2010年03月23日

3/22~26★今週のポイント

おはようございます。
先週末の3連休は日本列島は大荒れでした。まさに春の嵐です。暖かいと思って油断すると体調不良になる可能性もあるので気をつけたいですね。さて、先週はそれほど大きな動きがない週となりました。

>>このブログのRankingは・・・??

◆先週の経済指標の結果と為替相場◆

先週は90円を境小幅で上下するドル円に反し、ユーロが下落しました。
ユーロ/ドルは週初はEUによるギリシャ支援合意成立を好感して買いが先行し、17日には高値となる1ユーロ=1.3816ドルまで上昇しました。
しかし翌日、ギリシャ政府がEUからの支援獲得に悲観的で且つ、国際通貨基金(IMF)による支援導入を検討していると報じられたのをきっかけにギリシャの債務返済能力をめぐる懸念が深まるとユーロ売りが加速してユーロ/ドルは19日NY市場で、2週間超ぶりの安値1ユーロ=1.3500ドルまで下落しました。


日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
米国夏時間開始
15日(月) NY連銀製造業景気指数
22.86
21.0
対米証券投資
191億USD
475億USD
鉱工業生産
0.1%
0.1%
16日(火) 独)ZEW景況感調査
44.5
43.5
輸入物価指数
-0.3%
0.3%
住宅着工件数
57.5万件
57.0万件
建設許可件数
61.2万件
60.1万件
FOMC政策金利発表
0.25%
0.25%
17日(水) 日)日銀政策金利
0.1%
0.1%
生産者物価指数
-0.6%
0.1%
生産者物価指数【コア】
0.1%
5.1%
18日(木) 消費者物価指数
0.0%
0.1%
消費者物価指数【コア】
0.1%
0.1%
新規失業保険申請件数
45.7万件
45.5万件
フィラデルフィア連銀指数
18.9
18.0
景気先行指数
0.3%
0.1%
19日(金) 米国指標なし
-
-


※3/15~3/19 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/90.79/89.76/90.53(高値と安値の値幅は1.03)
ユーロドル/1.3816/1.3500/1.3529(高値と安値の値幅は0.0316)



3/15-20米ドル円
3/15-20ユーロドル
【チャート】NTTスマートトレード(ローソク足 時間軸30分足)
※書籍プレゼントキャンペーンも開催中!!

>>>NTTスマートトレードの公式HPをCHECK!!
>>>NTTスマートトレードのスペックをCHECK!!
>>>NTTスマートトレードのクチコミを投稿!!

◆今週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
22日(月) シカゴ連銀全米活動指数
0.02
21.0
23日(火) 中古住宅販売件数
505万件
500万件
リッチモンド連銀製造業指数
2
未発表
24日(水) 独)IFO景況指数
95.2
95.6
耐久財受注
2.6%
未発表
耐久財受注【除輸送用機器】
-1.0%
未発表
新築住宅販売件数
30.9万件
未発表
25日(木) 新規失業保険申請件数
45.7万件
45.5万件
26日(金) 第3四半期GDP
5.9%
未発表
個人消費
1.7%
未発表
ミシガン大消費信頼感指数
72.5
73.0

今週の外国為替市場は、日本企業の決算報告を迎えることや、欧州で依然として問題のギリシャ情勢の動向を見据えながらの展開となりそうです。
先週、欧州連合(EU)がギリシャ支援で基本合意したのを好感してユーロ/ドルは週の高値1ユーロ=1.3816ドルまで上昇しましたが、その後、ギリシャ政府が国際通貨基金(IMF)による支援導入を検討していると報じられたのをきっかけに同国の債務返済能力をめぐる懸念が再燃すると2週間超ぶりの安値1ユーロ=1.3500ドルまで反落する、不安定な展開となりました。
米国の経済指標は、23日の英2月消費者物価指数・小売物価指数、2月米中古住宅販売と1月米住宅価格指数、24日の独3月IFO景況感指数、2月米耐久財受注、2月米新築販売、25日の英2月小売売上高、米新規失業保険申請件数、26日の第4四半期GDP確報値などの発表があります。

posted by FX主婦 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック