2010年01月11日

1/11~15★今週のポイント

おはようございます。
いよいよ先週より2010年がスタートしました。
年明けの相場は年末とはガラリと変わったスタートとなり、円安相場が続きました!


>>このブログのRankingは・・・??

◆先々週と先週の経済指標の結果と為替相場◆

まずは年末である12月28日~12月31日の動きはドル高・円安が進みました。好調な米景気指標の結果を受けて米低金利政策解除観測が拡がると、週序盤からドル買いが強まりました。特に、31日NY市場で発表された米週間新規失業保険申請件数は予想値の46万件を約3万件の改善で43.2万件という結果や、米10年債利回りが一時3.90%台まで上昇するとドル買いが進み、ドル/円は昨年9月初旬以来久しぶりの高値である1ドル=93円13銭まで上昇、ユーロドルでも1ユーロ=1.4306ドルまでドル高が進みました。
そして先週は、海外勢の利益確定の円買い戻しや、本邦実需筋による円買いによりドル/円は一旦91円台前半まで押し戻されましたが、円買い一巡後は、株価や国際商品相場の上昇を受けたリスク選好の円売りに加えて、菅財務相の円安容認発言を受けて反発し、8日東京市場には、8月下旬以来の高値1ドル=93円77銭まで円安が進んだのです。
そして雇用統計の発表では失業率は横ばいの10%で3ヵ月連続の10%台です。非農業部門雇用者数は11月で前月比4,000人増でしたが、12月は前月比8万5,000人と再び減少しています。
この結果を受けて、ユーロドルは急伸、ドル円は93円台から92円台に急落しました。

日付
注目の経済指標&イベント
結果値
予想値
28日(月) ダラス連銀製造業活動指数
0.3%
2.5%
29日(火) 独)消費者物価指数(速報値)
-0.1%
0.6%
消費者信頼感指数
52.9
53.0
30日(水) シカゴ購買部協会景気指数
60.1
55.1
31日(木) 週間新規失業保険申請件数
43.2万件
46.0万件
1月1日(金) 元日ですべての市場休場
-
-
4日(月) ISM製造業景況指数
55.9
54.0
建設支出
-0.6%
-0.5%
5日(火) 欧)消費者物価指数(速報値)
0.9%
0.9%
中古住宅販売保留
-16.0%
-3.0%
6日(水) ADP雇用統計
-8.4万人
-7.5万人
ISM非製造業景況指数
50.1
50.5
FOMC議事録
-
-
7日(木) BOE政策金利
0.50%
0.50%
新規失業保険申請件数
43.4万人
44.5万人
8日(金) 雇用統計/非農業部門雇用者数
-8.5万人
-0.1万人
雇用統計/失業率
10.0%
10.1%
消費者信用残高
-175億USD
-50億USD



※12/28~1/8 米ドル円とユーロドルの動き

週間レンジ
通貨ペア/高値/安値/終値
米ドル円/93.78/91.25/92.70(高値と安値の値幅は2.53)
ユーロドル/1.4483/1.4255/1.4410(高値と安値の値幅は0.0228)


12/28-1/8米ドル円


12/28-1/8ユーロドル

【チャート】上田ハーローFX(ローソク足 時間軸60分足)
※スプレッドは通常時固定型で提供!!キャンペーンも開催中!


>>>上田ハーローの公式HPをCHECK!!
>>>上田ハーローのスペックをCHECK!!
>>>上田ハーローのクチコミを投稿!!

◆今週&来週のポイント◆

日付
注目の経済指標&イベント
前回値
予想値
11日(月) 米国重要指標特になし
-
-
12日(火) 3年債入札(400億ドル)
-
-
貿易収支
-329億ドル
-348億ドル
13日(水) 10年債入札(210億ドル)
-
-
ベージュブック
-
-
14日(木) 欧)ECB政策金利発表
1.00%
1.00%
新規失業保険申請件数
43.4万人
43.5万人
小売売上高
1.3%
0.5%
小売売上高【除自動車】
1.2%
0.3%
輸入物価指数
3.7%
8.6%
30年債入札(130億ドル)
-
-
15日(金) 欧)消費者物価指数【確報値】
0.1%
0.3%
消費者物価指数
0.4%
0.2%
消費者物価指数【コア】
0.0%
0.1%
NY連銀製造業景気指数
2.55
12.00
鉱工業生産
0.8%
0.6%
ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
72.5
74.0


今週は先週発表された雇用統計の結果を受けてのスタートです。
米国金利引き上げ観測は後退中で今週は後半に多くの経済指標が発表となります。
米国金利、株価の動向に要注意です。
また、米国債入札が12日~14日にかけて予定されています。
そして先週の円安発言があった管新財務相や民主党政権による為替に関する発言にも気をつけましょう。

posted by FX主婦 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FX経済指標情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック