2014年11月17日

11/17~11/21★今週のポイント

本日発表の日本の国内GDPは予想外のマイナス成長となり、マーケットにもショックをもたらしています。株安・円高が急速に進み、ドル円は一時117円越えまで上昇しました。
>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(11/10~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
先週末に発表された、米雇用統計の非農業部門雇用者数が予想を下回ったことによるドル売りの流れが継続しました。ドル円は、欧州市場で113.859円まで下落しましたが、NY市場では米債利回りが反転上昇したことを受けて114.6円台まで上昇しました。その後はNYダウが堅調に推移したことなどを受けて114.9円台まで上昇し、114.861円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場午前、日経平均株価が一時130円超上昇したことを受けて一時115円台を回復しました。午後に入り、安倍首相が年内に衆院解散総選挙に踏み切るとの思惑が広がり、日経平均株価が一時330円超上昇したことを受けて円安株高の動きが加速し、115.60円近辺まで上昇しました。欧州市場でもこの流れが継続し2007年10月以来となる116円台まで上昇しました。米国の祝日となったNY市場では、利益確定の売りなどから115.60円近辺まで下押ししましたが下値も限定的となり115.784円で取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、菅官房長官が解散について否定的な姿勢を示したことをきっかけに円買い・ドル売りが加速し115.25円近辺まで下押ししました。欧州市場では、対ユーロなどでドル売りが進んだ影響を受け、ドル円は徐々に値を下げ114.8円台まで下落しました。NY市場では、ポンドがドルに対して約1年2ヶ月ぶりの安値圏まで値を落としたことでドル全般の買戻しにつながり115.74円台まで上昇しました。
【木曜日】
ドル円は東京市場午前、新規材料難から115円台半ばでもみ合いが続きました。午後には、自民党議員が衆院解散について決定したと見ていいと発言し、日経平均株価が一時200円超えの上昇となりドル円は115.8円台まで上昇しました。欧州市場では、ドル売りが進み115.4円台まで下落、NY市場では米経済指標が弱い結果となったことを受けて115.31円台まで下落しました。その後はNYダウの上昇などを受けて値を戻し115.765円で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、日経平均の上昇に伴い116.20円近辺まで上昇しました。欧州市場では、仏・ユーロ圏全体のGDP速報値が予想を上回ったことでユーロが上昇し、円売り地合いからドル円も上値を伸ばしました。NY市場では、米小売売上高が予想を上回ったことを受けてドル円は116.826円まで上昇し、2007年10月以来の高値となりました。ユーロドルはドル全面高を受けて1.23983ドルまで下落しましたが、その後は買戻しが優勢となり1.25464ドルまで上昇しました。

日付 時刻
内容
結果値 市場
予想値
11/10
(月)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
03:03 米)3年債入札 国債入札
11/11
(火)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
11/12
(水)
00:00 米)卸売在庫 +0.3% +0.2%
03:03 米)10年債入札 国債入札
11/13
(木)
22:30 米)新規失業保険申請件数 29.0万件 28.0万件
01:00 米)週間原油在庫 -173.5万 -
02:45 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
03:06 米)30年債入札 国債入札
04:00 米)財政収支 -1217億 -1140億
11/14
(金)
 
22:30 米)小売売上高【除自動車】 +0.3%/
+0.3%
+0.2%/
+0.2%
米)輸入物価指数 -1.3%/
-1.8%
-1.5%/
-1.6%
23:55 米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 89.4 87.5
00:00 米)企業在庫 +0.3% +0.2%

※11/10~11/14米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/116.826/113.859/116.262(高値と安値の値幅は2.967)
ユーロドル/1.25464/1.23943/1.25242(高値と安値の値幅は0.01521)

1110-1114ドル円チャート 1110-1114ユーロドルチャート

【チャート】アルパリジャパン[アルパリダイレクト](ローソク1時間足)
>>>アルパリジャパン[アルパリダイレクト]のスペックをCHECK!!
>>>アルパリジャパン[アルパリダイレクト]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
11/17
(月)
22:30 米)NY連銀製造業景気指数 +6.17 +12.00
23:00 欧)ドラギECB総裁の証言【欧州議会の経済・通貨委員会】 要人発言
23:15 米)鉱工業生産/設備稼働率 +1.0%/
79.3%
+0.2%/
79.3%
11/18
(火)
19:00 米)ZEW景況感調査 -3.6 +0.5
米)ZEW景況感調査 +4.1 -
22:30 米)生産者物価指数【コア】 -0.1%/
+1.6%/
±0.0%/
+1.6%
-0.1%/
+1.2%/
+0.1%/
+1.5%
00:00 米)NAHB住宅市場指数 54 55
06:00 米)対米証券投資 +745億 -
11/19
(水)
12:00 日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
22:30 米)住宅着工件数/建設許可件数 101.7万件/
101.8万件/
(103.1万件)
102.5万件/
103.8万件
00:30 米)週間原油在庫 -173.5万 -
04:00 米)FOMC議事録公表(10月28日・29日開催分) - -
11/20
(木)
未定 南ア)SARB政策金利声明発表 5.75%
据え置き
5.75%
据え置き
22:30 米)新規失業保険申請件数 29.0万件 28.0万件
米)消費者物価指数【コア】 +0.1%/
+1.7%/
+0.1%/
+1.7%
-0.1%/
+1.6%/
+0.2%/
+1.7%
00:00 米)フィラデルフィア連銀景況指数 +20.7 +18.0
米)中古住宅販売件数 517万件 515万件
米)景気先行指数 +0.8% +0.5%
11/21
(金)
 
17:00 欧)ドラギECB総裁の発言 要人発言
- 米)注目度の高いものの発表はない - -

今週は各国経済指標の他にも、日本の衆議院の解散や消費税増税の延期の発表など、市場を大きく動かす要因が控えています。

posted by FX主婦 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック