2010年05月10日

5/10~14★今週のポイント

おはようございます。
ゴールデンウィークは全国的に晴れて行楽日和でしたね!
ここぞとばかりに洗濯や掃除に張り切っていました。
上海万博も大盛況のようで、人気のパビリオンは数時間待ちだそうです。
寒かった日から急に夏日になったり、気温の変化が激しいですね。そしてGW明けの先週も為替変動がとても激しい週となりました。

>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週日本では連休でしたが、連休明けの5日は為替相場は94円前半で推移していました。その後日本時間の夜9時すぎに格付け会社ムーディーズがポルトガルの格下げの可能性があると発表し、ユーロ円、ドル円が下落。その後NYダウ平均が軟調に展開し93円半ばまで動きました。6日は93円台を方向感なく推移していたのですが、日本時間の深夜2時すぎにギリシャ財政不安の再燃がユーロ経済にも影響を及ぼす不安が広がり、NYダウ平均が急落。3時すぎに1000ドル近い急落が起こると為替相場ではドル円も一気に88円台まで乱高下しました。しかしこの1000ドル近い急落は人為的なミスにするものと発表されると91円台まで回復しました。
7日は日中、前日の下落による買戻しで2円以上も反発!そして夜は注目の4月の雇用統計の発表がありました。非農業部門雇用者数が市場予想を大きく上回る29.0万人だったことでドル円は一気に93円まで20銭まで上昇しましたが、失業率は9.9%だったことやユーロ経済への懸念からダウ平均も一時下落し、ユーロを売って円を買う動きが先行したことで90円82銭まで下げました。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
3日(月) 個人所得
0.3%
0.3%
個人支出
0.6%
0.6%
PCEデフレータ
0.1%
0.0%
PCEコアデフレータ
1.3%
1.3%
ISM製造業景況指数
60.4
60.0
建設支出
0.2%
-0.5%
4日(火) 豪)RBA政策金利&声明発表
4.50%
4.50%
中古住宅販売保留
5.3%
4.0%
製造業受注指数
1.3%
-0.1%
5日(水) ADP全国雇用者数
3.2万人
3.0万人
ISM非製造業景況指数
55.4
56.0
6日(木) 欧)ECB政策金利&声明発表
1.00%
1.00%
新規失業保険申請件数
44.4万件
44.0万件
バーナンキFRB議長の発言
-
-
7日(金) 雇用統計:非農業部門雇用者数
29.0万人
19.0万人
雇用統計:失業率
9.9%
9.7%
消費者信用残高
20億USD
-40億USD


※5/3~7 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/94.95/88.28/91.63(高値と安値の値幅は6.67)
ユーロドル/1.35224/1.32019/1.33464(高値と安値の値幅は0.0823)



5/3-7米ドル

5/3-7ユーロドル
【チャート】FXオンラインジャパン(ローソク足 時間軸60分足)
※FXだけではないCFDやBOも充実!!

>>>FXオンラインジャパンの公式HPをCHECK!!
>>>FXオンラインジャパンのスペックをCHECK!!
>>>FXオンラインジャパンのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
10日(月) 英)BOE政策金利発表
0.50%
0.50%
11日(火) 卸売在庫
0.6%
0.5%
3年債入札
-
-
12日(水) 貿易収支
-397億USD
-399億USD
週間原油在庫
-
-
10債入札
-
-
13日(木) 南ア)SARB政策金利発表
6.50%
6.50%
バーナンキFRB議長の発言
-
-
新規失業保険申請件数
44.4万件
44.0万件
輸入物価指数
0.7%
0.8%
30年債入札
-
-
14日(金) 小売売上高
1.6%
0.3%
小売売上高【除自動車】
-5.5%
0.5%
鉱工業生産
0.1%
0.6%
設備稼働率
73.2%
73.7%
企業在庫
0.5%
0.4%
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
72.2
73.5

今週はIMFがギリシャへ300億ユーロの支援融資を承認したことや9日から開催されているEU欧州連合財政省緊急理事会でギリシャの財政問題が関係国に広がるのを防ぐ支援策がまとまることへの期待感から市場では買いの動きが広がってスタートしました。
経済指標は先週より少ないですが、用人発言、ミシガン大消費者信頼感指数速報値の発表があります。

posted by FX主婦 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック