2010年08月16日

8/16~20★今週のポイント

おはようございます。
お盆休みもひと段落し、仕事再開の方も多いのでは?
夏休みも後半戦ですね。今年も例年通り残暑が厳しい予報です。引き続き熱中症には気を付けて過ごしたいです。
さて、先週はさらに円高が加速して15年ぶりの安値を記録し、2番底を付けました。

>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週(8/9~)の為替相場の流れを復習します。

【月曜日】
FOMC政策金利発表を控え、金融緩和政策への期待が高まった中、ドル円は雇用回復の鈍化で85.35円でスタートしました。野田財務大臣の円高けん制発言や日経平均株価の下げ渋りで円高は一服しました。夕方からの欧州時間では火曜日のFOMCを意識したドルの買い戻しで底堅く推移しました。またこの日はNYダウ平均は3カ月ぶりに高値を記録しました。
【火曜日】
ドル円は86円台を推移するも上値の重たい展開です。FOMCでは異例の低金利政策が長期間になる見通しや景気判断の下方修正、また住宅ローン等の担保の償還資金をアメリカ国債に再投資するという内容の発表を受けてドルは全面安となり、85円前半まで進みました。
【水曜日】
ドル円は15年ぶりにドバイショック時の安値を更新し一時84円73銭まで円高が進行しました。その後はダウ平均先物が大幅に下落したこと、アメリカの2年債利回りが過去最低を更新しましたがその後は85円を回復しました。
【木曜日】
日本政府の円高けん制発言で円高圧力の緩和からドル円は86円前後まで反発しました。同様にクロス円も乱高下しました。
【金曜日】
日本時間はリスク先行姿勢が強まる展開で日銀の追加緩和策への思惑から円売りが優勢となりました。NY時間では経済指標が弱い結果となったものの、ドル買い継続の動きでした。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
9日(月) 米国主要企業の決算発表
-
-
特になし
-
-
10日(火) 米国主要企業の決算発表
-
-
日)BOJ政策金利&声明発表
0.10%
0.10%
FOMC政策金利&声明発表
0.25%
0.25%
3年利付国債
-
-
11日(水) 米国主要企業の決算発表
-
-
貿易収支
-499億
-422億
10年利付国債
-
-
月次財政収支
-1650億USD
-1690億USD
12日(木) 米国主要企業の決算発表
-
-
週間新規失業保険申請件数
48.4万件
46.5万件
輸入物価指数
+0.2%
+0.3%
30年利付国債
-
-
13日(金) 米国主要企業の決算発表
-
-
消費者物価指数
+0.3%
+0.2%
消費者物価指数【コア】
+0.1%
+0.1%
小売売上高
+0.4%
+0.5%
小売売上高【除自動車】
+0.3%
+0.2%
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
69.6
69.0



※8/9~13 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/86.365/84.730/86.244(高値と安値の値幅は1.635)
ユーロドル/1.33073/1.27521/1.27527(高値と安値の値幅は0.05552)



8/9-13米ドル円
8/9-13ユーロドル

【チャート】DMM.com証券[DMMFX](ローソク足 時間軸2時間足)
※スプレッド縮小&口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!!
>>DMM.com証券[DMMFX]の公式HPをCHECK!!
>>>DMM.com証券[DMMFX]のスペックをCHECK!!
>>>DMM.com証券[DMMFX]のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
16日(月) 米国主要企業の決算発表    
日)第2四半期GDP【一時速報】
欧)消費者物価指数【確報値】
+1.4%
+1.7%
NY連銀製造業景気指数
5.08
8.30
対米証券投資 【ネット長期フロー】
+354億
+457億
対米証券投資 【ネット長期フロー】【ネットフロー合計】
+175億
+400億
17日(火) 米国主要企業の決算発表
-
-
独)ZEW景況感調査
21.2
20.6
生産者物価指数
-0.5%
+0.2%
生産者物価指数【コア】
+0.1%
+0.2%
住宅着工件数
54.9万件
56.0万件
建設許可件数
58.6万件
57.6万件
ガイトナー財務長官の発言
-
-
鉱工業生産
+0.1%
+0.5%
18日(水) 米国主要企業の決算発表
-
-
週間原油在庫
-298.8万
未発表
19日(木) 米国主要企業の決算発表
-
-
週間新規失業保険申請件数
48.4万件
48.0万件
フィラデルフィア連銀景況指数
5.1
7.5
景気先行指数
-0.2%
+0.1%
20日(金) 米国主要企業の決算発表
-
-
特になし
-
-

15年ぶりの円高水準を記録した先週ですが、今週も上値が重くスタートしました。再び下値を試す動きとなるのでしょうか?引き続き米国の株式市場や景気動向、日本政府による円高をめぐる反応に気を付けたいです。経済指標ではNY連銀製造業景気指数や対米証券、週末にかけてはフィラデルフィア連銀景況指数や景気先行指数の発表が予定されています。

posted by FX主婦 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック