2010年05月24日

5/24~28★今週のポイント

おはようございます。
最近、初夏の陽気を感じつつ、ガソリン価格の変動が気になります。昨年は180円近く値上がりしていたガソリンですが、最近は120~140円台でした。
電気自動車、ハイブリッド車の普及もちらほら聞き、電気自動車が充電なしに1003キロ走行したというニュースを見かけました。
とはいえ、まだまだガソリンが主流。原油価格の動向が気になります。




>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週の為替相場の流れを復習します。
【月曜日】
欧州通貨は「行って来い」の展開。ユーロドルがリーマンショック後の最安値1.2329ドルを割り込んで1.2234ドルまで急落。オセアニア通貨も下落。
【火曜日】
ほとんどの通貨が下落。欧州時間まではドル円、クロス円は上昇していたものの、ドイツ政府が一部の銀行株や国債に対する空売り規制を導入するとの報道によって、リスク回避へと流れが一変し、ユーロ主導でドル買い、円買いの動きが急速に進行したため、ユーロドルが2006年4月以来の1.22ドルを割り込み1.2161ドルまで下落。
【水曜日】
欧州時間にスイス国立銀行からの介入が観測されたとの報道でユーロが急騰した。ドル円は91円台を割り込んで一時90.95円まで下落。
【木曜日】
ユーロドルがもみ合い後1.2598ドルまで上昇。ドル円、クロス円はNY時間の大幅株安を受けて88円後半まで急落。
【金曜日】
ドル売り、円売りで推移。週末相場のため上値が重く、菅財務大臣の円高警戒発言が意識された一時90.49円まで上昇。
先週はユーロを中心とした変動が大きな週となりました。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
17日(月) 欧)ユーロ圏財務相会合
-
-
NY連銀製造業景気指数
19.11
30.00
対米証券投資
1405億USD
500億USD
18日(火) 英)消費者物価指数
0.6%
0.4%
独)ZEW景況感調査
45.8
47.0
欧)消費者物価指数【確報値】
0.8%
0.4%
生産者物価指数
-0.1%
0.1%
生産者物価指数【コア】
0.2%
0.1%
住宅着工件数
67.2万件
65.0万件
建設許可件数
60.6万件
68.0万件
19日(水) ギリシャ債償還日
-
-
欧)トリシェ総裁の発言
-
-
消費者物価指数
-0.1%
0.1%
消費者物価指数【コア】
2.2%
0.1%
FOMC議事録公表(4/27・28開催分)
-
-
20日(木) 日)第1四半期GDP【一次速報】
1.2%
1.4%
新規失業保険申請件数
47.1万件
44.0万件
フィラデルフィア連銀景況指数
21.4
21.6
景気先行指数
-0.1%
0.2%
21日(金) 日)BOJ政策金利発表
0.10%
0.10%
独)IFO景況指数
101.5
101.9
加)消費者物価指数
0.3%
0.2%
加)消費者物価指数&【コア】
0.3%
0.1%



※5/17~21 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/92.96/88.95/90.02(高値と安値の値幅は4.01)
ユーロドル/1.26704/1.21447/1.25706(高値と安値の値幅は0.05257)



5/17-21米ドル円

5/17-21ユーロドル
【チャート】FXCMジャパン(ローソク足 時間軸30分足)
※デモトレード「TSタイトGPシーズン4」開催中!

>>FXCMジャパンの公式HPをCHECK!!
>>>FXCMジャパンのスペックをCHECK!!
>>>FXCMジャパンのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
24日(月) 中古住宅販売件数
565万件
535万件
25日(火) ケースシラー住宅価格指数
2.4%
0.6%
消費者信頼感指数
57.9
59.0
リッチモンド連銀製造業指数
30
25
2年債入札
-
-
26日(水) 日)BOJ議事録公表
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
MBA住宅ローン申請指数
-
-
耐久財受注
-0.6%
1.3%
耐久財受注【除輸送用機器】
3.5%
0.3%
新築住宅販売件数
41.1万件
42.0万件
週間原油在庫
-
-
5年債入札
-
-
27日(木) 第1四半期GDP【改訂値】
3.2%
3.5%
個人消費
3.6%
3.7%
新規失業保険申請件数
47.1万件
43.5万件
7年債入札
-
-
28日(金) 個人所得
0.3%
0.5%
個人支出
0.6%
0.3%
PCEデフレータ
0.1%
0.1%
PCEコアデフレータ
1.3%
1.2%
シカゴ購買部協会景気指数
63.8
62.0
ミシガン大消費者信頼感指数
73.3
73.5

今週も引き続き欧州債務問題に対する警戒が必要です。主なイベントでは米中戦略、経済対話が24日と25日に開催されます。
先週のような激しい相場の変動が予想されるため、ポジション保有やリスク管理は慎重に行いたいですね。

posted by FX主婦 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック