婦 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック