2010年05月31日

5/31~6/4★今週のポイント

おはようございます。
FX業界では8月の取引規制に関する案内や業者の対応についてのお知らせをよく目にするようになりました。
レバレッジを上限50倍に・・・来年は25倍となるこの規制は投資家に大きな影響を与えることになります。


>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週の為替相場の流れを復習します。
【月曜日】
ユーロ売りが進む展開。スペイン中央銀行が同国の貯蓄銀行を公的管理下に置いたとの報道からユーロ圏の財政懸念問題が再燃しリスク回避のドル買いと円買い進行。
【火曜日】
方向感のない推移。欧州懸念と朝鮮半島の地政学リスクに嫌気がみられ欧州時間まで円買いドル買いの流れ・NY時間になると株価の動きに追随してドル売り・円売りに流れがシフト。
【水曜日】
バーナンキFRB議長がスワップ協定について「恒久的措置は望まない」と発言したことで、ドル買い、円買いが先行。また、スペイン銀行が資金調達が困難とのことで金融機関に対する不透明感が高まり、ユーロも下落。
【木曜日】
ドル売り、円売りが優勢に。中国、韓国が外貨準備に置けるユーロ比率を低下させるとの報道を否定したことでリスク回避が後退。NY時間の終盤には米株の大幅上昇が好感されたことでドル売り、円売りが進んだ。
【金曜日】
海外時間を中心にドル買い、円買いが優勢。株価動向につれて推移。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
24日(月) 中古住宅販売件数
577万件
535万件
25日(火) ケースシラー住宅価格指数
2.3%
0.6%
消費者信頼感指数
63.3
59.0
リッチモンド連銀製造業指数
26
25
2年債入札
-
-
26日(水) 日)BOJ議事録公表
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
MBA住宅ローン申請指数
-
-
耐久財受注
2.9%
1.3%
耐久財受注【除輸送用機器】
-1.0%
0.3%
新築住宅販売件数
50.4万件
42.0万件
週間原油在庫
-
-
5年債入札
-
-
27日(木) 第1四半期GDP【改訂値】
3.0%
3.5%
個人消費
3.5%
3.7%
新規失業保険申請件数
46.0万件
43.5万件
7年債入札
-
-
28日(金) 個人所得
0.4%
0.5%
個人支出
0.0%
0.3%
PCEデフレータ
2.0%
0.1%
PCEコアデフレータ
0.1%
1.2%
シカゴ購買部協会景気指数
59.7
62.0
ミシガン大消費者信頼感指数
73.6
73.5



※5/24~28 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/91.408/89.262/91.064(高値と安値の値幅は2.146)
ユーロドル/1.25629/1.21535/1.22733(高値と安値の値幅は0.04094)



5/24-28米ドル円

5/24-28ユーロドル
【チャート】クリック証券(ローソク足 時間軸60分足)
※話題のiPhoneアプリ提供開始!
>>クリック証券の公式HPをCHECK!!
>>>クリック証券のスペックをCHECK!!
>>>クリック証券のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
31日(月) 欧)消費者物価指数【速報値】
1.5%
1.7%
欧)トリシェECB総裁の発言
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
1日(火) 豪)RBA政策金利&声明発表
4.50%
4.50%
加)BOC政策金利&声明発表
0.25%
0.50%
ISM製造業景況指数
60.4
59.5
建設支出
0.2%
0.0%
2日(水) 中古住宅販売保留
5.3%
6.0%
3日(木) ADP全国雇用者数
3.2万人
5.8万人
週間新規失業保険申請件数
46.0万件
45.0万件
第1四半期非農業部門労働生産性【確報値】
3.6%
3.6%
単位労働費用
-1.6%
-1.6%
ISM非製造業景況指数
55.4
55.6
製造業受注指数
1.1%
1.4%
バーナンキFRB議長の発言
3.0%
3.5%
4日(金) G20財務相・中央銀行総裁会議
-
-
雇用統計:非農業部門雇用者数
29.0万人
50.0万人
雇用統計:失業率
9.9%
9.8%

今週はオーストラリアやカナダの政策金利発表が予定されています。そして第1金曜日と言えば雇用統計です。
この雇用統計を控えているため、週の半ばまで値幅はある程度限定されそうです。
失業率は9.8%、非農業部門雇用者数は50万人増と市場予想が出ています。予想を下回った場合にはドル円は大きく動く可能性があります。
イベントではG20財務相中央銀行総裁会議も予定されており、イベントの多い週となります。

posted by FX主婦 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック