2012年07月11日

国内初となるか!?Meta Trader5

日産センチュリー証券が、国内初、次期トレードシステムを『Meta Trader5』に決定したというニュースを見ました。
そこで、FX業者の多くが提供するMetaTrader4の後継版であるMetaTrader5について調査してみました。

>>このブログのRankingは・・・・??

MetaTrader5(以下、MT5)は、FX業者の多くが提供するMeta Trader4(以下、MT4)の後継版で、ロシアのMetaQuotes社が開発したトレードシステムです。
国内では日産センチュリー証券が初めての採用となる予定です。
非常に拡張性に優れた世界最高レベルのツールで、海外ではすでに20社以上の企業に採用されているようです。

MT5は、提供が開始されましたが、まだ、正式なリリースではありません。
しかし、インストールすることで一通りの機能を試すことができます。

公式サイトは
http://www.metatrader5.com/
http://www.mql5.com/

上記になると思われますが、まだオープンしていません。

◆MT5の概要

金融証券の取引における膨大な情報を正確に届けユーザーが求める形で表示する。
なおかつシンプルな操作でユーザーが情報を引き出せる。
メタトレーダーのコンセプトはしっかりと引き継いだまま細かな改良点を重ね、さらに使いやすさが増している。

◆Meta Trader5のダウンロードと使い方について

【ダウンロード】

こちらのフォーラムページの
http://forum.mql4.com/26550

link: http://files.metaquotes.net/metaquotes/mt5/mt5setup.exe (15Mb)
上記のURLがリンクになっているので、ダウンロードが可能。

ということで、さっそくダウンロードしてみました。
MetaTrader5

【チャート・操作】

MT4の画面を見比べてみても特に大きな変化はないようです。
MT4を使ったことがある方ならば、すぐにMT5の操作にも慣れることが出来そうです。

MT5になって改良された点をいくつかあげてみると。。。

・複数の時間足でのチャート表示や、さらに細かなカスタマイズ性。
(最初からチャートの時間足の設定が細かく選べるようになりました。MT4では標準時に細かい設定が出来ず、1分足の次は5分足、その次は10分足というように時間足の設定が荒かったので使いづらかった点が改良されました。)

・チャートにインディケーター、インディケーターにインディケーター。
インディケーターに矢印などのオブジェクトなど

・アイコンなどの全体的な見やすさが若干向上された点、チャートの表示がやや扱い易くなった点など

まだまだ情報不足ですが、正直なところMT4からMT5に取りいそぎ移行する必要は無さそうです。
海外業者にはMT4とMT5の使用を選択出来るYouTradeFXなどもありますが、現状では国内のメタトレーダーの取引を提供するFX業者ではMT4がまだまだ主流です。

しかし、今後は改良なども進みMT5が主流になってくる可能性もありますね。
参考情報としてある程度抑えておくのも今後のために役立つかも知れませんよ。

posted by FX主婦 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX独自調査・分析 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック