2010年04月19日

4/19~23★今週のポイント

おはようございます。
先週は世界的な作家村上春樹さんの長編小説「1Q84 BOOK3」が発売となり、全国的に話題となっています。最近ではスマートフォンの流行で携帯小説をはじめ、ブラウザ上で読める時代ですが実際に手にとって読む書籍にはやはり親しみがあるのかすでに70万部の増刷が決定しています。累計部数は314万部に達しているそうです。


>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週初めの為替相場はギリシャの財政問題の懸念が後退したことを受けてユーロが急騰。大きく窓明けのスタートとなりました。
ドル円は93円台を小幅に動いていましたが14日のバーナンキ議長の議会証言を受けて一時大幅に下落しました。
その後もギリシャの信用問題を中心に為替相場は乱降下でドル円は92円台へ。
週末にかけては日米株安やミシガン大の結果が悪化したこと、ゴールドマンサックスの提訴のニュースを受けてリスク回避の動きが強まりドル円は3週間ぶりの安値を記録しました。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
12日(月) 日)BOJ議事録(3月16・17日開催分)
-
-
米国企業決算発表(アルコア)
-
-
財政収支
-654億USD
-620億USD
13日(火) 核安全保障サミット(12~13日)
-
-
ギリシャ債償還
-
-
米国企業決算発表(インテル)
-
-
貿易収支
-397億USD
-385億USD
輸入物価指数
0.7%
1.0%
タルーロFRB理事の発言【金融関連】
-
-
14日(水) 米国企業決算発表(モルガンチェース)
-
-
バーナンキFRB議長の発言
-
-
消費者物価指数
0.1%
0.1%
消費者物価指数【コア】
0.0%
0.1%
小売売上高
1.6%
1.0%
小売売上高【除自動車】
0.6%
0.5%
ベージュブック
-
-
15日(木) 米国企業決算発表(Google,AMD)
-
-
新規失業保険申請件数
48.4万件
44.0万件
NY連銀製造業景気指数
31.86
24.00
ネット長期TICフロー
471億USD
389億USD
ネットTICフロー
90億USD
未発表
鉱工業生産
0.1%
0.7%
フィラデルフィア連銀指数
20.2
20.0
16日(金) 米国企業決算発表(バンクオブアメリカ)
-
-
欧)消費者物価指数【確報値】
0.9%
0.9%
住宅着工件数
62.6万件
61.0万件
建設許可件数
68.5万件
62.5万件
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
69.5
75.0


※4/12~17 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/93.73/91.91/92.10(高値と安値の値幅は1.82)
ユーロドル/1.3691/1.3473/1.3509(高値と安値の値幅は0.0218)



4/12-16米ドル円 4/12-16ユーロドル

【チャート】ひまわり証券(ローソク足 時間軸60分足)
※経済情勢とチャートの動きが一目でわかる「ファンダメンタル図マップ」をリリース!!

>>ひまわり証券の公式HPをCHECK!!
>>>ひまわり証券のスペックをCHECK!!
>>>ひまわり証券のクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
19日(月) バーナンキFRB議長の発言
-
-
米国企業決算発表(シティ・グループ、IBM、ハリバートン)
-
-
景気先行指数
0.1%
1.0%
20日(火) 米国企業決算発表(ゴールドマン・サックス、ステート・ストリート、USバンコープ、ヤフー、アップル等)
-
-
独)ZEW景況感調査
44.5
45.2
加)BOC政策金利&声明発表
0.25%
0.25%
21日(水) 米国企業決算発表(スターバックス、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴ等)
-
-
22日(木) 米国企業決算発表(ベライゾン、ペプシコ、、BB&T、アメリカン・エキスプレス、アマゾン・ドットコム等)
-
-
新規失業保険申請件数
48.4万件
45.0万件
生産者物価指数
-0.6%
0.5%
生産者物価指数&【コア】
0.1%
0.1%
中古住宅販売件数
502万件
530万件
23日(金) 米国企業決算発表(ハネウェル、ゼロックス、フォード・モーター等)
-
-
G20財務相中央銀行総裁会議
-
-
独)IFO景況指数
98.1
98.7
耐久財受注
0.9%
0.1%
耐久財受注【除輸送用機器】
1.4%
0.5%
新築住宅販売件数 30.8万件
32.2万件

今週も先週と引き続き米国の主要企業の決算発表が続きます。
今週の経済指標は先週と比べると少なめですが、3月の中古住宅販売件数や耐久財受注、新築住宅販売件数など住宅関連の経済指標が発表予定です。
行事ではギリシャ債償還やG20総裁会議があります。
ギリシャ懸念問題、人民元切り上げには引き続き気になる材料となっています。人民元の切り上げ問題では中国青海省で発生した大地震の影響で発表は先延ばしになる可能性がありますが、市場では以前警戒中とのことです。
また、アイスランドの火山が噴火した影響で航空・交通に影響がでています。為替に直接影響はしないとみられているのですが、ギリシャ支援に関する協議が延長となったり、経済に与える影響も少なからずあることでしょう。
ドル円は円高気味に推移中です。経済指標より株価の動向やニュースに関して敏感に反応していると思います。


posted by FX主婦 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック