2012年09月10日

9/10~9/14★今週のポイント

おはようございます。
厳しい残暑が続いています。秋の運動会、住民運動会のシーズンですね。
また週末になると周りでは稲刈りが行われています。もうすぐ新米が食べれるのでしょうか?楽しみです。

>>このブログのRankingは・・・・??

先週(9/3~)の為替相場の流れを復習します。
【月曜日】
米国はレイバーデーで祝日でした。為替相場の動きは限定的でそんな中、ユーロドルはドラギECB総裁が「ECBが年限3年程度までの国債を購入することは条約には違反しない」と発言したことで1.2611ドルまで上昇しました。ユーロ円も98.69円まで上昇しました。
【火曜日】
欧米中銀による追加緩和期待で高まった足元のリスク先行的であったことと、米8月ISM製造業景況指数が悪化したことでNY時間ではドル買いが優勢でした。
【水曜日】
ユーロドルは欧州時間に1.2502ドルが安値となり、反発して上値を伸ばしました。ECB関係者が「ドラギ総裁の計画は無制限で不胎化の債券購入約束へ」と発言したことでユーロドルは1.26ドル台へ上昇しました。
【木曜日】
ECBによる国債購入計画の発表や米経済指標の好結果がリスク先行相場につながりました。米株価の大幅高や長期金利の上昇、商品高もこうした動きを後押ししました。また、ECBは予想外で政策金利を据え置きました。
【金曜日】
翌週発表予定のFOMCでの追加緩和の有無が注目されている中での8月の米国雇用統計の発表がありました。非農業部門雇用者数は+9.6万人と市場予想を下回り、失業率は8.3%から8.1%に改善をしたものの総合的に弱い結果となりました。これを受けて発表後にドルは対主要通貨で売りが強まりました。


日付 内容 結果値 市場
予想値
09/03
(月)
米)注目度の高い経済指標はない - -
09/04
(火)
豪)RBA政策金利声明発表 3.50%
据え置き
3.50%
据え置き
米)ISM製造業景況指数 49.6 50.0
米)建設支出 -0.9% +0.4%
09/05
(水)
米)MBA住宅ローン申請件数 - -
米)第2四半期非農業部門労働生産性
【確報値】
/単位労働コスト
+2.2%/
+1.5%
+1.8%/
+1.5%
加)BOC政策金利声明発表 1.00%
据え置き
1.00%
据え置き
09/06
(木)
英)BOE政策金利声明発表 0.50%
据え置き
0.50%
据え置き
英)BOE資産購入枠発表 3750億
据え置き
3750億
据え置き
米)チャレンジャー人員削減予定数 -36.9% --
欧)ECB政策金利声明発表 0.75%
据え置き
0.75%
据え置き
米)ADP全国雇用者数 +20.1万人 +14.0万人
欧)ドラギECB総裁の記者会見 要人発言
米)新規失業保険申請件数 36.5万件 37.0万件
米)ISM非製造業景況指数 53.7 52.5
米)週間原油在庫 -742.6万 -
09/07
(金)
米)雇用統計非農業部門雇用者数 +9.6万人 +12.0万人
米)雇用統計失業率 8.1% 8.3%



※9/3~9/7米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/79.028/78.020/78.235(高値と安値の値幅は1.008)
ユーロドル/1.28134/1.25009/1.28097(高値と安値の値幅は0.03125)
0903-0907ドル円 0903-0907ユーロドル

【チャート】セントラル短資FX(ローソク60分間足)
>>>セントラル短資FXのスペックをCHECK!!
>>>セントラル短資FXのクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 内容 前回値 市場
予想値
09/10
(月)
米)消費者信頼感指数 +95.50億 +64.59億
09/11
(火)
米)貿易収支 -15.5億 -18.1億
米)IBD/TIPP景気楽観指数 46.4 45.6
米)3年債入札 国債入札
09/12
(水)
英)失業率/失業保険申請件数 4.9%/
-0.59万件
4.9%/
+0.50万件
欧)鉱工業生産 -0.6%/
-2.1%
-0.3%/
-3.3%
米)MBA住宅ローン申請件数 -2.5% -
米)輸入物価指数 -0.6%/
-3.2%
+1.2%/
-1.3%
米)卸売在庫 -0.2% +0.3%
米)週間原油在庫 -742.6万 -
米)10年債入札 国債入札
09/13
(木)
NZ)RBNZ政策金利&声明発表 2.50%
据え置き
2.50%
据え置き
ス)SNB政策金利&声明発表 0.00%
据え置き
0.00%
据え置き
米)新規失業保険申請件数 36.5万件 37.0万件
米)生産者物価指数 +0.3%/
+0.5%
+1.0%/
+1.7%
米)生産者物価指数【コア】 +0.4%/ +2.5% +0.2%/
+2.6%
米)FOMC政策金利&声明発表 0.25%
据え置き
0.25%
据え置き
米)30年債入札 国債入札
米)財政収支 -1341億 -1550億
米)FOMC経済・金利見通し公表 - -
米)バーナンキFRB総裁の記者会見 要人発言
09/14
(金)
欧)消費者物価指数【確報値】&【コア】 -1.2%/
-1.0%
-
米)消費者物価指数 ±0.0%/
+1.4%
+0.5%/
+1.6%
米)消費者物価指数【コア】 +0.1%/
+2.1%
+0.2%/
+2.0%
米)小売売上高 +0.8% +0.6%
米)小売売上高【除自動車】 +0.8% +0.5%
米)鉱工業生産 +0.6% +0.2%
米)設備稼働率 79.3% 79.3%
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】 74.3 74.0
米)企業在庫 +0.1% +0.3%

週が明けて雇用統計の影響でドル売りは継続するのでしょうか?
今週は注目されているFOMCがあります。追加緩和政策の行方はどうなるのか。また米株価や商品価格の乱高下が激しくなっています。
ユーロ絡みの動向にも注目ですね。
その他では週末に中国関連の経済指標が発表され、経済的につながりの強い豪州への影響を市場がどうみるかで豪ドル、NZドルの展開が注目されています。

posted by FX主婦 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック