2013年07月16日

7/15~7/19★今週のポイント

こんにちは。
先週は平年より10日以上早く梅雨明けが発表され、夏休みにはまだ入っていませんが、本格的な暑さが続いています。
>>このブログのRankingは・・・・??

先週(7/8~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
ドル円は序盤、先週末の強い米雇用統計の流れを引き継ぎ101.525円まで上昇したものの、仲値を過ぎると買いが一巡し100.90円付近まで軟調に推移しました。
【火曜日】
ドル円は序盤、日経平均が前日比300円超上昇したことを受けて、リスク選好的な円売りから101.295円まで堅調に推移しました。
【水曜日】
ドル円は序盤、NYタイムでの米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えポジション調整の動きが強まるなか、日経平均の下落をきっかけに円の買い戻しが強ま り100.30円付近まで軟化しました。欧米市場では、注目されていたFOMC議事録では「資産買入れ終了後も引き続きかなりの間、現在の極めて低いFF 金利が正当化される公算と予想」「メンバーの多くが縮小には労働改善が必要と指摘」との内容が公表されると、早期緩和縮小期待が後退しドル売りから一時 99.589円まで下落し99.933円(前日比:-1.183)で取引を終えました。
【木曜日】
ドル円は序盤、バーナンキFRB議長がしばらく金融緩和が必要との認識を示したことを受けて、早期での金融緩和縮小の期待が後退したことから、98.250円まで急ピッチに下落しました。
【金曜日】
ドル円は序盤、仲値にかけてドル買いが強まり99.30円付近まで強含んだものの、仲値後は失速し99.00円付近で揉みあう展開になりました。欧米市場 では、バーナンキFRB議長の発言を受けたドル売りを巻き戻す動きが優勢になりましたが、米ミシガン大学消費者態度指数が83.9と市場予想の84.7か ら悪化したことから、リスク回避の円買いが強まり前日比+0.403円高い99.302円まで軟化し取引を終えました。


日付 内容
結果値
市場
予想値
7/8
(月)
消費者信用残高 +196.15億 +125.00億
7/9
(火)
3年債入札 - -
7/10
(水)
卸売在庫 -0.5% +0.3%
週間原油在庫 -1034.7万 -
10年債入札 - -
FOMC議事録公表(6月18日・19日開催分) - -
バーナンキFRB議長の発言 要人発言
7/11
(木)
新規失業保険申請件数 36.0万件 34.0万件
輸入物価指数 -0.2%/
+0.2%
±0.0%/
+0.4%
30年債入札 - -
財政収支 +1165億 +115.0億
7/12
(金)
生産者物価指数 %0.8/
+2.5%
+0.5%/
+2.0%
生産者物価指数【コア】 +0.2%/
+1.7%
+0.1%/
+1.6%
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 83.9 85.0

※7/8~7/12米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/101.53/98.22/99.19(高値と安値の値幅は3.31)
ユーロドル/1.3206/1.2754/1.3067(高値と安値の値幅は0.0452)

0708-0712ドル円チャート
0708-0712ドル円チャート

【チャート】外為オンライン(ローソク1時間足)
>>>外為オンラインのスペックをCHECK!!
>>>外為オンラインのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 内容
前回値
市場
予想値
7/15
(月)
NY連銀製造業景気指数 +7.84 +5.00
小売売上高&【除自動車】 +0.6%/+0.3% +0.8%/+0.5%
企業在庫 +0.3% ±0.0%
7/16
(火)
豪)RBA議事録公表 - -
独)ZEW景況感調査 +38.5 +40.0
欧)ZEW景況感調査 +30.6 -
欧)消費者物価指数【確報値】&【コア】 +0.1%/+1.4%/+1.2% +0.1%/+1.6%/+1.2%
消費者物価指数 +0.1%/+1.4% +0.3%/+1.7%
消費者物価指数【コア】 +0.2%/+1.7% +0.2%/+1.6%
対米証券投資 -373億 -250億
鉱工業生産 ±0.0% +0.3%
設備稼働率 77.6% 77.7%
NAHB住宅市場指数 52 51
7/17
(水)
日)BOJ議事録公表(6月10日・11日開催分) - -
英)BOE議事録公表(7月3日・4日開催分) - -
住宅着工件数/建設許可件数 91.4万件/97.4万件 96.0万件/100万件
加)BOC政策金利&声明発表 1.00%据え置き 1.00%据え置き
地区連銀経済報告(ベージュブック) - -
7/18
(木)
新規失業保険申請件数 36.0万件 34.1万件
景気先行指数 +0.1% +0.3%
フィラデルフィア連銀景況指数 +12.5 +7.8
7/19
(金)
特になし - -

今週は各国の議事録公表のイベントの他、住宅関連指標の発表が予定されています。
また、週末に参議院選挙を控えているので、日本の経済問題も気になるところです。

posted by FX主婦 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FX指令 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック