2010年04月30日

羊飼い著作3冊目の書籍レポート

本日は、羊飼い著作、3冊目の「一番売れてる投資の雑誌ザイが作った最速でわかる!使える!!「FX」入門 即!実践編」のレポートをお届けします。
皆さんはもう読まれましたか?

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った最速でわかる!使える!!「FX」入門 即!実践編
一番売れてる投資の雑誌ザイが作った最速でわかる!使える!!「FX」入門 即!実践編 (著) ザイFX!編集部×羊飼い
価格: 1680円

単行本: 206ページ
出版社: ダイヤモンド社
発売日: 2010/3/12
商品の寸法:21 x 15 x 1.8 cm
>>羊飼い著作2冊目「一番売れている投資の雑誌 ザイが作ったFX入門」レポートはこちら
>>羊飼いの著書「ど素人がはじめるFXの本」レポートはこちら

>>このブログのRankingは・・・??

今回は、前回よりもバージョンア-ップ!!
ザイと羊飼いのコラボでここまでやってくれました♪
この本1冊で、FX業界最強のコメンテーターが集結しちゃったんです。
正直1680円って高いなぁ・・と思ったのですが、それ以上の価値があります!!
FXのバイブルになる、といっても過言ではありません。
目次とコラボコメンテーターは以下のとおりです。

第1章 実際に注文するまではこうだっ!
大まかに分けてステップは5つ!取引開始までの流れ /
STEP1 口座開設をしよう! ほか

第2章 個人投資家6人の実践テク
「パート3本掛け持ちしてもFXほどは稼げないでしょ」(鳥居万友美)/
「上下カッチカチになったレンジがオイラ大好きだ」(具っさん) ほか

第3章 FX専門家6人の発想と戦略
100万円は200万円になるが、いきなり1億にはならない。段階的に資金を増やしていくこと(松田哲(松田トラスト&インベストメント代表取締役)/
「勝率」ではなく、「利益」が残るかが重要。自分のルールを徹底すること(山岡和雄((株)GCIキャピタルシニアアナリスト)) ほか

第4章 羊飼いの投資法

“相場観”はこうすれば身につくのだ!/羊飼い式「相場の行きたい方向」のつかみ方 ほか

第5章 「ザイFX!」「羊飼いのFXブログ」の使い倒し方ガイド

「ザイFX!」の使い倒し方ガイド/ 「羊飼いのFXブログ」の使い倒し方ガイド


コラボコメンテーター一覧
平田 啓 『FX投資教育家』
株式会社フィナンシャルエクセレンス代表取締役。
関西大学大学院商学研究科「外国為替論」講師兼務。
個人投資家向けセミナー講師や、レポート・書籍・記事執筆などを中心に活動中。
松田 哲

法人・個人向けに外国為替等のコンサルティング業務を行っている。

山岡 和雅

(社)日本証券アナリスト協会検定会員。
GCIキャピタル、シニアアナリストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行っている。

吉田 恒 財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く 取材活動を展開。
為替ディーラーなど金融市場のプロ向け会員情報 「Predictor」の編集責任者。 また一般投資家向け為替リアルタイム市況 「fx wave」の運営責任者、さらに一般投資家向けの為替および 株式講演会を精力的に全国展開している。
野村 雅道 FX湘南投資グループ代表 / 中京大学講師
テレビ、ラジオ、新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。
為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。
陳 満咲杜 陳アソシエイツ代表/アナリスト
日本テクニカルアナリスト協会検定会員
日本、中国、台湾地域をカバーした執筆、講演、情報サービス、投資家教育などの活動に取り組んでいる。

この本を手に取ったならば、まず、「はじめに」を読んでもらいたいです。
ほんの4ページですが羊飼いが持っている独特のFXWordに浸る事ができ、自分がFX投資をする原点に戻れるとともにちゃんと頑張ろう!というパワーをもらえるでしょう。

その先、どのようにこの本を活用するかはあなた次第。

FX成功者・人生の挫折経験者・お金・リスク・リターン・・・・この存在の意義を深く考えよく知っている羊飼いが、一人でも多くの方にFXの世界を知ってもらいたい!一歩を踏み出してもらいたい!、と全力を注いだ一冊であると感じました。

まずは一歩踏み出すこと、そして次に必要なのは目標!!
羊飼いをはじめ、コラボコメンテーターの経験談はFXだけでなく、人生のバイブルにもなりえます!!

FXの世界は広大な可能性がいっぱいです。

posted by FX主婦 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX独自調査・分析 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック