2012年08月27日

8/27~8/31★今週のポイント

おはようございます。
8月も下旬となりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
引き続き体調管理をしっかりと行い、夏の疲れを残さないように乗り切りましょう!!

>>このブログのRankingは・・・・??

先週(8/20~)の為替相場の流れを復習します。
【月曜日】
「国債利回りの上昇を阻止するため、欧州中央銀行は上限を設定した債券買い入れを検討」という報道で、ユーロ買いとなりましたが、独政府、中銀、ECBが否定した為、失望感からユーロは大きく反落しました。
【火曜日】
ECBによる国債買い入れへの期待が強くユーロ上昇に伴いユーロ買われ、ドルは売られるという展開となりました。この影響で、ユーロドルは1.24875ドル、ユーロ円は99円台回復となりました。
【水曜日】
注目のFOMC議事録で、「持続的な成長が見られなければ、早期の追加緩和が必要」という議論がなされていた事で、QE3期待が復活しドル売りとなりました。この影響でユーロドルは、一時1.25半ばまで上伸し、ユーロ円はドル円急落の影響を受け98円前半へと下落しています。
【木曜日】
どの通貨も乏しい値動きで終わりました。その中でも目立ったのは、中国HSBC製造業景気指数(PMI)が10か月来の最低低水準となったことを受けて豪ドル売りが強く急落となりました。
【金曜日】
「円高による経済への悪影響は十分に認識している」という白川日銀総裁コ メントを受けて、78.70円台で円売りが進行しましたが、ギリシャと独仏首脳会談においては進展見らず、ユーロ円下落となったため、78円半ばへと値を戻しました。

日付 内容 結果値 市場
予想値
8/20
(月)
シカゴ連銀全米活動指数 -0.13 --
8/21
(火)
特になし -- --
8/22
(水)
MBA住宅ローン申請件数 -7.4% --
中古住宅販売件数 447万 452万件
週間原油在庫 -541.2万 --
FOMC議事録
(7月31日・8月1日開催分)
-- --
8/23
(木)
新規失業保険申請件数 37.2万件 36.5万件
新築住宅販売件数 37.2万件 36.5万件
住宅価格指数 37.2万件 +0.5%
5年インフレ連動債入札 -- --
8/24
(金)
耐久財受注【除輸送用機器】 +4.2%/
-0.4%
+2.5%/
+0.5%



※8/20~8/24米ドル円とユーロドルの動き
週間レンジ 
米ドル円/79.67/78.29/78.68(高値と安値の値幅は1.38)
ユーロドル/1.2296/1.2591/1.2513(高値と安値の値幅は0.0295)
120820-0824ドル円チャート 120820-0824eurusdユーロドルチャート

【チャート】松井証券(ローソク60分間足)
>>>松井証券のスペックをCHECK!!
>>>松井証券のクチコミを投稿!!


◆今週のポイント◆
日付 内容 前回値 市場
予想値
08/27(月) 独) IFO景況指数 103.3 102.7
ダラス連銀製造業活動指数 -13.2 -7.0
08/28(火) S&P/ケース・シラー住宅価格指数 +0.91%/
-0.66%
+0.30%/
-0.30%
消費者信頼感指数 65.9 65.5
リッチモンド連銀製造業指数 -17 -12
08/29(水) 2年債入札 国債入札
MBA住宅ローン申請指数 -7.4% --
第2四半期GDP【改定値】 +1.5% +1.7%
第2四半期個人消費【改定値】 +1.5% +1.6%
GDPデフレーター【改訂値】/コアPCEデフレーター +1.6%/
+1.8%
+1.6%/
+1.8%
中古住宅販売保留 -1.4%/
+8.4%
+1.0%/
+10.8%
週間原油在庫 -541.2万 --
08/30(木) 5年債入札 国債入札
地区連銀経済報告(ベージュブック) -- --
新規失業保険申請件数 37.2万件 37.0万件
個人所得/個人支出 +0.5%/
±0.0%
+0.3%/
+0.5%
PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター +1.5%/
+0.2%/
+1.8%
+1.5%/
+0.2%/
+1.7%
08/31(金) 7年債入札 国債入札
欧)消費者物価指数【速報値】 +2.4% +2.4%
シカゴ購買部協会景気指数 53.7 53.5
ミシガン大学消費者信頼感指数【確報値】 73.6 73.6
製造業受注指数 -0.5% +1.0%
バーナンキFRB議長の発言 要人発言

お盆休みを終え、流動性が回帰してきたマーケットですが、結果的には往って来いの状態となりました。今週は31日に、ジャクソンホールにおいてバーナンキFRB議長の講演が予定されており、QE3への思惑が台頭しやすい状況です。QE3の思惑がどこまで影響するか注目したいです。

posted by FX主婦 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック