2015年09月28日

9/28~10/2★今週のポイント

シルバーウィークに近場の海外へ行ってきました。以前も行ったことのある場所だったのですが、驚いたことは中国人がすごく増えていたこと。国慶節が近いからかもしれませんが、中国は本当に不景気なのか、、と感じました。
>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(9/21~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は東京時間、市場参加者が少なく119.8円付近の推移となりました。欧州市場では、ブラード米セントルイス連銀総裁が「10月にも利上げの可能性」と発言したことでドル買いが優勢となり120.578円まで上値を伸ばしました。NY市場では、米中古住宅販売件数が予想を下回ったことで一時120.271円まで下落しましたが、米10年債利回りが上昇すると130.661円まで上昇しました。その後も堅調な推移が続き120.557円で取引を終了しました。
【火曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は東京時間午前、120.3円台まで円が買い戻されましたが午後に入ると再び120.5円台まで上昇しました。欧州市場では、原油安やフォルクスワーゲンの不正問題などを受けて欧州株が大幅下落、リスク回避の円買いとなり119.69円台まで下落しました。その後は120.0円台まで持ち直しましたが、NY市場に入り米10年債利回りの低下などを受けて再び119.69円台まで下落しました。米10年債利回りが上昇に転じると120.17円台まで上昇し堅調な推移が続き120.158円で取引を終了しました。ユーロドルは1.11台前半まで下落となりました。
【水曜日】
東京市場が祝日で休場。ドル円は東京時間、ロックハート米アトランタ連銀総裁が「利上げのタイミングは非常に近いと感じる」と発言したことでドル買いが強まり120.325円まで上昇しました。その後中国財新製造業がPMI6年半ぶりの低水準を記録すると円買いの動きとなり119.626円まで下落しました。欧州市場では、前日に値を落とした欧州株式が反発したことでリスク警戒感が後退し120.3円台まで買戻されました。NY市場では、米マークイット製造業PMIが悪化予想に反して8月と同水準にとどまったことで一時ドル買が優勢となり120.54円台まで上昇しました。しかしその後はリスク回避の動きから一時120.0円台まで下落、120.2円付近の推移が続き120.273円で取引を終了しました。ユーロドルは、ドラギ欧州中銀(ECB)総裁が「追加緩和策の是非を判断するには一段の時間が必要」との見解を示したことで2週間半ぶりの安値となる1.1105ドルから1.121ドル台まで反発しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、120.2円付近の推移が続きましたが日経平均株価が440円超安となると一時119.8円台まで下落し120円を挟んだ値動きとなりました。欧州市場では、欧州株式が反落したことを受けて119.5円台まで下落、NY市場に入ると、NYダウ平均が260ドル超下落したことなどから119.222円まで下落しました。その後はNYダウ平均が下げ幅を縮小したことでリスク警戒感が和らぎ再び120円を挟んだ値動きとなり120.083円で取引を終了しました。ユーロドルは、独Ifoが予想に反して改善したことからユーロ買いとなり1.129ドル台まで上昇しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、イエレンFRB議長がマサチューセッツ州で行われた講演で年内の利上げが適切との認識を示したことで120.38円近辺まで上昇しました。その後は一旦120.0円台まで調整が入りましたが、欧州市場に入ると121.12円台まで上昇しました。NY市場では、GDP確報値の上方修正がドル買いを後押しし、121.234円まで上昇しました。その後は調整となり120.584円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
9/21
(月)
23:00 米)中古住宅販売件数 531万件 550万件
9/22
(火)
22:00 米)住宅価格指数 +0.6% +0.4%
23:00 米)リッチモンド連銀製造業指数 -5 +2
02:04 米)2年債入札 国債入札
9/23
(水)
22:00 欧)ドラギECB総裁の発言 要人発言
22:21 南ア)SARB政策金利声明発表 6.00%
据え置き
6.00%
据え置き
22:45 米)マークイット製造業PMI【速報値】 53.0 52.8
23:30 米)週間原油在庫 -192.5万 -
01:34 米)2年物価連動債入札 国債入札
02:02 米)5年債入札 国債入札
9/24
(木)
17:00 独)IFO景況指数 108.5 -
21:30 米)新規失業保険申請件数 26.7万件 27.2万件
米)耐久財受注【除輸送用機器】 -2.0%/
±0.0%
-2.3%/
+0.1%
23:00 米)新築住宅販売件数 55.2万件 51.5万件
02:02 米)7年債入札 国債入札
9/25
(金)
06:00 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
23:00 米)第2四半期GDP【確報値】/個人消費 +3.7%/
+3.1%
+3.9%/
+3.9%
22:45 米)マークイット製造業PMI【速報値】 55.6 55.6
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 87.2 86.5

※9/21~9/25米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/121.234/119.222/120.584(高値と安値の値幅は2.012)
ユーロドル/1.13300/1.11050/1.11968(高値と安値の値幅は0.0225)

0921-0925ドル円チャート 0921-0925ユーロドルチャート

【チャート】FXトレーディングシステムズ(ローソク1時間足)
>>>FXトレーディングシステムズのスペックをCHECK!!
>>>FXトレーディングシステムズのクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
9/28
(月)
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.4%/
+0.3%
+0.3%/
+0.1%
+1.2%
+0.4%/
+0.3%
+0.3%/
+0.1%
+1.3%
23:00 米)中古住宅販売保留 +0.5%/
+7.2%
+0.4%/
+7.8%
9/29
(火)
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.12%/
+4.97%
+0.10%/
+5.15%
23:00 米)消費者信頼感指数 101.5 96.0
9/30
(水)
18:00 欧)消費者物価指数【速報値】 +0.1% ±0.0%
21:15 米)ADP全国雇用者数 50.7万件
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 53.0 52.8
23:30 米)週間原油在庫 -192.5万 -
04:00 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
10/1
(木)
20:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 +2.9%
21:30 米)新規失業保険申請件数 26.7万件 27.2万件
22:45 米)マークイット製造業PMI【確報値】 53.0 53.0
23:00 米)ISM製造業景況指数 51.1 50.6
米)建設支出 +0.7% +0.6%
10/2
(金)
21:30 米)雇用統計:非農業部門雇用者数/失業率 +17.3万人/
5.1%
+20.2万人/
5.1%
23:00 米)製造業受注指数 +0.4% -1.3%

今週は、9月最終週となり日本では半期末、海外でも四半期末となります。週末の米雇用統計を筆頭に、米経済指標結果や中国・欧州の株式市場動向などから、米利上げ時期を探ることになりそうです。

posted by FX主婦 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック