2014年10月27日

10/27~10/31★今週のポイント

経済危機に耐えられる力があるかどうかを調べるストレステスト、ユーロ圏の銀行130行を対象に行い25行が不合格となったそうです。しかし主要銀行で資本不足と判定された銀行は無く、内容も事前の報道通りだったことで影響は限定的となったようです。
>>このブログのRankingは・・・・??
 

先週(10/20~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は、日経平均株価が一時570円超上昇したことを受けて107.38円まで上昇しました。その後は欧米株式が反落したことなどから調整売りの動きとなり、106.78円まで下落しました。その後も107円台を回復することはできず、106.94円で取引を終了しました。
【火曜日】
ドル円は東京市場午後、株安円高の動きが広がり一時106.24円まで下落しました。ユーロドルは欧州時間1.2840ドルまで上昇しました。しかしその後「ECBがユーロ圏経済の活性化に向けて社債の買い入れを検討」とのロイターの報道を受けてユーロが売られたため1.2760ドルまで急落しました。このためドルはほぼ全面高となり、ドル円も106.9円台まで取引を終了しました。
【水曜日】
ドル円は東京市場、107円近辺での動きとなりました。その後も106.9円近辺での揉み合いが続きましたが、米CPI(消費者物価指数)が市場予想を上回り2ヶ月ぶりの上昇となったことで米長期金利の上昇が進み、ドル円も107.32円まで上昇しました。その後は利益確定売りからNYダウが反落、長期金利も低下したことで再び107.1円台へと押し戻され107.14円で取引を終了しました 。
【木曜日】
ドル円は107.2円を挟んだ揉み合いが続きましたが中国とユーロ圏のPMIが好結果となったことを受けてリスク選好相場となり、107.64円まで上昇しました。NY市場では米経済指標が予想を上回ったことと米企業の好決算が重なったことでNYダウは一時300ドル超の急反発となり、ドル円も108円台を回復しました。ドル円は一時108.34円まで上昇し、108.26円台で取引を終了しました。
【金曜日】
ドル円は東京市場、NY市で米国医師がエボラ出血熱の検査で陽性になったと報じられると一気にドル売りとなり、107.85円まで下落しました。しかし影響は限定的なものとなりその後は108円を挟んだもみ合いが継続しました。NY市場では、米経済指標が弱い結果となったこともあり一時107.77円近辺まで弱含みましたが売り一巡後は108.2円台まで買い戻され108.15円で取引を終了しました。ユーロは、欧銀行のストレステスト結果発表を26日に控え、対ドルで上昇しました。

◆今週のポイント◆
日付 時刻
内容
結果値 市場
予想値
10/20
(月)
- 米)注目度の高いものの発表はない - -
10/21
(火)
23:00 米)中古住宅販売件数 517万件 509万件
10/22
(水)
21:30 米)消費者物価指数【コア】 +0.1%/
+1.7%/
+0.1%/
+1.7%
±0.0%/
+1.6%/
-
-
23:00 加)BOC政策金利声明発表 1.00%
据え置き
1.00%
据え置き
23:30 米)週間原油在庫 +711.1万 -
10/23
(木)
13:47 米)クレディ・スイスの決算発表 大手金融決算
21:30 米)新規失業保険申請件数 28.3万件 -
22:00 米)住宅価格指数 +0.5% +0.4%
23:00 米)景気先行指数 +0.8% +0.7%
02:03 米)30年物価連動債入札 国債入札
10/24
(金)
 
20:36 米)ステート・ストリートの決算発表 大手金融決算
23:00 米)新築住宅販売件数 46.7万件 47.0万件

※10/20~10/24米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/108.34/106.24/108.15(高値と安値の値幅は2.1)
ユーロドル/1.2840/1.2613/1.2669(高値と安値の値幅は0.0227)

1020-1024ドル円チャート 1020-1024ユーロドルチャート

【チャート】外為オンライン(ローソク1時間足)
>>>外為オンラインのスペックをCHECK!!
>>>外為オンラインのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 時間 内容 前回発表値 市場予想値
10/27
(月)
18:00 独)IFO景況指数 104.7 104.5
23:00 米)中古住宅販売件数 -1.0%/
-4.1%
+1.0%/
+2.2%
10/28
(火)
21:30 米)耐久財受注【除輸送用機器】 -18.2%
(-18.4%)/
+0.7%
(+0.4%)
+0.3%/
+0.5%
22:00 米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 -0.50%/
+6.75%
+0.13%/
+5.65%
23:00 米)リッチモンド連銀製造業指数 +14 +10
米)消費者信頼感指数 86.0 87.0
02:00 米)2年債入札 国債入札
10/29
(水)
23:30 米)週間原油在庫 +711.1万 -
00:30 米)2年物価連動債入札 国債入札
02:00 米)5年債入札
03:00 米)FOMC政策金利声明発表 0.25%
据え置き
0.25%
据え置き
米)米国債の買い入れ額発表 月額50
億ドル
縮小
月額100
億ドル
縮小
米)MBS証券の買い入れ額発表 月額50
億ドル
縮小
月額50
億ドル
縮小
05:00 NZ)RBNZ政策金利声明発表 3.50%
据え置き
3.50%
据え置き
10/30
(木)
21:30 米)新規失業保険申請件数 28.3万件 28.1万件
米)第3四半期GDP【速報値】/個人消費 +4.6%/
+2.5%
+3.0%/
+1.8%
22:00 米)イエレンFRB議長の発言 要人発言
02:00 米)7年債入札 国債入札
10/31
(金)
 
昼過ぎ 日)BOJ政策金利声明発表 - -
15:00 日)BOJ半期展望レポート - -
15:30 日)黒田日銀総裁の記者会見 要人発言
19:00 欧)消費者物価指数【速報値】 +0.3% +0.4%
21:30 米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +0.3%/
+0.5%/
+1.5%/
+0.1%/
+1.5%
+0.3%/
+0.1%/
+1.5%/
+0.1%/
+1.5%
23:30 米)第3四半期雇用コスト指数 +0.7% +0.5%
22:45 米)シカゴ購買部協会景気指数 60.5 61.0
22:55 米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 86.4 86.4

今週は29日夜中に予定しているFOMC政策金利発表の他、RBNZやBOJ政策金利発表と重要イベントが続きます。

posted by FX主婦 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック