2009年03月06日

自己資本規制比率で比較第3弾

自己資本規制比率で比較第3弾を行いたいと思います。

>> 自己資本規制比率でFX比較第1弾はこちら
>> 自己資本規制比率でFX比較第2弾はこちら

>>このブログのRankingは・・・・??

前回の調査結果でランキングした7社の今回の数値は以下の通りです。

業者名
前回(2008年11月中旬)
自己資本規規制比率

今回(2009年3月調べ
自己資本規規制比率

FXA証券
1348.80%
1673.5%
フェニックス証券
979.49%
934.7%
FXトレード・フィナンシャル
959.50%
625.4%
岩井証券
885.40%
926.9%
マネースクウェアジャパン
857.40%
806.4%
ひろぎんウツミ屋証券
【くりっく365】
793.10%
868.3%
FXおきなわ
754.50%
585.8%

前回同様、自己資本規制比率が750%以上の業者をランキングすると今回も7社でした。

業者名
今回(2009年3月)
自己資本規規制比率
FXA証券
1673.5%
フェニックス証券
934.7%
岩井証券
926.9%
ひろぎんウツミ屋証券【くりっく365】
868.3%
松井証券
840.5%
カネツFX【くりっく365】
838.9%
マネースクウェアジャパン
806.4%

FXA証券マネースクウェアジャパンフェニックス証券岩井証券は、3回連続ランキング入りです。
特にFXA証券は、他の業者が下降傾向を見せる中、上昇傾向を見せています。
FXA証券は、2月23日から、ドル円・ユーロドル0pips~の可変型スプレッド商品を導入し、今、注目の業者の一つです。

>> 自己資本規制比率でFX比較第1弾はこちら
>> 自己資本規制比率でFX比較第2弾はこちら

金融庁が、何かしらの規制を強化させる2009年4月までに、激動を迎えるであろう、FX業界。
その中で、自己資本規制比率は、業者の健全性を判断できるので、重要な材料となるのではないでしょうか。
FX比較ロボでは公開されているものに関して、半年に1度の更新を行っています。
自分が資産を預けている業者の健全性を、今一度、確認してみましょう。

先日、1年間前に口座開設をしたFX業者が今月で取引終了になるという事で、慌ててログインしてみましたが、パスワードおよびIDにエラーが出てログインできず、焦りました。そんな事がないように、自分が口座開設した業者は、定期的にログインしたり、業者の状況を確認することが、大切です。

posted by FX主婦 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX独自調査・分析 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック