2015年07月21日

7/20~7/24★今週のポイント

こんにちは。
あっという間に過ぎた3連休明けの本日、中国・近畿・東海に続き、北陸でも梅雨明けが発表されました。これから夏本番ですね!

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(7/13~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は東京市場、週末にギリシャ金融支援協議が決着せずユーロ圏首脳会合が10時間を越えて継続中であることを受けて、122.403円まで下落しました。欧州市場では、17時間に及ぶ首脳会合でギリシャ支援条件が合意されユーロ買いリスク選好の円売りとなり、ドル円は123.47円台まで、ユーロドルは1.11950ドルまで上昇しました。NY市場では、ドル買いが強まり123.514円まで上昇し、高値圏での推移が続きました。ユーロは材料出尽くしで1.10割れとなりました。
【火曜日】
ドル円は東京市場、日経平均株価が340円超上昇すると一時123.713円まで上昇し、その後は上海総合指数が2%近く下落したことなどを受けて一時123.1円台まで下落しました。欧州市場では、123.4円付近での推移が続きました。NY市場では、小売売上高が予想外に弱い結果となったことでドルがユーロや円に対して弱含みました。これを受けて、ドル円は一時122.905円まで下落しましたが、すぐに再び123.4円台まで持ち直しました。その後は方向感に欠ける動きとなり123.358円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、123.4円付近での推移が続きました。欧州市場では、一時123.6円台まで上昇しましたがイエレン議長の議会証言を前に123.5円付近での様子見となりました。NY市場では、米経済指標が予想を上回る好結果となったことでドルが上昇しました。その後のイエレンFRB議長による議会証言では、年内の利上げが適切と発言されたことで、早ければ9月にも利上げが行われるとの観測が強まり123.954円まで上昇しました。その後は、米長期金利の低下などを受けて徐々に下落し、123.760円で取引を終了しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場、NZドルが低調なNZ経済指標をきっかけに売られ、米ドル買いとなったことを受けて、123.95円台まで上昇しました。欧州市場では、利上げ期待から米金利が上昇したことでドル全面高となり3週間ぶりとなる124円台回復まで徐々に値を上げました。NY市場では、米新規失業保険申請件数が強い結果となったことを受け、124.161円まで上昇しました。その後、フィラデルフィア連銀指数が予想外に弱く、一時123.844円まで下落しましたがすぐに124円台を回復しました。引けにかけては高値圏での推移となり124.093円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、好調な日経平均株価や5・10日に伴う実用筋の円売りドル買いなどを受けて124.215円まで徐々に値を上げました。買い一巡後は、利益確定売りなどから123.9円台まで徐々に値を下げました。欧州市場では、米10年債利回りの低下を受け一時123.900円まで下落しましたが、三連休を前に動きは鈍く124円を挟んだ動きが続きました。NY市場では、米住宅着工件数と米建設許可件数が予想を大幅に上回ったことを受けて124.146円まで上昇しました。その後は方向感に欠く動きとなり124.038円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
7/13
(月)
03:00 米)財政収支 +518億 +500億
7/14
(火)
18:00 独)ZEW景況感調査 +29.7 +29.0
欧)ZEW景況感調査 +42.7 -
20:00 米)JPモルガン・チェースの決算発表 大手金融決算
21:00 米)ウェルズ・ファーゴの決算発表 大手金融決算
21:30 米)小売売上高【除自動車】 -0.3%/
-0.1%
+0.3%/
+0.6%
米)輸入物価指数 -0.1%/
-10.0%
-0.1%/
-9.8%
23:00 米)企業在庫 +0.3% +0.2%
7/15
(水)
 
12:18 日)BOJ政策金利声明発表 - -
12:21 日)BOJ半期展望レポート(中間評価)公表 - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
20:00 米)バンク・オブ・アメリカの決算発表 大手金融決算
21:30 米)NY連銀製造業景気指数 +3.86 +3.00
米)生産者物価指数【コア】 +0.4%/
-0.7%/
+0.3%/
+0.8%
+0.3%/
-0.9%/
+0.1%/
+0.7%
22:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 +0.3%/
78.4%
+0.2%/
78.1%
23:00 加)BOC政策金利声明発表 0.25%
利下げ
0.50%
0.75%
据え置き
加)BOC金融政策報告書 - -
米)イエレンFRB議長の議会証言【半期に一度の議会証言・1日目】 要人発言
23:30 米)週間原油在庫 -434.6万 -
03:00 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
  20:37 米)ゴールドマン・サックスの決算発表 大手金融決算
7/16
(木)
20:45 欧)ECB政策金利声明発表 0.05%
据え置き
0.05%
据え置き
21:30 欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
米)新規失業保険申請件数 28.1万件 28.3万件
21:00 米)シティ・グループの決算発表 大手金融決算
23:00 米)フィラデルフィア連銀景況指数 +5.7 +12.0
米)NAHB住宅市場指数 60 59
03:30 米)イエレンFRB議長の議会証言【半期に一度の議会証言・2日目】 要人発言
05:00 米)対米証券投資 +930億 -
7/17
(金)
21:30 米)消費者物価指数【コア】 +0.3%/
+0.1%/
+0.2%/
+1.8%
+0.3%/
+0.2%/
+0.2%/
+1.8%
米)住宅着工件数/建設許可件数 117.4万件/
134.3万件
112.3万件/
115.0万件
23:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 93.3 96.5

※7/13~7/17米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/124.215/122.403/124.038(高値と安値の値幅は1.812)
ユーロドル/1.11950/1.08259/1.08269(高値と安値の値幅は0.03691)

0713-0717ドル円チャート 0713-0717ユーロドルチャート

【チャート】FXトレードフィナンシャル[FXTFミラートレーダー](ローソク1時間足)
>>>FXトレードフィナンシャル[FXTFミラートレーダー]のスペックをCHECK!!
>>>FXトレードフィナンシャル[FXTFミラートレーダー]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
7/20
(月)
20:00 米)モルガン・スタンレーの決算発表 大手金融決算
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
7/21
(火)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
7/22
(水)
 
22:00 米)住宅価格指数 +0.3% +0.5%
23:00 米)中古住宅販売件数 535万件 540万件
23:30 米)週間原油在庫 -434.6万 -
06:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 0.25%
利下げ
3.25%
0.25%
利下げ
3.00%
7/23
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 28.1万件 27.5万件
23:00 米)景気先行指数 +0.7% +0.1%
未定 南ア)SARB政策金利声明発表 5.75%
据え置き
5.75%
据え置き
02:00 米)10年物価連動債入札 国債入札
7/24
(金)
22:45 米)マークイット製造業PMI【速報値】 53.6 53.7
23:00 米)新築住宅販売件数 54.6万件 54.0万件

今週は、先週のBOCに続きRBNZの0.25%の追加利下げが予想されています。金融機関やハイテク関連企業の決算も数多く発表されます。

posted by FX主婦 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック