2015年07月27日

7/27~7/31★今週のポイント

39歳で宇宙飛行士に転身した、油井さんが宇宙に飛び立ちました。ご実家はレタス農家なんですね。小学校の卒業文集に「20年後ぐらいには火星に行っている」と書かれていたそうです。かっこいいですねー!

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(7/20~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
東京市場が海の日で休場。ドル円は東京時間、124.1円付近の動きが続きました。欧州市場では、目立った材料は見られないものの金相場が5年ぶりの安値水準となったこと等がドルを支援し、一時4週間半ぶり高値となる124.37円まで上昇しました。NY市場では、ブラード米セントルイス連銀総裁が「9月利上げ開始の可能性は50%以上」と発言したことで米債利回りも上昇し、124.2円付近を堅調に推移しました。また、NZドルが、キーNZ首相の「NZ経済には強い需要が観測されている」との発言が好感され全面高となりました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、3連休明けの仲値に向けたドル買い圧力や日経平均株価が140円超高となったことを受け、124.47円まで徐々に値を上げました。買い一巡後は、利益確定の売りなどから上値が重い展開となり、欧州市場では124.3円付近を推移しました。NY市場では、米企業決算が弱めで米株に調整売りが入ったことなどからドル売りが優勢となりました。ドル円は一時123.7円台まで急落し123.87円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価の260円超下落や上海総合指数がマイナス圏となったことを受けて123.6円台まで下落しました。また、ポンドが、BOE議事録で複数の委員が利上げ支持の方向であることが示されたことで上昇しました。これを受けてドル売りが進んだことに伴い、ドル円は一時123.56円まで下落しました。欧州市場では、再びドル買いとなりましたが123.6-8円付近の推移となりました。NY市場では、米中古住宅販売件数が予想を上回る好結果となったことで、一時124.13円まで上昇しました。その後は米10年債利回りが低下したことで、上値は限定的となり123.93円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が110円超上昇したことで124.1円台まで上昇し、124円を挟んだ推移が続きました。欧州市場では、ユーロが、ギリシャ議会が金融支援交渉再開の条件となっていた財政改革法案を可決したことで、1.1017ドルまで上昇しました。ドル円は123.65円まで下落となりました。NY市場では、米経済指標が好結果となったことで124.17円まで上昇しました。その後は米10年債利回りの低下や原油先物相場の下落で、ドル売りとなり123.86円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、一時124円台を回復する場面も見られましたが、概ね123.8-9円台で推移しました。中国の製造業統計が1年3ヶ月ぶりの低水準となったことで、豪ドルが6年ぶりの水準まで下落となりました。欧州市場でも、ドル円は124円手前でのもみ合いが続きました。独仏ユーロ圏PMIが弱く、ユーロやポンドが売られました。NY市場では、米新築住宅販売件数が弱い結果となったことや、政策金利見通しに慎重姿勢が見られたことでドル売りとなり123.58円まで下落しました。その後は少し値を戻しましたが週末を控えて商いが薄く123.80円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
7/20
(月)
20:00 米)モルガン・スタンレーの決算発表 大手金融決算
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
7/21
(火)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
7/22
(水)
 
22:00 米)住宅価格指数 +04% +0.5%
23:00 米)中古住宅販売件数 549万件 540万件
23:30 米)週間原油在庫 +246.8万 -
06:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 0.25%
利下げ
3.00%
0.25%
利下げ
3.00%
7/23
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.5万件 27.5万件
22:22 南ア)SARB政策金利声明発表 0.25%
利上げ
6.00%
5.75%
据え置き
23:00 米)景気先行指数 +0.6% +0.1%
02:05 米)10年物価連動債入札 国債入札
7/24
(金)
22:45 米)マークイット製造業PMI【速報値】 53.8 53.7
23:00 米)新築住宅販売件数 48.2万件 54.0万件

※7/20~7/24米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/124.47/123.56/123.80(高値と安値の値幅は0.91)
ユーロドル/1.1017/1.0807/1.0981(高値と安値の値幅は0.021)

0720-0724ドル円チャート 0720-0724ユーロドルチャート

【チャート】外為オンライン(ローソク1時間足)
>>>外為オンラインのスペックをCHECK!!
>>>外為オンラインのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
7/27
(月)
17:00 独)IFO景況指数 107.4 107.2
21:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 -1.8%
(-2.2%)/
+0.5%
(±0.0%)
+3.2%/
+0.4%
7/28
(火)
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.30%/
+4.91%
+0.20%/
+5.2%
22:45 米)マークイットサービス業PMI【速報値】 54.8 55.0
23:00 米)消費者信頼感指数 101.4 100.0
米)リッチモンド連銀製造業指数 +6 +6
02:00 米)2年債入札 国債入札
7/29
(水)
 
23:00 米)中古住宅販売保留 +0.9%/
+8.3%
-
23:30 米)週間原油在庫 +246.8万 -
00:30 米)2年物価連動債入札 国債入札
02:00 米)5年債入札 国債入札
03:00 米)FOMC政策金利声明発表 0.25%
据え置き
0.25%
据え置き
7/30
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 25.5万件 -
米)第2四半期GDP【速報値】/個人消費 -0.2%/
+2.1%
+2.5%/
+2.7%
02:00 米)7年債入札 国債入札
7/31
(金)
18:00 欧)消費者物価指数【速報値】 +0.2% +0.2%
21:30 米)第2四半期雇用コスト指数 +0.7% +0.6%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 49.4 50.5
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 93.3 94.0

今週は、29日にFOMC政策金利発表が予定されています。FRBの利上げに関しては、早くても9月利上げの見方が濃厚になっていますが、金融機関や企業の決算なども控え、短期的な動きには注意をしたいと思います

posted by FX主婦 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック