2010年03月12日

3月14日より米国夏時間開始!!

春の足音も近づいてきた今日この頃・・・・いよいよ今週末の日曜日、3月14日より米国は夏時間に移行します!そこで今日は冬時間から夏時間になる場合の注意点を確認したいと思います。

>>このブログのRankingは・・・・??


◆夏時間と冬時間

夏時間(サマータイム)とは、日本人には馴染みは薄いのですが、現在の時間に1時間を加える制度です。夏時間が始まった途端に、今まで の朝7:00が朝8:00になります。夏の太陽が長く出ている期間を有効的に使って、省エネを図ろうということを目的として実施されています。

・米国時間では3月第2日曜日~11月第1日曜日
・欧州は3月最終日曜日~10月最終日曜日
・オーストラリアは4月第1日曜日~10月第1日曜日となっています。

今回の移行でFXトレードにはどのような影響があるのでしょうか?


◆経済指標の発表時間が変更

FXトレーダーの皆さんにとって一番大きな変化は、経済指標の発表時間が変更になるということです。
ファンダメンタルズ分析をメインとした場合、現在の発表時間より1時間、早まるので、トレード時間も夏時間に合わせた対応が必要です。

日本時間★注意時間
ロンドン
NY
16:00   8:00 株式市場開始 3:00  
17:00 ★17:00 9:00 英国経済指標発表 4:00  
18:00 ★18:00 10:00 ユーロ圏経済指標発表 5:00  
19:00   11:00   6:00  
20:00   12:00   7:00  
21:00 ★21:30 13:00   8:00 経済指標発表
22:00 ★22:00 14:00   9:00 株式市場開始
23:00 ★23:00 15:00   10:00 経済指標発表
24:00   16:00 株式市場終了 11:00  


相場が変動しやすい経済指標の発表が1時間早まることで、普段より1時間早く眠れるようなるのではないでしょうか☆


◆サマータイム制度の影響

現在は世界の半数の国でこのサマータイム制度が導入されています。
日本でも試験的にサマータイムを取り入れた自治体もあり、本格導入には至ってないものの、近い将来に導入される可能性が高いです。

サマータイムの導入で期待できる効果は、
・省エネルギーにつながる。(明るい時間を有効に使えるので照明等のエネルギーの節約や企業の経費削減につながる)
・交通事故や犯罪発生率の低下
などが挙げられていますが、反対論もあり、慎重な話し合いが重ねられています。
昨年2009年の日韓首脳会議でサマータイム日韓同時導入を提案する報告で検討中です。



posted by FX主婦 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの情報や動向 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック