2015年10月19日

10/19~10/23★今週のポイント

全自動洗濯物折り畳み機がついに開発されたとニュースで見ました。
開発した会社によると人が一生のうち洗濯に費やす時間は1万8000時間、そのうち9000時間は洗濯物を畳んで片付ける作業に費やしているそうです。9000時間というと1年以上、ちりも積もれば・・ですね。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(10/12~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
日本と北米が祝日で休場。ドル円は東京時間から欧州市場にかけて120.1-2円間の推移となりました。NY市場では、市場取引が薄い中、原油安などを受けて一時約3週間ぶり安値水準となる119.891円まで下落しました。引けにかけては買い戻され120.040円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が200円超下落したことなどを受けてリスク回避の円買いとなり119.8円付近の推移が続きました。欧州市場では、英消費者物価指数が弱い結果となったことや英中銀金融政策委員がインフレの下方リスクを指摘したことでポンドが売られ、ポンド円も大幅下落となりました。これを受けてドル円も、119.6円台まで値を下げました。NY市場では、下げて始まった米株の買戻しが強まり、米10年債利回りの低下幅が縮小すると、ドル高円安の動きとなりました。ドル円は119.8円付近の推移が続き110.784円で取引を終了しました。ポンドは、対ドルを中心に買戻しが優勢となりました。
【水曜日】
ドル円は東京市場午前、日経平均株価が一時380円超安となったことで119.478円まで下落しました。午後には119.6円台まで回復しましたが日経平均株価が400円超安となり上値の重い展開となりました。欧州市場では、軟調な欧州株を受けて119.4円付近の推移となりました。NY市場では、米小売売上高、生産者物価指数がともに予想を下回り119.200円まで下落しました。また米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、製造業部門や観光部門はドル高の影響を受けて低調だったとの見方が示されました。米早期利上げ期待を高める内容ではなかったことでドル売りが強まり、一時約7週間ぶり安値水準となる118.630円まで下落となりました。引けにかけては若干値を戻し118.839円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場午前、118.8円付近の推移が続きましたが、続落して始まった日経平均株価がプラスに転じると119.1円台まで上昇しました。欧州市場では、昨日からの年内利上げ期待後退の流れもありドル売りが進み118.060円まで下落しました。NY市場では、消費者物価指数が予想を上回り、新規失業保険申請件数が好結果となったことでドル買いとなりました。ポジション調整で一旦戻される展開も見られたものの118.8円台まで回復し118.885円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、指標の好結果からのドル買い基調が継続し、また日経平均株価が一時300円超高となったことで119.24円台まで上昇しました。欧州市場でも119.1円付近の推移が続きました。NY市場では、序盤に週末前の調整が入り一時118.9円台まで下落しました。その後はミシガン大消費者信頼感指数が好結果となり米10年物国債利回りもプラス圏に持ち直すと、後退していた年内利上げ観測が回復し119.658円まで上昇しました。引けにかけては材料難となり119.486円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
10/12
(月)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
10/13
(火)
18:00 独)ZEW景況感調査 +1.9 +7.0
欧)ZEW景況感調査 +30.1 -
05:19 米)JPモルガン・チェースの決算発表 大手金融決算
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
10/14
(水)
20:00 米)バンク・オブ・アメリカの決算発表 大手金融決算
21:00 米)ウェルズ・ファーゴの決算発表 大手金融決算
21:30 米)小売売上高【除自動車】 +0.1%/
-0.3%/
+0.2%/
+0.1%/
米)生産者物価指数【コア】 -0.5%/
-1.1%/
-0.3%/
+0.8%/
-0.2%/
-0.8%/
+0.1%/
+1.2%/
23:00 米)企業在庫 ±0.0% +0.1%
03:00 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
10/15
(木)
20:34 米)ゴールドマン・サックスの決算発表 大手金融決算
20:59 米)シティ・グループの決算発表 大手金融決算
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.5万件 -
米)NY連銀製造業景気指数 -11.36 -7.50
米)消費者物価指数【コア】 -0.2%/
±0.0%/
+0.2%/
+1.9%/
-0.2%/
-0.1%/
+0.1%/
+1.8%/
23:00 米)フィラデルフィア連銀景況指数 -4.5 -2.0
00:00 米)週間原油在庫 +756.2万 -
04:30 米)財政収支 +911.0億 -
10/16
(金)
22:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 -0.2%/
77.5%
-0.2%/
77.3%
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 92.1 88.5
05:00 米)対米証券投資 +204億 -

※10/12~10/16米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/120.262/118.060/119.486(高値と安値の値幅は2.202)
ユーロドル/1.14948/1.13336/1.13523(高値と安値の値幅は0.01612)

1012-1016ドル円チャート 1012-1016ユーロドルチャート

【チャート】FXプライム byGMO(ローソク1時間足)
>>>FXプライム byGMOのスペックをCHECK!!
>>>FXプライム byGMOのクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
10/19
(月)
未定 米)JPモルガン・チェースの決算発表 大手金融決算
23:00 米)NAHB住宅市場指数 62 62
10/20
(火)
21:30 米)住宅着工件数/建設許可件数 112.6万件/
117.0万件
114.7万件/
116.5万件
00:00 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
10/21
(水)
23:00 加)BOC政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
23:30 米)週間原油在庫 +756.2万 -
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
10/22
(木)
20:45 欧)ECB政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
21:30 欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.5万件 26.5万件
22:00 米)住宅価格指数 +0.6% +0.4%
23:00 米)中古住宅販売件数 531万件 537万件
米)景気先行指数 +0.1% ±0.0%
26:00 米)30年物価連動債入札 国債入札
10/23
(金)
未定 米)ステート・ストリートの決算発表 大手金融決算
22:45 米)マークイット製造業PMI【速報値】 53.1 53.1

今週は、米経済指標発表は少なめの週となっていますが、政策金利関連として、水曜にBOC、木曜にECB政策金利発表が予定されています。月曜日の中国第3四半期GDPにも注目しています。

posted by FX主婦 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック