2012年10月10日

ボリ平ドラゴン式を知る

朝晩が涼しくなり、読書に映画鑑賞にトレードに、秋の夜長を楽しむ余裕が増えたのではないでしょうか?しかしながら気温の変化に体調がすぐれぬ日も・・・
今回は成功しているFXの達人を紹介し、その手法をあやかろう!ということで給料以上の利益を稼ぎ出しているという兼業トレーダーのボリ平さんについてです。

>>このブログのRankingは・・・・??

◆ボリ平さんて誰!?
最近zaiFXの雑誌や特集記事、またUSTREAMの動画セミナーに登場するボリ平さん。3人息子のママさんで昼間は会社勤め、夜はFXに励んでおらえる兼業トレーダーです。
自ら「ボリ平ドラゴン式」という手法を編み出し、3万円から始めたFXの利益が給与を超えてしまったとか!?
女性、主婦、3万円からのスタートということでとても親近感を感じました。

◆ブログで手法を紹介
ボリ平さんは「トレードを通じて世の中を明るく楽しくしたい、多くの人に稼いでほしい」ということでその手法をブログで公開しています。

3万円からの投資生活

なかなか自分の手法をオープンにする人はなかなかいないのでは!?そんな中、FXに興味を持つ初めての方から本格的なトレーダー向けまで多様な記事が書かれています。
本を買わなくてもここで勉強できそうですね。

◆ボリ平ドラゴン式とは!?
ボリ平さんの手法、「ボリ平ドラゴン式」についてはブログでも解説とチャートの設定方法まで丁寧に説明が載っています。
(1)平均足を使用
(2)ボリンジャーバンドの1σ,2σ,3σを表示+ミドルバンドは20EMA
(3)一目均衡表の遅行スパンのみを表示

この遅行スパンがボリ平さん曰くドラゴンと呼ぶそうで、その動きを売買の目安にしています。
トレードの流れは
・15分足で大まかな流れを確認→1分足と5分足を並べて表示(どちらの足でトレードをするかはその時のチャートの形で判断)→平均足がボリンジャーバンドをブレイクアウトし、ドラゴンも勢いよくその方向を向いていたらエントリー→ドラゴンの頭が横ばい、もしくは反対方向を向いたらすかさず決済をするという流れです。
ドラゴンが売買シグナルの目安となっているのですね。

それではブログでも紹介されている設定の方法を見てみたいと思います。

FX業者はFXトレーディングシステムズの「FXブロードネット」かライブスター証券を推奨しています。

※ボリンジャーバンドの設定
ボリンジャー
※一目均衡表の設定
一目均衡
※指数平滑移動平均の設定
指数平滑
※設定完了
ボリ平ドラゴン式

ブログで丁寧に説明がしてくださっているのでわかりやすいです。
この設定を元に、エントリーポイントなど研究してみたいと思います。

また、ドラゴン式の他にもドラゴン式と併用しているという「ロンドンコーリング」、現在値から10~20pips離してロングとショートの逆指値OCO注文をする「ハイロウズOCO」といった手法を開発しているボリ平さん。
自分のトレードスタイルを確立する、継続するということがFXの成功への近道なのかもしれません。

posted by FX主婦 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX気になるあの人(物) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック