2014年01月08日

2014年FX業界の年頭挨拶まとめ

2014年年明け後の週は、105.4円台となりました。2013年の年明けの週は88.4円台でしたので、この1年で17円も動きました。今年はうま年!!さらに駆け抜けるのでしょうか・・・?
2014年もFX業界の発展を願っています。
さて、今年もまずはFX業界の新年の挨拶をまとめてみました。
2013年FX業界の年頭挨拶まとめはこちら
2012年FX業界の年頭挨拶まとめはこちら

>>このブログのRankingは・・・・??

※新年の挨拶が掲載されていた業者において、要約してみました。

業者名 要点
アルパリジャパン 平成23年10月に営業開始して以来、口座数・証拠金・取引高ともに順調に推移した。
本年も引き続き、グローバルで多くの投資家の皆様から選ばれているアルパリMT4を、日本の投資家の皆様にも安心してご利用いただけるよう、最適化やより良い投資環境とご満足いただけるサービスの提供を心がけていく。
岩井コスモ証券 昨年は日本再生に向けて安倍政権が最優先課題と位置付けた経済政策の「アベノミクス」が本格的に動き出した1年だったと言えるでしょう。
資産運用の良きアドバイザーとなれるよう、市場環境や企業情報 の分析に注力しているが、今後も質の高い調査情報の提供、および顧客の立場に立った投資相談など、全営業員がプロフェッショナルとして顧客に情報を提供できる体制を築く。
上田ハーロー 今年は創業30周年となる。今後も資産運用における最良のパートナーとなるべく職員一同精進し、外国為替取引に貢献したい。
SBI証券 「2014年度オリコン顧客満足度ランキング・ネット証券部門」でも8年連続総合第1位を獲得。
業界最低水準の手数料体系、豊富かつ良質な投資情報、リアルタイム取引ツールの提供、魅力ある投資機会(商品)の提供、取引の安全性の提供に引き続き努めるだけでなく、より一層の「顧客中心主義」の実現を目指す。
FXトレーディングシステムズ 皆様に満足頂けるサービス提供に役職員一同一丸となって努力する。
岡三オンライン証券 昨年の経済は、経済の再生を目指した「アベノミクス」の大胆な金融政策によって、企業業績の向上や設備投資の回復などさまざまな局面で回復基調が続いた。
過去の午年は景気拡大の起点となった年が多く、本年においても日本経済が本格的に復活し、株式市場が活気に満ち、千里を駆ける馬の如く飛躍する年になることをぜひとも期待したい。
カブドットコム証券 旧年中の当社お客さまの投資成績は、非常に歓ばしい結果となった。アベノミクスの恩恵が最大要因ですが、東証の市場運営委員会等で各規制緩和はじめ資本市場の活性化に努めて参りました。
今年は当社も創業15周年/上場10周年を迎えることとなり、今から高揚感も昂ります。 投資成績向上のお手伝いを、役職員全員全力で行う事を約束する。
外為オンライン 「あなたの為の、外為を。」をモットーに、皆様の為に少しでもお役に立てるよう、 一歩先のサービスを心がけ、更に皆様と共に新しい価値を創造していくように、 社員一丸となり、より良いサービスの提供に努める。
外為ファイネスト
旧年中は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございました。
本年もより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
サイバーエージェントFX 2013年は、「オプトレ!」の提供開始、「リピートトレール注文(リピトレ)」の導入、 取引ツールiPad Cymoの導入(App Store・ファイナンス無料部門で第1位獲得)、10通貨ペアの追加などの取り組みを行った。また、新たにヤフー株式会社グループの一員になったほか、取引高において世界3位にランキングされるなど、躍進の年となった。
本年は、3月1日(予定)には社名を新たに「ワイジェイFX株式会社(YJFX!)」とする。ヤフー株式会社グループであることを明確にし、より一層の信用力の向上、サービスの向上に努める。
セブンインベスターズ FX業界を取り巻く環境が大きく変わりつつあり、昨年4月に
日産センチュリー証券株式会社の子会社となり新たなスタートを切った。VT-Traderの導入やプラグイン形式など、大々的なサービスの変更し、取引高ならびに口座数は今もなお好調な伸びを続けている。
DMM.com証券[外為ジャパンFX]

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。引き続きお客様にご満足頂けるサービスの提供を役職員一同、心掛けていく。

トレイダーズ証券[みんなのFX] 本年、当社は新たな金融サービス(商品)のリリースを予定している。外国為替を中心としたデリバティブ取引事業を主軸に、満足いただけるサービスの拡充ならびに質の向上に一丸となって取り組むとともに、安心して取引できる経営基盤のさらなる強化を図っていく。
松井証券 アベノミクスの真価が問われるのは今年です。昨年の株価委託売買代金は35兆円を超え過去最高記録となったが、今年はこれを大幅に更新する。
マネックス証券 本年も、より一層お客様の投資リターン向上に役立つ、より良いサービス、より快適な投資環境を実現する。
マネースクウェアジャパン 創業から11年、昨年は東証第2部へ上場、本社も移転した。
今年はFX業界の黎明期から、ただひたすらに続けてきた金融商品開発をはじめ、投資教育プログラムの充実や取引環境の改善を進め、次なる飛躍にむけて取り組んでいく。
マネーパートナーズ 昨年は専業FX取引業者としては初となる東証1部上場を果たすことができた。
23万口座の当社のお客様の信頼や期待を裏切らぬよう、昨年にも増して当社はお客様と共に確かな歩みを進める。
楽天証券 顧客から寄せられるご意見やご要望を踏まえつつ、より身近で、よりわかりやすく、より便利に、より安心して利用いただけるよう、全社一丸となってサービスを提供する。

新年の挨拶については、会社代表の人柄や業者の姿勢が感じ取れますので一読をおすすめします。
(上記一覧文は、管理人により編集を加えていますので、各業者の公式HPでご確認くださるよう、お願いいたします。)

posted by FX主婦 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FX指令 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック