2010年06月07日

6/7~11★今週のポイント

おはようございます。
一気に暖かくなった日本列島。そしてFIFAワールドカップ2010がいよいよ今週末の6月11日から7月11日にかけて南アフリカで開催されます。
連日テレビではワールドカップ特集が取り上げられ、開催に向けて盛り上がりをみせています。

>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週の為替相場の流れを復習します。
【月曜日】
米国と英国が休日の影響か方向感に欠ける展開。日本時間でドル円は底堅い展開で91.63円まで上値を伸ばし、その他のクロス円も堅調に推移。中古住宅販売件数は予想を上回った強い結果となった。
【火曜日】
日本時間~欧州時間にかけて株式市場で大量の売り誤発注騒動やフランス、イタリアの格下げの噂が材料視されてリスク回避の動きが強まり、ドル円は一時90.53円、ユーロ円は109.77円に下落。NY時間になるとダウ平均が堅調に推移しドル円やその他のクロス円通貨は大幅に上昇。
【水曜日】
日本において鳩山首相の辞任で政局に対する不透明感が高まり海外勢を中心に円売りが進む。ドル円は92.36円まで上値を伸ばす。
【木曜日】
日本時間に日経平均株価をはじめとしたアジア株式市場が堅調に推移し、ドル円、クロス円は買いが先行。ドル円は欧州時間にかけて92円後半まで上昇。NY時間にはこうした動きも一服し、ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことやダウ平均が一時マイナス圏へ転落したことを受けて伸び悩む展開に。
【金曜日】
注目の雇用統計が発表。米国5月の非農業部門雇用者数は市場予想を下回り弱い結果を受けてダウ平均が下げ幅を拡大。ユーロドルも売りが優勢となり一気に1.1960ドルまで急落した。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
31日(月) 欧)消費者物価指数【速報値】
1.6%
1.7%
欧)トリシェECB総裁の発言
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
1日(火) 豪)RBA政策金利&声明発表
4.50%
4.50%
加)BOC政策金利&声明発表
0.50%
0.50%
ISM製造業景況指数
55.4
55.6
建設支出
2.7%
0.1%
2日(水) 中古住宅販売保留
6.0%
5.0%
3日(木) ADP全国雇用者数
7.0万人
5.5万人
週間新規失業保険申請件数
45.3万件
45.5万件
第1四半期非農業部門労働生産性【確報値】
3.4%
2.8%
単位労働費用
-1.3%
-1.4%
ISM非製造業景況指数
55.4
55.6
製造業受注指数
1.2%
1.8%
バーナンキFRB議長の発言
-
-
4日(金) G20財務相・中央銀行総裁会議
-
-
雇用統計:非農業部門雇用者数
53.6万人
43.1万人
雇用統計:失業率
9.8%
9.7%



※5/31~6/4 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/92.87/90.53/91.85(高値と安値の値幅は2.34)
ユーロドル/1.2353/1.1960/1.1964(高値と安値の値幅は0.0393)



5/31-6/4米ドル円

5/31-6/4ユーロドル
【チャート】JFX(ローソク足 時間軸60分足)
※MATRIX TRADERにて話題のiPhoneアプリ提供開始!
>>JFXの公式HPをCHECK!!
>>>JFXのスペックをCHECK!!
>>>JFXのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
7日(月) 消費者信用残高
20億円
-20億円
8日(火) バーナンキFRB議長の発言
-
-
3年債入札
-
-
9日(水) バーナンキFRB議長の議会証言【経済関連】
-
-
卸売在庫
0.4%
0.7%
10年債入札
-
-
ベージュブック
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
10日(木) NZ)RBNZ政策金利&声明発表
2.50%
2.75%
英)BOE政策金利&声明発表
0.50%
0.50%
欧)ECB政策金利&声明発表
1.00%
1.00%
欧)トリシェECB総裁の記者会見
-
-
週間新規失業保険申請件数
45.3万件
44.7万件
貿易収支
-404億円
-410億円
30年債入札
-
-
財政収支
-827億円
-1400億円
11日(金) 小売売上高
0.4%
0.2%
小売売上高【除自動車】
0.4%
0.1%
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
73.6
74.9

週明けの月曜日、欧州財政問題の拡大が再燃して早速ユーロ円が8年半ぶりの高値108円台前半を付けました。その他の対円通貨も一気に円高が進みました。
今週はニュージーランド、英国、欧州の政策金利発表が予定されています。先週利上げしたカナダのようにニュージーランドは引き上げる市場予想が発表されています。
先週の雇用統計や欧州財政問題が大きく影響しそうです。

posted by FX主婦 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック