2011年12月28日

2011年のまとめ

今年も早いものであとわずかとなりました
今年は、世界で天災が多く、暴動も各地で起きていた年で、なんともめまぐるしい一年でした。
2011年はみなさんにとってどんな1年だったのでしょうか?
今日は2011年を振返ります。

>>このブログのRankingは・・・・??

■2011年・主な出来事■

2011年・ニュース
1月 【海外】
・中国の2010年国内総生産(GDP)が日本を抜き、世界第2位へ
・南アフリカにて洪水による死者・行方不明者が40人以上
【国内】
・北海ブレント原油先物が、エジプト危機の影響で、2008年以降で初めて1バレル100ドルを突破
・スマートフォンOSの前四半期シェアで、Googleの「Android」が、Nokiaの「Symbian」を抜き、首位に
2月 【海外】
・ニュージーランド南島のクライストチャーチ付近にて現地時間午後0時51分、マグニチュード6.3の地震が発生したこの地震により、日本人が多数死亡
【日本】
・ニンテンドー3DS発売
3月 【日本】
・東北地方太平洋岸沖を震源とする、マグニチュード9.0の地震が発生
4月 【海外】
・英ウィリアム王子の結婚式
【国内】
・東京電力福島第一原発事故の国際評価をレベル7に引き上げ
5月 【海外】
・国際テロ組織アル・カーイダの最高指導者:ウサマ・ビンラディン容疑者がアメリカ合衆国の諜報機関により殺害されたと報道
6月 【海外】
・チリ南部のプジェウエ火山が半世紀ぶりに噴火
・世界各地で皆既月食が起こる
【国内】
・FIFA女子ワールドカップでサッカー日本女子代表が初優勝
7月 【国内】
・ 日本のテレビ放送において、地上デジタルテレビ放送へ全面移行
8月 【海外】
・イギリス暴動がおきる
9月 -
10月 【海外】
・タイ王国で水害が発生し、国土の3分の1が水没、8割が被災。
11月 -
12月 【海外】
・朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者金正日総書記が死去



■2011年の為替相場(ドル円&ユーロドル)■

2011年のドル円の動き【高値:4/6 85.522円/安値:10/31 75.571円】
2011ドル円チャート


2011年のユーロドルの動き【高値:8/29 1.45484ドル/安値:12/14 1.29461ドル】
2011ユーロドルチャート
【チャート】GMOクリック証券(ローソク日足)
>>>GMOクリック証券の公式HPをCHECK!!
>>>GMOクリック証券のスペックをCHECK!!
>>>GMOクリック証券のクチコミを投稿!!


■2011年FX業界を取り巻く動き■

1年間で特に注目されたFX業界に関するニュースや今後の流れを見てみました
今年は大規模な為替介入が3回も行われたましたが、ドル安円高の状態は一向に改善されていません。

2011年・FX業界ニュース
・3月、震災の影響でドル円76.25円を記録。協調介入も実施された。
・8月にFXのレバレッジ最大25倍に規制
・8月に4兆円規模の為替介入
・9月にくりっく365でアジア通貨導入
・法人口座の取扱増加
・10月は史上最安値75.661円
・10月8兆円規模のドル買い介入
・iPhone,Androidといったスマートフォンでの取引提供加速
・FX業界においてもツイッター普及
・シストレ導入業者多数続出
・2012年から店頭FXも取引所取引同様の税制優遇決定
・欧州、豪州において利下げ実施



■2012年のFX業界は・・・・?■

既に加速化している、自動売買システム、売買シグナル導入やiPhoneやAndroidでの取引ツール導入が、さらに激化することが予想されます。
 一方、「平成23年度税制改正関連法案の修正案」により、2012年1月から店頭FXも取引所FX同様、一律20%(所得税15%、住民税5%)の申告分離になり、また、「損益通算」や「損失額の3年間の繰越控除」なども「店頭FX」取引においても適用されることとなります。さらに、現在の東証と大証が2013年に経営統合されるので、税制優遇もなくなり、統合されてしまう「くりっく365」「大証FX」 はいったいどうなっていくのか注意してかなくてはいけないですね。
 さらなる円高状況に陥るのか、またユーロ危機は解決するのか・・・世界不況に発展してしまうのか・・・。2011年よりも落ち着いた一年になることを願いたいです。

今年一年、ご愛読ありがとうございました。
来年も皆様にとってよい年でありますように・・・・

>>>2011年→2012年年末年始取引可能時間はこちら

posted by FX主婦 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック