2013年07月08日

7/8~7/12★今週のポイント

こんにちは。
朝から気温がぐんぐんと上がってます。みなさん、今年の夏も暑くなりそうです。
熱中症には気を付けていきましょう!

>>このブログのRankingは・・・・??

先週(7/1~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
為替市場は円安。欧州中央銀行(ECB)理事会や米雇用統計など重要イベントを控えたなかでも各国株式市場がしっかりと推移し、ドル円やクロス円を押し上げました。
【火曜日】
為替市場は円安・ドル高。日米の金融政策見通しの対比から、ドル円は100.73円まで上昇し、約1カ月ぶりの高値をつけました。
【水曜日】
NYタイムは、ドル円・クロス円の買い戻しやドル高地合いの巻き戻しが優勢となりました。
【木曜日】
海外市場では、欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行(BOE)が緩和的な金融政策姿勢を示したことから、欧州通貨が大幅下落となりました。
【金曜日】
NYタイムでは強い米雇用統計の結果を受けてドルが全面高となり、連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の縮小が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)から開始するとの見方が強まっている様子。

日付 内容 結果値 市場
予想値
7/1
(月)
欧)消費者物価指数【速報値】 +1.6% +1.6%
建設支出 +0.5% +0.6%
ISM製造業景況指数 50.9 50.5
7/2
(火)
RBA政策金利&声明発表 2.75%
据え置き
2.75%
据え置き
製造業受注指数 +2.1% +2.0%
IBD/TIPP景気楽観度指数 47.1 49.6
7/3
(水)
チャレンジャー人員削減予定数 +4.8% --%
ADP全国雇用者数 +18.8万人 +16.0万人
新規失業保険申請件数 34.3万件 34.5万件
貿易収支 -450億 -402億
ISM非製造業景況指数 52.2 54.2
7/4
(木)
英)BOE政策金利&声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
英)BOE資産購入枠発表 3750億
据え置き
3750億
据え置き
欧)ECB政策金利&声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
注目度の高いものの発表はない - -
7/5
(金)
雇用統計:非農業部門雇用者数 +19.5万人 +16.5万人
雇用統計:失業率 7.6% 7.5%

※7/1~7/5米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/101.224/99.176/101.168(高値と安値の値幅は2.048)
ユーロドル/130.777/128.054/128.262(高値と安値の値幅は2.723)

0701-0705ドル円ユーロドルチャート

【チャート】アイネット証券(ローソク1時間足)
>>>アイネット証券のスペックをCHECK!!
>>>アイネット証券のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆
日付 内容
前回値
市場
予想値
7/8
(月)
米)消費者信用残高 +110.58億 +125.00億
7/9
(火)
米)3年債入札 - -
7/10
(水)
米)卸売在庫 +0.2% +0.3%
米)週間原油在庫 -1034.7万 -
米)10年債入札 - -
米)FOMC議事録公表(6月18日・19日開催分) - -
米)バーナンキFRB議長の発言 要人発言
7/11
(木)
米)新規失業保険申請件数 34.3万件 33.5万件
米)輸入物価指数 -0.6%/
-1.9%
±0.0%/
+0.5%
米)30年債入札 - -
米)財政収支 -1387億 +400.0億
7/12
(金)
米)生産者物価指数 +0.5%/
+1.7%
+0.5%/
+2.0%
米)生産者物価指数【コア】 +0.1%/
+1.7%
+0.1%/
+1.6%
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 84.1 85.0

今週は米量的緩和の年内縮小観測を高めた際の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表が予定されているほか、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演も予定されており、一段のドル高につながる手がかりが得られる可能性もありますので目が離せませんね。

posted by FX主婦 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック