2014年11月25日

11/24~11/28★今週のポイント

今週は11月最終週です。毎年毎年思いますが一年が経つのは本当に早いです。3連休もあっという間に過ぎ去ってゆきました。
>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(11/17~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
第3四半期GDP速報値が予想外のマイナスとなったことを受けて株安円高となりました。ドル円は当初は円売りドル買いで反応し、117.05円近辺まで上昇しましたが日経平均の急落に伴い一時115.45円台まで下落しました。その後は買戻しの動きとなり116円台を回復、NY市場では米主要指標が弱めの結果であったにもかかわらず全般にドル高が進み、ドル円は116.64円台で取引を終了しました。ユーロは、独ZEWが好結果となったことを受けて買い戻され、堅調地合を維持しました。
【火曜日】
ドル円は、安倍首相が衆院解散と消費増税先送りを表明するとドル買いが強まり、一時117.050円と2007年10月以来の高値を付けました。その後は材料出尽くしとなり116.3円台まで失速しました。NY市場では、ダウが最高値を更新したことなどを受けて一時117円台を回復、116.855円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、円安ドル高の流れが継続し117円台を回復、その後も上昇が継続しました。FOMC議事録発表では、内容がほぼ予想通りであったことから一旦下げましたが、日米の金融政策の方向性の違いから日米金利差が拡大するとの見方が強まり118.06円台まで上昇し2007年8月以来の高値となりました。米住宅着工件数も6年半ぶりの高水準となりドルを支えました。
【木曜日】
目立った材料は無いものの円安の流れが加速しました。ドル円は東京市場、前日高値を超えて118円台後半となった後、欧米市場では一時118.980円まで上昇しました。しかしその後は調整が入り、NY市場では米10年債利回りの低下でドル売りが進んだことなどからドル円も117.74円台まで下落しました。ユーロは、ユーロ圏PMIが低調であったことからECBの追加緩和観測が広がり対ドルで下落しました。
【金曜日】
ドル円は、東京市場118.37円台まで上昇しましたが、麻生財務相の円安をけん制する発言を受けて一気に117.355円まで値を落としました。その後は下げ幅を縮小し118.11円台まで回復後、117.790円で取引を終了となりました。中国が2012年7月以来の利下げを行ったことを受けて豪ドルやNZドルに買いが入ったことや、ドラギECB総裁の資産購入に前向きな発言を受けてユーロ売りドル買いとなったことが、ドル円を下支えしました。ユーロは、ECBの早期追加緩和観測の期待が強まったことでドルや円に対し急落、ユーロドルは1.23749ドルまで下落しました。

日付 時刻
内容
結果値 市場
予想値
11/17
(月)
22:30 米)NY連銀製造業景気指数 +10.16 +12.00
23:14 欧)ドラギECB総裁の証言【欧州議会の経済・通貨委員会】 要人発言
23:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 -0.1%/
78.9%
+0.2%/
79.3%
11/18
(火)
19:00 米)ZEW景況感調査 +11.5 +0.5
米)ZEW景況感調査 +11.0 -
22:30 米)生産者物価指数【コア】 +0.2%/
+1.5%/
+0.4%/
+1.8%
-0.1%/
+1.2%/
+0.1%/
+1.5%
00:00 米)NAHB住宅市場指数 58 55
06:00 米)対米証券投資 -556億 -
11/19
(水)
日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
22:30 米)住宅着工件数/建設許可件数 100.9万件/
108.0万件/
102.5万件/
103.8万件
00:30 米)週間原油在庫 +260.8万 -
04:00 米)FOMC議事録公表(10月28日・29日開催分) - -
11/20
(木)
22:24 南ア)SARB政策金利声明発表 5.75%
据え置き
5.75%
据え置き
22:30 米)新規失業保険申請件数 29.1万件 28.0万件
米)消費者物価指数【コア】 ±0.0%/
+1.7%/
+0.2%/
+1.8%
-0.1%/
+1.6%/
+0.2%/
+1.7%
00:00 米)フィラデルフィア連銀景況指数 +40.8 +18.0
米)中古住宅販売件数 526万件 515万件
米)景気先行指数 +0.9% +0.5%
03:07 米)10年物価連動債入札 国債入札
11/21
(金)
17:29 欧)ドラギECB総裁の発言 要人発言
- 米)注目度の高いものの発表はない - -

※11/17~11/21米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/118.980/115.453/117.790(高値と安値の値幅は3.527)
ユーロドル/1.26006/1.23749/1.23906(高値と安値の値幅は0.02257)

1117-1121ドル円チャート 1117-1121ユーロドルチャート

【チャート】IG証券[標準取引](ローソク1時間足)
>>>IG証券[標準取引]のスペックをCHECK!!
>>>IG証券[標準取引]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
11/24
(月)
18:00 独)IFO景況指数 103.2 103.0
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
03:00 米)2年債入札 国債入札
11/25
(火)
22:30 米)第3四半期GDP【改定値】/個人消費 +3.5%/
+1.8%
+3.3%/
+1.9%
23:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 -0.15%/
+5.57%
+0.30%/
+4.60%
米)住宅価格指数/第3四半期住宅価格指数 +0.5%/
+0.81%
+0.4%/
+1.00%
00:00 米)消費者信頼感指数 94.5 96.0
米)リッチモンド連銀製造業指数 +20 +16
03:00 米)5年債入札 国債入札
11/26
(水)
22:30 米)新規失業保険申請件数 29.1万件 -
米)耐久財受注【除輸送用機器】 -1.3%
(-1.1%)
-0.2%
(-0.1%)
-0.6%/
+0.4%
米)個人所得/個人支出 +0.2%/
-0.2%
+0.4%/
+0.3%
23:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 66.2 63.0
23:55 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 89.4 90.0
00:00 米)中古住宅販売保留 +0.3%/
+1.0%
-
米)新築住宅販売件数 46.7万件 47.0万件
00:30 米)週間原油在庫 +260.8万 -
03:00 米)7年債入札 国債入札
11/27
(木)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
11/28
(金)
 
22:00 欧)消費者物価指数【速報値】 +0.4% +0.3%
- 米)注目度の高いものの発表はない - -

今週は月曜日が日本の祝日、週後半が米国の感謝祭となっています。欧米では毎年感謝祭前に手じまい売りが意識され、またその後は一気にクリスマスムードが高まっていきます。

posted by FX主婦 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック