2013年07月22日

7/22~7/26★今週のポイント

おはようございます。
昨日までの参院選、結果が確定的な状態の選挙だっただけに、投票率は52.61%と戦後過去3番目の低さとなったようです。インターネット選挙運動も効果も薄かったのでしょうか・・・・。
>>このブログのRankingは・・・・??

先週(7/15~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
東京市場休場の為、流動性は乏しく、バーナンキ議長議会証言を控えていることもあり、動きは限定的で終始しました。
【火曜日】
バーナンキFRB議長議会証言を翌日に控え、ポジション調整のドル売りが進行しました。ドル円は一時98円台まで下落、ユーロドルは1.31台半ば越えとドル全面安でした。
【水曜日】
注目のバーナンキFRB議長議会証言の事前報告書公表では、債券購入ペースは事前に決まっておらず、今後の展開は経済指標次第と、QE縮小の思惑が広がりドル円は99円へ急落しました。その後の証言では、年内の債券購入縮小、来年半ばの終了との見通しで、失業率7%が終了の目途。とのコメントで100円ライン手前まで再び急伸しました。ベージュブックを受けての動きは特に見られませんでした。
【木曜日】
バーナンキFRB議長議会証言が終了し、週末に控える参院選の影響で、ドル円は100円台を回復しました。米新規失業保険申請件数は5月以来の最小数値、フィラデルフィア連銀景況指数は2011年3月以来となる19.8となりドル買いの流れがさらに強まり、100円半ばまで上昇しました。
【金曜日】
重要指標がなく、週末の参院選を控えて、もみ合いで終始しました。ドル円は100円半ばでは上値を押さえられ取引を終えました。


日付 内容
結果値
市場
予想値
7/15
(月)
NY連銀製造業景気指数 +9.46 +5.00
小売売上高&【除自動車】 +0.4%/
±0.0%
+0.8%/+0.5%
企業在庫 +0.1% ±0.0%
7/16
(火)
豪)RBA議事録公表 - -
独)ZEW景況感調査 +36.3 +40.0
欧)ZEW景況感調査 +32.8 -
欧)消費者物価指数【確報値】&【コア】 +0.1%/
+1.6%/
+1.2%
+0.1%/
+1.6%/
+1.2%
消費者物価指数 +0.5%/
+1.8%
+0.3%/+1.7%
消費者物価指数【コア】 +0.2%/
+1.6%
+0.2%/+1.6%
対米証券投資 -272億 -250億
鉱工業生産 +0.3% +0.3%
設備稼働率 77.8% 77.7%
NAHB住宅市場指数 57 51
7/17
(水)
日)BOJ議事録公表(6月10日・11日開催分) ^ -
英)BOE議事録公表(7月3日・4日開催分) ^ -
住宅着工件数/建設許可件数 83.6万件/91.1万件 96.0万件/100万件
加)BOC政策金利&声明発表 1.00%据え置き 1.00%据え置き
地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
7/18
(木)
新規失業保険申請件数 33.4万件 34.1万件
景気先行指数 ±0.0% +0.3%
フィラデルフィア連銀景況指数 +19.8 +7.8
7/19
(金)
特になし - -

※7/15~7/19米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/100.864/98.893/100.342(高値と安値の値幅は1.971)
ユーロドル/1.31752/1.29929/1.31431(高値と安値の値幅は0.01823)

20130715-19ドル円チャート
20130715-19ユーロドルチャート

【チャート】ヒロセ通商[LIONFX](ローソク1時間足)
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のスペックをCHECK!!
>>>ヒロセ通商[LIONFX]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 内容
前回値
市場
予想値
7/22
(月)
中古住宅販売件数 518万件 525万件
7/23
(火)
住宅価格指数 +0.7% +0.8%
リッチモンド連銀製造業指数 +8 +8
2年債入札 国債入札
7/24
(水)
新築住宅販売件数 47.6万件 48.4万件
週間原油在庫 -690.2万 -
5年債入札 国債入札
7/25
(木)
NZ)RBNZ政策金利&声明発表 2.50%
据え置き
2.50%
据え置き
独)IFO景況指数 105.9 106.4
新規失業保険申請件数 33.4万件 34.0万件
耐久財受注&【除輸送用機器】 +3.6%
(+3.7%)/
+0.7%
(+0.5%)
+1.1%/
+0.5%
7年債入札 国債入札
7/26
(金)
ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】 83.9 84.0

今週は比較的に重要指標が少ないですが、衆院選に対する揺れの動きが継続されることも想定しつつ、挑みたいと思います。

posted by FX主婦 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック