2015年02月09日

2/9~2/13★今週のポイント

こんにちは。 2月の雇用統計も終わりました。市場の予想を上回る結果を受け、ドル円は発表後からは2円近い円安となり週明けの本日も118円台後半での推移が続いています。

>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(2/2~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は、日曜日発表の軟調な中国製造PMIなどを受けて早朝に116円台半ばまでドルが売られる場面もありましたが東京勢の本格参加後からは反発し117.868円まで上昇しました。その後は117.6円付近での推移となり、NY市場に入ると米景気指標が低調であったことからドル売りの流れとなりドル円も117.1円台まで低下しました。引けに掛けてはNYダウ平均が200ドル超上昇したことでドルも買い戻され117.616円で取引を終了しました。
【火曜日】
東京市場、豪中銀が政策金利を過去最低の2.25%に引下げたことを受け、発表後に豪ドルドルは約6年ぶりの安値となる0.7627ドルまで急落となりました。ドル円は、日経平均株価の下落や豪ドル円が売られたことを受けて一時116.879円まで下落しました。欧州市場では、ギリシャ新政権がユーロ圏諸国への債務減免主張を撤回したことでギリシャ債務問題の懸念が和らぎ、ユーロが買い戻されました。ドル円もユーロ円やポンド円の買いなどに支えられ117円台半ばを回復、118円への上値は抑えられ117.541円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、日経平均が一時400円超の大幅高となったことを受けて117.987円まで上昇しました。午後からは利益確定売りや米10年債利回りの低下などから117.240円まで下落しました。その後、ECB(欧州中銀)がギリシャ国債などを担保として認める特例措置の解除を発表するとギリシャ債務懸念が再燃しユーロが急落、ドル円も117.07円まで下落しました。
【木曜日】
ギリシャ債務懸念からのユーロ売りの流れが継続し、ドル円は一時117.023円まで下落しました。午後からは日本の30年債入札が好調であったことからドル円にも買い戻しが入り117.4円台まで上昇しました。その後ユーロは、東京午前の弱い流れから買い戻しが鮮明になり1.15ドル手前まで上昇しました。ドル円は、雇用統計を前に大きな値動きにはならず117.508円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は、117.30円を挟んだ揉み合いが続きましたが、ユーロ円の売りなどから一時117.1円付近まで下落する場面も見られました。注目された米雇用統計は、予想以上に力強い内容となり、ドルは主要通貨に対して上昇しました。ドル円は3週間半ぶりの高値となる119.212円まで上昇し、その後も高値圏での推移となり118.961円で取引を終了しました。

日付 時刻 内容 結果値 市場
予想値
2/2
(月)
22:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレータ +0.3%/
-0.3%/
+0.7%/
±0.0%/
+1.3%
+0.2%/
-0.2%/
+0.8%/
±0.0%/
+1.3%
23:45 米)マークイット製造業PMI【確報値】 53.9 54.0
00:00 米)ISM製造業景況指数 53.5 54.8
米)建設支出 +0.4% +0.8%
2/3
(火)
12:30 豪)RBA政策金利声明発表 0.25%
利下げ
2.25%
0.25%
据え置き
00:00 米)製造業受注指数 -3.4% -2.0%
2/4
(水)
22:15 米)ADP全国雇用者数 +21.3万人 +22.0万人
23:45 米)マークイットサービス業PMI【確報値】 54.2 -
00:00 米)ISM非製造業景況指数 56.7 56.5
00:30 米)週間原油在庫 +633万 -
2/5
(木)
21:00 英)BOE政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
英)BOE資産購入枠発表 3750億
据え置き
3750億
据え置き
21:30 米)チャレンジャー人員削減予定数 +17.6% -
22:30 米)新規失業保険申請件数 27.8万件 -
米)第4四半期非農業部門労働生産性【速報値】/単位労働費用 -1.8%/
+2.7%
+0.9%/
+1.0%
米)貿易収支 -466億 -380億
2/6
(金)
22:30 米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率 +25.7万人/
5.7%
+23.1万人/
5.6%
05:00 米)消費者信用残高 +147.55億 +150.00億

※2/2~2/6米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ
米ドル円/119.212/116.879/118.961(高値と安値の値幅は2.333)
ユーロドル/1.15336/1.12921/1.13214(高値と安値の値幅は0.02415)

0202-0206ドル円チャート 0202-0206ユーロドルチャート

【チャート】セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](ローソク1時間足)
>>>セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]のスペックをCHECK!!
>>>セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
2/9
(月)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
2/10
(火)
00:00 米)卸売在庫 +0.8% +0.1%
米)IBD/TIPP景気楽観指数 51.5 51.5
03:00 米)3年債入札 国債入札
2/11
(水)
00:30 米)週間原油在庫 +633万 -
03:00 米)10年債入札 国債入札
04:00 米)財政収支 +19億 -26億
2/12
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 27.8万件 -
米)小売売上高【除自動車】 -0.9%/
-1.0%
-0.4%/
-0.4%
00:00 米)企業在庫 +0.2% +0.2%
03:00 米)30年債入札 国債入札
2/13
(金)
16:00 独)第4四半期GDP【速報値】 +0.1%/
+1.2%
+0.2%/
+1.1%
19:00 欧)第4四半期GDP【速報値】 +0.2%/
+0.8%
+0.2%/
+0.8%
22:30 米)輸入物価指数 -2.5%/
-5.5%
-
00:00 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 98.1 98.1

今週は、各国経済指標の他に9日10日にはG20財務相・中央銀行総裁会議、12日、13日にはEU首脳会議が予定されています。

posted by FX主婦 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック